カテゴリ:旅( 170 )

久しぶりiの快晴,ぐるり積丹半島一周のバスツアー 0706

ニッカウイスキー
c0183777_1127442.jpg
c0183777_11281628.jpg
c0183777_11283486.jpg
c0183777_1128516.jpg
c0183777_11293615.jpg
お目当ての試飲 NHKのマッサン放送以降は予約しないと飲めなくなった。
c0183777_11291229.jpg
c0183777_11342269.jpgc0183777_11344414.jpgc0183777_11351233.jpg
c0183777_11303588.jpgc0183777_11305613.jpgc0183777_11311613.jpgc0183777_5563038.jpg
柿崎商店ウニ丼
c0183777_1145156.jpgc0183777_1145399.jpg島武意海岸  川の氾濫が起きた連日の雨で大量の雨水が流れ込み、海水が濁り、久しぶりに晴れたがしゃこた積丹ンブルーは見られなかった。
c0183777_12133474.jpg
c0183777_12134656.jpg
c0183777_12135954.jpg
c0183777_12141165.jpg
c0183777_12142683.jpg
神威岬 女人禁制の門から神威岩まで「チャレンカの道」を往復した、帰途は強風で入場制限をしていた。
c0183777_14191311.jpg
誰かがドローンを飛ばしていた
c0183777_14192633.jpg
c0183777_8213719.jpg
c0183777_8212219.jpg
積丹ブルー
c0183777_8385941.jpg
c0183777_8364246.jpg
「チャレンカの道」
奥州から密かに蝦夷地に渡った義経は、日高の平取(びらとり)にたどり着きました。そこで、首長の娘チャレンカと恋仲になります。しかし大きな野望を持つ義経は(これが、義経がモンゴルへ渡ったというジンギスカン伝説につながるようです)、チャレンカを置いて旅立ってしまいました。
それを知ったチャレンカは、すぐに後を追い、積丹半島で追いつきました。神威岬の先端までやってきたチャレンカが目にしたのは、義経を乗せた船がすでに遥か沖の方で遠ざかり、少しずつ見えなくなっていく姿でした。
悲しみにくれたチャレンカは、「和人の船、婦女を乗せてここを過ぐればすなわち覆沈せん」という恨みの言葉を残し海に身を投げてしまいました。
やがてチャレンカの悲しみが岩と化し、神威岩になったと伝えられています。
c0183777_1422119.jpg
c0183777_1422244.jpgc0183777_1423345.jpg
c0183777_14235052.jpg
チシマフウロとハナアブ
c0183777_14251291.jpgc0183777_14253055.jpg
終末期のハマナス・エゾカンゾウ・ハマエンドウ
c0183777_14311120.jpgc0183777_14302836.jpgc0183777_14343562.jpg
神威岩
c0183777_14401471.jpg
c0183777_4165611.jpg
c0183777_7583744.jpg
窓岩 バス車窓から
c0183777_14525100.jpg
石神々社 ご加護をお祈りした。
c0183777_14535313.jpg
神恵内村観光係長「ドラゴン太」の街路灯、神恵内村当丸沼に住む竜神様が竜神岬から昇天した“という竜神伝説をモチーフに誕生
c0183777_1456640.jpg
澤口の滝
c0183777_14563791.jpg

by hoshigarasu2 | 2018-07-07 11:32 |

漁川ダム・夕張シュウバロダム・新桂沢ダム嵩上げ工事を北海道開発局職員と見るバスツアー 06030 

漁川ダム(恵庭市漁平)

展示室・堤頂・監査廊を説明付で見学した, 急な階段 登り降りが多く、往生した。
c0183777_12155825.jpg
c0183777_1219271.jpg
c0183777_12194281.jpg
c0183777_12195440.jpg
c0183777_1220742.jpg
c0183777_12202164.jpg
c0183777_10205131.jpg
c0183777_1948582.jpgc0183777_19483174.jpg
夕張ホテルマウントレースイで夕張メロン食べ放題付ランチバイキング
c0183777_10465330.jpg
c0183777_1047715.jpg
c0183777_10472847.jpg
夕張シューバロダム(夕張市南部青葉町)

