カテゴリ:旅( 176 )

上野公園・有楽町 孫達一家総勢6人で回った 0911

上野公園
c0183777_16264183.jpg
c0183777_16265473.jpg
c0183777_162788.jpg
c0183777_16323676.jpg
東京都美術館
c0183777_1631872.jpg
c0183777_16311834.jpg
娘一家4人は不忍池ボートで今回もボートを漕いだ。
c0183777_16333450.jpg
c0183777_16334596.jpg
c0183777_16341870.jpg
c0183777_16342979.jpg
東京都立 旧古河庭園
c0183777_1639860.jpg
さるすべりの花
c0183777_16394450.jpg
孫の手に入館スタンプ
c0183777_1640133.jpg
c0183777_16405679.jpg
c0183777_16411089.jpg

 
c0183777_16412173.jpg
有楽町「東京交通会館」の最上階:「銀座スカイラウンジ」
◇創業90余年◇東京の夜景を一望できる展望レストランで味わう伝統のフレンチを娘夫婦に御馳走になった。
c0183777_16551363.jpg
c0183777_16584644.jpg
c0183777_16531076.jpg
c0183777_16565087.jpg
c0183777_165766.jpg
c0183777_16572440.jpg
c0183777_16574643.jpg

by hoshigarasu2 | 2018-09-17 16:28 |

鉄道博物館 大宮 娘たち一家4人と総勢6人で回った 0910

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by hoshigarasu2 | 2018-09-17 14:50 |

江の島見物 0908

c0183777_1119596.jpg
c0183777_11194410.jpg
c0183777_11391224.jpg
c0183777_1139224.jpg
c0183777_11393443.jpg
c0183777_11394410.jpg
c0183777_11402494.jpg
c0183777_11404291.jpg
長蛇の行列30分,待って昼飯を食べた
c0183777_11424746.jpg
c0183777_11425870.jpg
c0183777_1150898.jpg
c0183777_11575195.jpg
c0183777_1154454.jpg
c0183777_1285184.jpg
[
c0183777_1293573.jpg
c0183777_129492.jpg
c0183777_12101256.jpg
c0183777_12102596.jpg
c0183777_12195325.jpg
c0183777_12161726.jpg
左側の富士山方向は雲で見えなかったが右側の鎌倉・逗子・葉山方面ははっきり見えた。
c0183777_1373357.jpg
c0183777_1374041.jpg
c0183777_1374962.jpg
c0183777_1381486.jpg
c0183777_138577.jpg
c0183777_13582079.jpg
c0183777_13583142.jpg
c0183777_13584451.jpg
4時半に帰途についた。
c0183777_14154741.jpg
c0183777_14184625.jpg

by hoshigarasu2 | 2018-09-17 11:33 |

「小江戸川越」名所 娘一家4人と総勢6人でめぐった  0907

c0183777_10391962.jpg
川越氷川神社 縁むすび風鈴
c0183777_10393076.jpg
c0183777_1039412.jpg
c0183777_10395036.jpg
c0183777_1040085.jpg
c0183777_1040922.jpg
c0183777_10402572.jpg
c0183777_10403791.jpg
c0183777_1040518.jpg
c0183777_104177.jpg
蔵のまちエリア
c0183777_10433625.jpg
c0183777_10434815.jpg
c0183777_1044478.jpg
c0183777_104546.jpg
c0183777_10515878.jpg
時の鐘
c0183777_10453476.jpg
c0183777_10454650.jpg
c0183777_1046362.jpg
菓子屋横丁
c0183777_10481026.jpg
c0183777_1049064.jpg
c0183777_10492687.jpg
川越まつり会館
c0183777_10502290.jpg
c0183777_10504482.jpg
c0183777_10521665.jpg
c0183777_10525082.jpg
c0183777_10532445.jpg

by hoshigarasu2 | 2018-09-17 10:34 |

結婚20周年記念に帰省した娘一家との総勢6人の旅 0904~05

0904 まだ7時過ぎなのに巨大台風21号台風で東京は土砂降り
c0183777_15424095.jpg
c0183777_1542556.jpg
c0183777_15432898.jpg
黒部川河口
c0183777_15434138.jpg
c0183777_15435588.jpg
台風21号接近で12時50分以降のトロッコ電車運休となり、残念ながら我々6人分の予約をキャンセルした
c0183777_15455178.jpg
温泉噴水
c0183777_15553432.jpg
c0183777_15554858.jpg
白エビ天麩羅そば
c0183777_1557422.jpg
c0183777_15574812.jpg
c0183777_1558556.jpg
c0183777_15582316.jpg
c0183777_15585287.jpg
c0183777_1559312.jpg
観光客と作業員をのせた最終のトロッコが帰着
c0183777_15591931.jpg
c0183777_1853273.jpg
c0183777_1842563.jpg
黒部川がニゴリだした
c0183777_167829.jpg
明治33年高岡市に渋沢栄一座敷により料理旅館延對寺荘として開業した老舗で平成24年に世界最大のクチコミサイト トリップアドバイザーにより、創業100年以上の歴史を持つ日本の旅館ベスト二十に選ばれた。
c0183777_9453189.jpg
c0183777_17361032.jpg
0905 夜中に台風は通過し、8時過ぎには穏やかな青空に包まれていた。
c0183777_16443584.jpg
c0183777_16442632.jpg

c0183777_164449100.jpg
c0183777_1645149.jpg
c0183777_16451164.jpg
c0183777_16502245.jpg
金沢駅前
c0183777_1646932.jpg
c0183777_16454070.jpg
c0183777_16592680.jpg
c0183777_1659417.jpg
c0183777_1701242.jpg
c0183777_1702566.jpg
ひがし茶屋街
c0183777_17251941.jpg
c0183777_1725322.jpg
c0183777_17255994.jpg
c0183777_17282100.jpg
c0183777_17281268.jpg
c0183777_17282585.jpg

by hoshigarasu2 | 2018-09-16 15:44 |

幌加内の咲き始めたそばの花と士別めん羊牧場を訪ねるバスツアー500km 0725

白絨毯の畑 幌加内町新成生(純白の丘から300mほど幌加内市街地より)
c0183777_17125113.jpg
c0183777_17132410.jpg
c0183777_17134558.jpg
白銀の丘 幌加内町新成生
c0183777_1823831.jpg
c0183777_1825420.jpg
c0183777_183829.jpg
政和北村そば展望台 幌加内町政和(道の駅森と湖の里ほろかないから朱鞠内湖方面へ車で約10分)
c0183777_1852848.jpg
c0183777_185509.jpg
c0183777_1861073.jpg
ソバの花
ソバの花は稲や麦と違い、最初の開花から咲き終わるまで、長期間咲き続ける=無限花序と呼ばれる。
ソバの花は白い5枚の花びら(植物学的には花被)があり、それに囲まれて外側に5本、内側に3本の合計8本の雄しべと、真ん中には基部に三稜形の小房があって先が3本に分かれて3つの柱頭からできている雌しべと蜜を出す8~9個の蜜線からなっている。
ソバには長柱花(雌しべが長く、雄しべが短い)と短柱花(雌しべが短く、雄しべが長い)が咲く。
ところがソバが結実する為には異なる花型間の受粉が必要で、1本のソバ茎だけでは結実しない。
一本のソバ茎には長柱花か短柱花か、どちらか一方の型の花しか付かない(その比率は1:1)。 
c0183777_1864369.jpgc0183777_1865696.jpgc0183777_187871.jpg
純白の丘 今年は小麦畑に変わっていた
c0183777_1882464.jpg
c0183777_1883319.jpg
c0183777_1884628.jpg
今年の幌加内町は昭和63年に記録した最大積雪269cmを大幅に超え、2月24日には313㎝まで達し、北海道の最高積雪を48年ぶりに更新する大雪に見舞われた。
例年なら蒔かない消雪剤をを使って、ソバ種蒔きを行ったが7月3日の雨竜川氾濫でそば畑にも被害が出たとNHKで報じていたが今回見た限りでは、倒れたソバはかなり立ち直っているようだ。

「第25回幌加内町新そば祭り」は2018年9月1日(土)~9月2日(日)の開催され、「第22回日本そば博覧会」「世界そばマルシェ2018」同時開催される、今後ソバが順調に育ち、幌加内町の経済を左右する最大のイベントの成功を祈りたい。