ダムへの管理用道路が落石通行停めの為、う回路を誘導して貰い、堤頂・資料室・監査廊を説明付で見学。
c0183777_10532219.jpg
c0183777_10534052.jpg
c0183777_1053487.jpg
c0183777_4561334.jpg
c0183777_4571066.jpg
c0183777_502467.jpg
c0183777_112761.jpg
c0183777_535228.jpg
c0183777_1122311.jpg
発電中
c0183777_11315.jpg
c0183777_1131464.jpg
c0183777_1132963.jpg
夕張岳山頂は雲で見えず
c0183777_1134329.jpg
新白銀橋はバス車中より見学した
c0183777_1135480.jpg
c0183777_1950181.jpgc0183777_19503622.jpg
新桂沢ダム(三笠市桂沢)

桂沢ダムにおいては今後さらなる機能の向上を目的としてダムの11.9mの嵩上げ工事を実施し、貯水量が約1.6倍増を目指している。

嵩揚げ工事現場を説明付で見学
c0183777_11232581.jpg
c0183777_11234730.jpg
c0183777_1124787.jpg
c0183777_11243030.jpg
c0183777_11244895.jpg
c0183777_1125173.jpg
c0183777_11253980.jpg
c0183777_11252612.jpg
c0183777_11255134.jpg
c0183777_11263288.jpg
c0183777_1951099.jpgc0183777_19593287.jpg
c0183777_17591649.jpgc0183777_17592868.jpg
c0183777_1815415.jpg
ダムリアルタイム情報(全国各地のダムの今)

by hoshigarasu2 | 2018-07-01 10:07 |

津別峠からの雲海を目指してツアーバス 06/23~24  ツアーバス走行距離844km

0623 札幌―阿寒湖ー摩周湖ー硫黄山ー砂湯―屈斜路温泉  ツアーバス走行距離407km
札幌駅北口07:50 この看板の下で点呼の後、明朝津別峠での雲海見物を期待して、08:05出発
c0183777_1625815.jpg
道東自動車道 占冠PA10:05
c0183777_1645463.jpg
トマムリゾート10:20通過
c0183777_166272.jpg
新得付近 10:32通過
c0183777_1683888.jpg
あしょろ庵11:45到着、昼食
c0183777_1695164.jpg
阿寒温泉に向かう 雌阿寒・雄阿寒を遠望する部落を通過13:20
c0183777_16131523.jpg
阿寒湖モーターボートでマリモ見学 14:15~15:15
c0183777_1616635.jpg
c0183777_1616158.jpg
c0183777_16162462.jpg
雌阿寒岳
c0183777_16163316.jpg
雄阿寒岳
c0183777_16172437.jpg
阿寒温泉ホテル群
c0183777_16165879.jpg
摩周湖15:15~15:45
c0183777_16224637.jpg
c0183777_16225910.jpg
雄阿寒岳(右)・雌阿寒岳(左)を望む
c0183777_16254693.jpg
硫黄山16:05~16:40 硫黄の噴気孔が随分奥に移動していた
c0183777_16275025.jpg
c0183777_1628378.jpg
c0183777_16281763.jpg
c0183777_16283034.jpg
c0183777_16284344.jpg
砂湯 宿泊する屈斜路プリンスホテル付近が風で電線が切れたそうで停電、復旧までの時間つぶしに急遽、砂湯に寄った17:00~17:20
c0183777_16345179.jpg
c0183777_1635065.jpg
足湯に浸かる、気持ち良し
c0183777_16351383.jpg
30,40分後に停電が復旧、18時に屈斜路プリンスホテルに到着、温泉に入り、19時からバイキングの夕食を食べた。
明日6時の津別峠雲海見物に備え9時に寝た。