幌加内交流館1階の「雪月花」で濃い汁のモリ蕎麦を食べた,漬け汁の濃淡でモリとザルを区別する本格的な店、ザルに乗せる海苔は別に+50円が必要だった。
c0183777_18504371.jpgc0183777_1851672.jpg幌加内交流館2階 廃線になったJR深名線のメモリアル展示
c0183777_18554033.jpg
c0183777_19111992.jpg
幌加内 最高気温31.5℃ 14:41
c0183777_203914.jpg
道の駅「森と湖の里幌k内の里』今日は定休日で売店と今日から開店した「玄蕎麦処」 だけが開いていた。
c0183777_2045572.jpgc0183777_2051736.jpgc0183777_2053056.jpg
旧深名線第3雨竜川橋梁
c0183777_2081217.jpg
朱鞠内湖 1943年(昭和18年)雨竜第一ダムの完成により生じた。日本最大の湛水面積(広さ2,373ヘクタール、23.73平方キロメートル)を持ち、総貯水容量も戦後に佐久間ダムが完成するまでは日本一であった。
c0183777_208529.jpg
c0183777_2091045.jpg
c0183777_209275.jpg
士別めん羊牧場(別名『羊と雲の丘』と呼ばれる『サフォークランド士別』)でシープドッグショーを見た。
c0183777_2014447.jpgc0183777_20142587.jpgc0183777_20152330.jpg
c0183777_20262364.jpgc0183777_20263826.jpgc0183777_2027073.jpg
c0183777_2028388.jpgc0183777_20281798.jpgc0183777_20283444.jpg
1830~19:03の夕焼け  砂川―江別間の高速バス車中から撮影した。
c0183777_21173546.jpgc0183777_21174438.jpgc0183777_21175286.jpg

by hoshigarasu2 | 2018-07-26 17:20 |

久しぶりiの快晴,ぐるり積丹半島一周のバスツアー 0706

ニッカウイスキー
c0183777_1127442.jpg
c0183777_11281628.jpg
c0183777_11283486.jpg
c0183777_1128516.jpg
c0183777_11293615.jpg
お目当ての試飲 NHKのマッサン放送以降は予約しないと飲めなくなった。
c0183777_11291229.jpg
c0183777_11342269.jpgc0183777_11344414.jpgc0183777_11351233.jpg
c0183777_11303588.jpgc0183777_11305613.jpgc0183777_11311613.jpgc0183777_5563038.jpg
柿崎商店ウニ丼
c0183777_1145156.jpgc0183777_1145399.jpg島武意海岸  川の氾濫が起きた連日の雨で大量の雨水が流れ込み、海水が濁り、久しぶりに晴れたがしゃこた積丹ンブルーは見られなかった。
c0183777_12133474.jpg
c0183777_12134656.jpg
c0183777_12135954.jpg
c0183777_12141165.jpg
c0183777_12142683.jpg
神威岬 女人禁制の門から神威岩まで「チャレンカの道」を往復した、帰途は強風で入場制限をしていた。
c0183777_14191311.jpg
誰かがドローンを飛ばしていた
c0183777_14192633.jpg
c0183777_8213719.jpg
c0183777_8212219.jpg
積丹ブルー
c0183777_8385941.jpg
c0183777_8364246.jpg
「チャレンカの道」
奥州から密かに蝦夷地に渡った義経は、日高の平取(びらとり)にたどり着きました。そこで、首長の娘チャレンカと恋仲になります。しかし大きな野望を持つ義経は(これが、義経がモンゴルへ渡ったというジンギスカン伝説につながるようです)、チャレンカを置いて旅立ってしまいました。
それを知ったチャレンカは、すぐに後を追い、積丹半島で追いつきました。神威岬の先端までやってきたチャレンカが目にしたのは、義経を乗せた船がすでに遥か沖の方で遠ざかり、少しずつ見えなくなっていく姿でした。
悲しみにくれたチャレンカは、「和人の船、婦女を乗せてここを過ぐればすなわち覆沈せん」という恨みの言葉を残し海に身を投げてしまいました。
やがてチャレンカの悲しみが岩と化し、神威岩になったと伝えられています。
c0183777_1422119.jpg
c0183777_1422244.jpgc0183777_1423345.jpg
c0183777_14235052.jpg
チシマフウロとハナアブ
c0183777_14251291.jpgc0183777_14253055.jpg
終末期のハマナス・エゾカンゾウ・ハマエンドウ
c0183777_14311120.jpgc0183777_14302836.jpgc0183777_14343562.jpg
神威岩
c0183777_14401471.jpg
c0183777_4165611.jpg
c0183777_7583744.jpg
窓岩 バス車窓から
c0183777_14525100.jpg
石神々社 ご加護をお祈りした。
c0183777_14535313.jpg
神恵内村観光係長「ドラゴン太」の街路灯、神恵内村当丸沼に住む竜神様が竜神岬から昇天した“という竜神伝説をモチーフに誕生
c0183777_1456640.jpg
澤口の滝
c0183777_14563791.jpg

by hoshigarasu2 | 2018-07-07 11:32 |

漁川ダム・夕張シュウバロダム・新桂沢ダム嵩上げ工事を北海道開発局職員と見るバスツアー 06030 

漁川ダム(恵庭市漁平)

展示室・堤頂・監査廊を説明付で見学した, 急な階段 登り降りが多く、往生した。
c0183777_12155825.jpg
c0183777_1219271.jpg
c0183777_12194281.jpg
c0183777_12195440.jpg
c0183777_1220742.jpg
c0183777_12202164.jpg
c0183777_10205131.jpg
c0183777_1948582.jpgc0183777_19483174.jpg
夕張ホテルマウントレースイで夕張メロン食べ放題付ランチバイキング
c0183777_10465330.jpg
c0183777_1047715.jpg
c0183777_10472847.jpg
夕張シューバロダム(夕張市南部青葉町)

ダムへの管理用道路が落石通行停めの為、う回路を誘導して貰い、堤頂・資料室・監査廊を説明付で見学。
c0183777_10532219.jpg
c0183777_10534052.jpg
c0183777_1053487.jpg
c0183777_4561334.jpg
c0183777_4571066.jpg
c0183777_502467.jpg
c0183777_112761.jpg
c0183777_535228.jpg
c0183777_1122311.jpg
発電中
c0183777_11315.jpg
c0183777_1131464.jpg
c0183777_1132963.jpg
夕張岳山頂は雲で見えず
c0183777_1134329.jpg
新白銀橋はバス車中より見学した
c0183777_1135480.jpg
c0183777_1950181.jpgc0183777_19503622.jpg
新桂沢ダム(三笠市桂沢)

桂沢ダムにおいては今後さらなる機能の向上を目的としてダムの11.9mの嵩上げ工事を実施し、貯水量が約1.6倍増を目指している。

嵩揚げ工事現場を説明付で見学
c0183777_11232581.jpg
c0183777_11234730.jpg
c0183777_1124787.jpg
c0183777_11243030.jpg
c0183777_11244895.jpg
c0183777_1125173.jpg
c0183777_11253980.jpg
c0183777_11252612.jpg
c0183777_11255134.jpg
c0183777_11263288.jpg
c0183777_1951099.jpgc0183777_19593287.jpg
c0183777_17591649.jpgc0183777_17592868.jpg
c0183777_1815415.jpg
ダムリアルタイム情報(全国各地のダムの今)

by hoshigarasu2 | 2018-07-01 10:07 |

津別峠からの雲海を目指してツアーバス 06/23~24  ツアーバス走行距離844km

0623 札幌―阿寒湖ー摩周湖ー硫黄山ー砂湯―屈斜路温泉  ツアーバス走行距離407km
札幌駅北口07:50 この看板の下で点呼の後、明朝津別峠での雲海見物を期待して、08:05出発
c0183777_1625815.jpg
道東自動車道 占冠PA10:05
c0183777_1645463.jpg
トマムリゾート10:20通過
c0183777_166272.jpg
新得付近 10:32通過
c0183777_1683888.jpg
あしょろ庵11:45到着、昼食
c0183777_1695164.jpg
阿寒温泉に向かう 雌阿寒・雄阿寒を遠望する部落を通過13:20
c0183777_16131523.jpg
阿寒湖モーターボートでマリモ見学 14:15~15:15
c0183777_1616635.jpg
c0183777_1616158.jpg
c0183777_16162462.jpg
雌阿寒岳
c0183777_16163316.jpg
雄阿寒岳
c0183777_16172437.jpg
阿寒温泉ホテル群
c0183777_16165879.jpg
摩周湖15:15~15:45
c0183777_16224637.jpg
c0183777_16225910.jpg
雄阿寒岳(右)・雌阿寒岳(左)を望む
c0183777_16254693.jpg
硫黄山16:05~16:40 硫黄の噴気孔が随分奥に移動していた
c0183777_16275025.jpg
c0183777_1628378.jpg
c0183777_16281763.jpg
c0183777_16283034.jpg
c0183777_16284344.jpg
砂湯 宿泊する屈斜路プリンスホテル付近が風で電線が切れたそうで停電、復旧までの時間つぶしに急遽、砂湯に寄った17:00~17:20
c0183777_16345179.jpg
c0183777_1635065.jpg
足湯に浸かる、気持ち良し
c0183777_16351383.jpg
30,40分後に停電が復旧、18時に屈斜路プリンスホテルに到着、温泉に入り、19時からバイキングの夕食を食べた。
明日6時の津別峠雲海見物に備え9時に寝た。