0624 屈斜路温泉ー津別峠展望台―屈斜路温泉ー美幌峠ー津別ノンノの森―札幌  ツアーバス走行距離437km 
4時半に起きて、ホテル8階から屈斜路湖を撮る、対岸に霧が見えた。
c0183777_16512565.jpg
5時過ぎに1階に下り、屈斜路湖畔から数枚、撮った。
c0183777_16535970.jpg
クサノオ
c0183777_16542569.jpg
ホテル1階で雲海見物バスの受付をした
c0183777_16565779.jpg
06:10マイクロバスでホテルを出発、8kmほどを30分の山登りで06:40に津別峠山頂に到着した。
昨年夏の連続台風で土砂崩れが起きて屈斜路湖ー津別峠道が崩落し、ほぼ一年、通行止めになっていたが最近開通したそうだ。
今朝の雲海出現確率50%だったが薄曇りで雲海発生せず、残念!
ボランティアの3人が案内・説明・コーヒ沸かしサービスをして下さった。

雲海が見えるのは「夜は曇りで濃霧による交通傷害に注意して下さい。明日は朝方は曇り空で昼頃から晴れるでしょう」という天気予報が出ているのが必須条件です(写真家 廣島宗毅さんの津別峠の雲海から)
c0183777_17103623.jpg
c0183777_7535495.jpg
展望台屋上から、ぐるりと360度の景観で地球の円さを実感した
c0183777_5341942.jpg
c0183777_5205992.jpg
c0183777_521116.jpg
c0183777_5212456.jpg
雲海はこんな風に出るそうです。
c0183777_17124162.jpg
c0183777_17192480.jpg
c0183777_1713165.jpgc0183777_17133373.jpg
土砂崩れ復旧工事現場  ここから数キロ離れた屈斜路湖対岸の砂湯から、この土砂崩落跡がはっきり見えた。
c0183777_517198.jpg
c0183777_17162967.jpg
07:10ホテルに戻り朝食バイキングを食べ、1階で写真を撮った。
c0183777_17303466.jpg
美幌峠を目指し09:00にホテルを出発した。美幌峠09:20~10:40
c0183777_17345120.jpg
c0183777_17351466.jpg
c0183777_17414791.jpg
c0183777_17353750.jpgc0183777_173634.jpgc0183777_1735524.jpg美幌峠ー美幌町ー津別町  降雪期に役立つ道路幅を示す標識は「矢羽根」正式には「固定式視線誘導柱」の一種。
 
c0183777_17502415.jpg
c0183777_17503346.jpg
c0183777_17504294.jpg
c0183777_1814173.jpg
c0183777_18145638.jpg
c0183777_18151150.jpg
津別町の「ノンノの森」でクリン草見学
c0183777_1834663.jpg
c0183777_1835725.jpg
c0183777_1841697.jpg
c0183777_184391.jpg
c0183777_184513.jpg
オホーツクビールへ向かうべく、ノンノの森を出てすぐに激しい雨に見舞われた。
c0183777_1895692.jpg
c0183777_1810432.jpg
オホーツクビール園で昼食 12:30~13:20
c0183777_4581460.jpg
c0183777_4582999.jpg
c0183777_459563.jpg
お土産に、昔ケルンでよく飲んだ「ケルシュ」(ドイツのケルン特産の淡色ビールで、淡色麦芽だけを用いるので色は薄くなっています。アルコール分は4.3~5.0%。上面発酵ビール)を買い、帰宅後飲んだが美味かった。
c0183777_5294341.jpg
道の駅「白滝」で休憩15:30~15:45
c0183777_18103811.jpg
道央自動車道 深川から札幌ICまでで、撮影できた「動物に注意」と「カントリーサイン」
c0183777_199507.jpg
c0183777_1995959.jpg
c0183777_1910962.jpg
c0183777_19105243.jpg
c0183777_1912761.jpg
c0183777_19122367.jpg
c0183777_19123951.jpg
c0183777_1913969.jpg
c0183777_19132714.jpg
日曜日の夕方、渋滞があるかなと思ったがまったくなし、助かった。
by hoshigarasu2 | 2018-06-25 16:18 |

SSN料理愛好会「酒蔵めぐり&芝桜」バスツアー 0604

快晴の一日、シニア仲間とワイン・清酒・ビールをたっぷり飲み、手入れの行き届いた満開の芝桜を楽しまて頂いた、有難うございました。
NHK前08:30発ー小樽ワインー赤井川道の駅ー倶知安(二世古酒造・三島さんちの芝桜)-赤井川道の駅ー小樽ビール―NHK前帰着17:30
                                                                                映像クリックで拡大
c0183777_7551344.jpg
c0183777_7552947.jpg
c0183777_7582293.jpg
c0183777_616516.jpg
c0183777_104556.jpg
c0183777_759238.jpg
c0183777_7591310.jpg
c0183777_759265.jpg
c0183777_7593918.jpg
c0183777_19102210.jpg
c0183777_803652.jpg
c0183777_80522.jpgc0183777_81991.jpgc0183777_812336.jpg
c0183777_70331.jpg
ビール純粋令
1516年4月23日、バイエルン大公ヴィルヘルム4世は、次のような条令を公布する。
「……ビールには成分として大麦とホップと水だけが使用されねばならない……」
これが今日もなおドイツ・ビールの精神として君臨している「ビール純粋令」Reinheitsgebotである。

もっとも麦芽を大麦に限定したのは、品質的な理由からではなく、稀少な小麦をパンの原料にまわすためであり、さらには条令に反して小麦を添加した「ヴァイツェン・ビール」を、王室の保護下で独占的に醸造して宮廷財政を潤すなど、そこには政治的な利害も絡んでいた。
それでもビール純粋令はバイエルンのビールを飛躍的に向上させた。

1551年の改訂では「酵母(イースト)」の存在が確認され、ビールの主原料として追加。
さらに翌々年には、15世紀末から始まった新しい醸造法が、ついに「下面発酵ビール」として明記されるのである。(キリンビール大学HISTORY史学部NO30から抜粋)

1987年、欧州裁判所は、ビール純粋令は保護主義を禁じているローマ条約に間接的に違反していると判断を下す。
この結果ビール純粋令は、ドイツ国内の醸造業者によるドイツ国内向けのビール醸造のみを対象とすることとなり、国外への輸出ビールや、国内への輸入ビールには適用されなくなった。
しかし、現在でもドイツ国内の醸造所の多くは、ビール純粋令の内容によりドイツビールの品質が支えられ、市場競争力を得ているものと考えており、これを指針としてビール作りを続けている。

世界的に見れば副原料を入れたビールは広く飲まれています。

麦芽100%と副原料入り、どちらが美味しいかを評価するものではなく、ビールのスタイルや特徴によって最適な配合があるのです。
ビールに使われる副原料の1つに糖質を補う米やトウモロコシ、デンプンがあります。
これらの穀物は麦芽と比べて、タンパク質などの窒素化合物が少ないため、すっきりとしたキレの良い味になります。
世界的に流行している、水のようにガブガブと飲んで喉の渇きを潤すスタイルのビールを造るのに適しており、日本や米国の大手メーカーからはこれらの副原料を使用した商品が多く出ています。

ちょっと変わった穀物の副原料では、真っ黒に焦がした、麦芽化していない大麦を使うビールもあります。有名なギネススタウトがその一例で、重いボディーとクリーミーな泡が特徴です。ベルギービールでは米やトウモロコシはほとんど使われませんが、代わりに氷砂糖を用いるものがあります。

副原料のもう1つの分類に、風味を付けるための果物やスパイス、ハーブがあります。
今では風味を付けるためのハーブといえばホップですが、その昔は防腐や風味付けのために多種多様なハーブやスパイスが使われていたことを考えれば、それほど奇異なことではありませんよね。現在でも、ベルギーではホップに限らず、コリアンダーやオレンジピール、アニスなどの副原料が使用されています。また、果実や果汁を添加したものはカクテルのように飲みやすく、特に女性に人気です。日本や米国で流行っている小規模醸造所のビールは、コーヒーやチョコレート、唐辛子など自由な発想で味付けされ、私たちを楽しませてくれます。

副原料を一切使用しない頑固一徹のドイツビールが美味しいのは無論ですが、たまには千変万化のベルギービールや、気取らない日本のビール、ユニークな米国のビールにも浮気してみてください。きっと違ったビールの魅力に出会えるはずです。
by hoshigarasu2 | 2018-06-05 07:49 |