0624 屈斜路温泉ー津別峠展望台―屈斜路温泉ー美幌峠ー津別ノンノの森―札幌  ツアーバス走行距離437km 
4時半に起きて、ホテル8階から屈斜路湖を撮る、対岸に霧が見えた。
c0183777_16512565.jpg
5時過ぎに1階に下り、屈斜路湖畔から数枚、撮った。
c0183777_16535970.jpg
クサノオ
c0183777_16542569.jpg
ホテル1階で雲海見物バスの受付をした
c0183777_16565779.jpg
06:10マイクロバスでホテルを出発、8kmほどを30分の山登りで06:40に津別峠山頂に到着した。
昨年夏の連続台風で土砂崩れが起きて屈斜路湖ー津別峠道が崩落し、ほぼ一年、通行止めになっていたが最近開通したそうだ。
今朝の雲海出現確率50%だったが薄曇りで雲海発生せず、残念!
ボランティアの3人が案内・説明・コーヒ沸かしサービスをして下さった。

雲海が見えるのは「夜は曇りで濃霧による交通傷害に注意して下さい。明日は朝方は曇り空で昼頃から晴れるでしょう」という天気予報が出ているのが必須条件です(写真家 廣島宗毅さんの津別峠の雲海から)
c0183777_17103623.jpg
c0183777_7535495.jpg
展望台屋上から、ぐるりと360度の景観で地球の円さを実感した
c0183777_5341942.jpg
c0183777_5205992.jpg
c0183777_521116.jpg
c0183777_5212456.jpg
雲海はこんな風に出るそうです。
c0183777_17124162.jpg
c0183777_17192480.jpg
c0183777_1713165.jpgc0183777_17133373.jpg
土砂崩れ復旧工事現場  ここから数キロ離れた屈斜路湖対岸の砂湯から、この土砂崩落跡がはっきり見えた。
c0183777_517198.jpg
c0183777_17162967.jpg
07:10ホテルに戻り朝食バイキングを食べ、1階で写真を撮った。
c0183777_17303466.jpg
美幌峠を目指し09:00にホテルを出発した。美幌峠09:20~10:40
c0183777_17345120.jpg
c0183777_17351466.jpg
c0183777_17414791.jpg
c0183777_17353750.jpgc0183777_173634.jpgc0183777_1735524.jpg美幌峠ー美幌町ー津別町  降雪期に役立つ道路幅を示す標識は「矢羽根」正式には「固定式視線誘導柱」の一種。
 
c0183777_17502415.jpg
c0183777_17503346.jpg
c0183777_17504294.jpg
c0183777_1814173.jpg
c0183777_18145638.jpg
c0183777_18151150.jpg
津別町の「ノンノの森」でクリン草見学
c0183777_1834663.jpg
c0183777_1835725.jpg
c0183777_1841697.jpg
c0183777_184391.jpg
c0183777_184513.jpg
オホーツクビールへ向かうべく、ノンノの森を出てすぐに激しい雨に見舞われた。
c0183777_1895692.jpg
c0183777_1810432.jpg
オホーツクビール園で昼食 12:30~13:20
c0183777_4581460.jpg
c0183777_4582999.jpg
c0183777_459563.jpg
お土産に、昔ケルンでよく飲んだ「ケルシュ」(ドイツのケルン特産の淡色ビールで、淡色麦芽だけを用いるので色は薄くなっています。アルコール分は4.3~5.0%。上面発酵ビール)を買い、帰宅後飲んだが美味かった。
c0183777_5294341.jpg
道の駅「白滝」で休憩15:30~15:45
c0183777_18103811.jpg
道央自動車道 深川から札幌ICまでで、撮影できた「動物に注意」と「カントリーサイン」
c0183777_199507.jpg
c0183777_1995959.jpg
c0183777_1910962.jpg
c0183777_19105243.jpg
c0183777_1912761.jpg
c0183777_19122367.jpg
c0183777_19123951.jpg
c0183777_1913969.jpg
c0183777_19132714.jpg
日曜日の夕方、渋滞があるかなと思ったがまったくなし、助かった。
by hoshigarasu2 | 2018-06-25 16:18 |

SSN料理愛好会「酒蔵めぐり&芝桜」バスツアー 0604

快晴の一日、シニア仲間とワイン・清酒・ビールをたっぷり飲み、手入れの行き届いた満開の芝桜を楽しまて頂いた、有難うございました。
NHK前08:30発ー小樽ワインー赤井川道の駅ー倶知安(二世古酒造・三島さんちの芝桜)-赤井川道の駅ー小樽ビール―NHK前帰着17:30
                                                                                映像クリックで拡大
c0183777_7551344.jpg
c0183777_7552947.jpg
c0183777_7582293.jpg
c0183777_616516.jpg
c0183777_104556.jpg
c0183777_759238.jpg
c0183777_7591310.jpg
c0183777_759265.jpg
c0183777_7593918.jpg
c0183777_19102210.jpg
c0183777_803652.jpg
c0183777_80522.jpgc0183777_81991.jpgc0183777_812336.jpg
c0183777_70331.jpg
ビール純粋令
1516年4月23日、バイエルン大公ヴィルヘルム4世は、次のような条令を公布する。
「……ビールには成分として大麦とホップと水だけが使用されねばならない……」
これが今日もなおドイツ・ビールの精神として君臨している「ビール純粋令」Reinheitsgebotである。

もっとも麦芽を大麦に限定したのは、品質的な理由からではなく、稀少な小麦をパンの原料にまわすためであり、さらには条令に反して小麦を添加した「ヴァイツェン・ビール」を、王室の保護下で独占的に醸造して宮廷財政を潤すなど、そこには政治的な利害も絡んでいた。
それでもビール純粋令はバイエルンのビールを飛躍的に向上させた。

1551年の改訂では「酵母(イースト)」の存在が確認され、ビールの主原料として追加。
さらに翌々年には、15世紀末から始まった新しい醸造法が、ついに「下面発酵ビール」として明記されるのである。(キリンビール大学HISTORY史学部NO30から抜粋)

1987年、欧州裁判所は、ビール純粋令は保護主義を禁じているローマ条約に間接的に違反していると判断を下す。
この結果ビール純粋令は、ドイツ国内の醸造業者によるドイツ国内向けのビール醸造のみを対象とすることとなり、国外への輸出ビールや、国内への輸入ビールには適用されなくなった。
しかし、現在でもドイツ国内の醸造所の多くは、ビール純粋令の内容によりドイツビールの品質が支えられ、市場競争力を得ているものと考えており、これを指針としてビール作りを続けている。

世界的に見れば副原料を入れたビールは広く飲まれています。

麦芽100%と副原料入り、どちらが美味しいかを評価するものではなく、ビールのスタイルや特徴によって最適な配合があるのです。
ビールに使われる副原料の1つに糖質を補う米やトウモロコシ、デンプンがあります。
これらの穀物は麦芽と比べて、タンパク質などの窒素化合物が少ないため、すっきりとしたキレの良い味になります。
世界的に流行している、水のようにガブガブと飲んで喉の渇きを潤すスタイルのビールを造るのに適しており、日本や米国の大手メーカーからはこれらの副原料を使用した商品が多く出ています。

ちょっと変わった穀物の副原料では、真っ黒に焦がした、麦芽化していない大麦を使うビールもあります。有名なギネススタウトがその一例で、重いボディーとクリーミーな泡が特徴です。ベルギービールでは米やトウモロコシはほとんど使われませんが、代わりに氷砂糖を用いるものがあります。

副原料のもう1つの分類に、風味を付けるための果物やスパイス、ハーブがあります。
今では風味を付けるためのハーブといえばホップですが、その昔は防腐や風味付けのために多種多様なハーブやスパイスが使われていたことを考えれば、それほど奇異なことではありませんよね。現在でも、ベルギーではホップに限らず、コリアンダーやオレンジピール、アニスなどの副原料が使用されています。また、果実や果汁を添加したものはカクテルのように飲みやすく、特に女性に人気です。日本や米国で流行っている小規模醸造所のビールは、コーヒーやチョコレート、唐辛子など自由な発想で味付けされ、私たちを楽しませてくれます。

副原料を一切使用しない頑固一徹のドイツビールが美味しいのは無論ですが、たまには千変万化のベルギービールや、気取らない日本のビール、ユニークな米国のビールにも浮気してみてください。きっと違ったビールの魅力に出会えるはずです。
by hoshigarasu2 | 2018-06-05 07:49 |


極私的写真日記帳


by hoshigarasu2

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30