阿寒湖,屈斜路湖、開陽台、知床、東藻琴  0525~27 バス全走行距離988km

5月25日(金)     
札幌駅北口8:00出発ー札幌南IC-千歳恵庭JC-由仁PA-十勝平原SA-足寄ICーあしょろ庵12:55着(50分)でザルそばを食べたー阿寒湖14;25着(30分)-屈斜路湖16:50着 屈斜路湖プリンスホテルで宿泊 バス走行距離361km                    映像クリックで拡大
c0183777_1552484.jpg
c0183777_155258100.jpg
c0183777_1553771.jpg
c0183777_15535514.jpg
バス車中から足寄寺の石仏にご加護をお祈りした
c0183777_16133419.jpg
c0183777_16223343.jpgc0183777_16224418.jpg
c0183777_16243335.jpg
c0183777_16242191.jpg
c0183777_16244913.jpg
双岳台、国道240号線(阿寒横断道路)の最高地点(標高760m)にあり、手前右に雌阿寒岳、左奥に雄阿寒岳を15:13バス車中から撮影。
c0183777_16263349.jpg
屈斜路湖 屈斜路プリンスホテル着16:30「クッシー」が迎えてくれた。 宿泊
c0183777_16381545.jpg
北大校章でお馴染みのオオハナノエンレイソウ
c0183777_1639890.jpgc0183777_16385065.jpg
屈斜路湖湖畔から
c0183777_16394833.jpg

c0183777_1640553.jpg
5月26日(土)
屈斜路プリンスホテル08:15出発j-中標津「開陽台」09:15着(30分)-羅臼国後展望台10:45着(20分)ー12:30から2時間、シャチウオッチングツアーの予定だったがこれまで漁をした漁船から今日はシャチには出会っていない、NHKのシャチ撮影隊も強風注意報の中出港したが揺れが激しくカメラを使えないと帰港した、そんなこんなで5月3日に続いてまたしても欠航になっちゃった、大々残念!
事前約束事ではあるが欠航返金5000円では癒されない。ー羅臼「濱田」10時半(55分)昼食-シャチウオッチング中止の代案①羅臼道の駅ー代案②羅臼ビジターセンタ12:25到着(間歇泉を見た45分)-知床峠14:00到着(10分)-代案③ウトロ自然観察センター代案④ウトロ道の駅」ー15:30ホテル知床 予定より1時間20分も「早い到着 宿泊 バス走行距離167km
夕食後久しぶりに落日を撮影した。
c0183777_16522221.jpg
c0183777_1653130.jpg

c0183777_16535036.jpgc0183777_1654584.jpg
中標津「開陽台」
c0183777_17381362.jpg
c0183777_17382557.jpg
東方向 根室海峡の向こうに国後島 泊村の山頂部を雲に覆われた羅臼山892mが見える。
c0183777_17392046.jpg
c0183777_17401080.jpg
c0183777_1741581.jpg
c0183777_17414079.jpg
c0183777_17415243.jpg
羅臼国後展望台
c0183777_1758975.jpg
羅臼漁港へ帰港する漁船・観光船 この時点ではシャチはいなかった、揺れで取材を中断が分からず、今回こそはシャチを見られると思っていた。
c0183777_724296.jpg
c0183777_7244671.jpg
c0183777_725324.jpg
c0183777_7251873.jpg

c0183777_7361536.jpg
羅臼[濱田]で昼食
c0183777_7522566.jpg
c0183777_7524376.jpg
羅臼での漁期が今月一杯のエゾ馬糞ウニ
c0183777_75259100.jpg
12時にツアー添乗員が観光船船長と電話連絡したら、シャチが見えない・波が高くで危険だと今日の欠航が決まった。
2時間をつぶす為に当初の予定になかった羅臼ビジターセンター、羅臼道の駅、ウトロの知床フィールドハウス、ウトロ道の駅見学とホテル知床へ15:30と一時間前の入館を添乗員が」手配してくれた。

羅臼漁港 漁船と出港を取りやめた観光船などが係留されていた。
桟橋でシャチの撮影を中止してし戻ったNHKカメラマンと会った、シャチの姿が見えず、船の揺れでカメラを構えるのが危険なので撮影を断念して戻ったそうだ。
c0183777_1391040.jpg
c0183777_139211.jpg
c0183777_1393198.jpg
c0183777_1394849.jpg
c0183777_13102099.jpg
羅臼ビジターセンター裏の間歇泉 羅臼ビジターセンターのご宣託では次の吹き出しは13:25だった。   
c0183777_20153011.jpg
13:39の吹き出し始め
c0183777_2016774.jpg
13:40の吹き出し
c0183777_2024544.jpg
知床峠14:07到着、強風とガスで短時間の滞在
c0183777_20274465.jpg
c0183777_20275373.jpg
c0183777_2028546.jpg
c0183777_20281699.jpg

知床ウトロ ホテル知床で宿泊 15時30分と予定の1時間前に到着 食事時間の17時半までゆっくり温泉に入った。
c0183777_921575.jpg
c0183777_2038047.jpg
c0183777_20381440.jpg
久しぶりにウトロの落日をホテルから5分歩いて撮った。水平線の上の雲に消えたのが残念だった。
c0183777_20473457.jpg
c0183777_20474378.jpg
c0183777_2047575.jpg
c0183777_2048894.jpg

5月27日(日)
4時半に入浴してゆっくり体を温め、朝食を食べてからホテルを8時分に「出発し、小雨で知床連山が殆ど見えなかった知床五湖に08:35着(45分)ー雪解けと雨が重なり、水量が多かったオシンコシンの滝9時45分着(15分)ー道の駅「ノンキーランドひがしもこと11:30到着(30分)朝の雨は10時にはあ晴れの予報だった青空は昼近くになり、ようやくあらわれた-東藻琴芝桜公園12:10到着(60分) 今年は開花が早く、花は6割ほどに減っていると表示があった、昔ここで雪が降り、熱燗を探したのを思い出したー道の駅「丸瀬布」15:20着(25分)-砂川SA17:30着(30分)ー札幌駅北口19:30無事帰着 バス走行距離は460km
c0183777_2174644.jpg
c0183777_2182133.jpg
c0183777_21103757.jpg
c0183777_21105123.jpg
c0183777_2111131.jpg
オシンコシンの滝
c0183777_2157197.jpg
c0183777_21573176.jpg
c0183777_21574682.jpg
c0183777_21575760.jpg
c0183777_2158914.jpg
知床斜里「天に続く道」
c0183777_22181188.jpg
東藻琴芝桜公園
c0183777_2221081.jpg
c0183777_2262121.jpg
c0183777_2263984.jpg
c0183777_227255.jpg
c0183777_2274025.jpg
c0183777_2275373.jpg
道央自動車道石狩川橋 深川市の東端近くにあり、道央自動車道が石狩川を渡る唯一の橋である。北緯43度43分6.1秒東経142度9分54.1秒
c0183777_2240477.jpg
c0183777_2241086.jpg
今年はNHKBSを中心に知床ラウス沖のシャチの遊泳が何回も放映された。
シャチの過去2年の発見率は2017年5月53% 6月43%、2017年5月57% 6月88%を信じて、今年は5月3日と5月26日に再チャレンジしたが何れも天候要因で船が欠航で。願いは敵わなかった。
今回訪問前日の5月25日には羅臼港近くで沢山のシャチ遊泳が見られたと聞くと悔しさがつのる。

<ご参考>昨年8月26日の訪問記の再録
9時に羅臼港からクジラウオッチングクルーズ出港、沖合10km付近で2時間半、マッコウクジラを追いかけた。
c0183777_21133977.jpg
c0183777_21144633.jpg
マッコウクジラは海棲哺乳類の中でも潜水能力に特化したクジラであり、特徴的な頭部は超音波を発するソナーとしての役割がある上に、重さを調節して沈降と浮上を助けるバラストとしての機能もあるらしい。20メートル以上の大きさを持ち、深海を自在に泳ぐことができるのは潜水艦の他には、マッコウクジラしか存在しないだろう。ただし、マッコウクジラの最大深度3000メートルにまで到達できるのは、深海探査艇ぐらいだ。。
c0183777_21153150.jpg
c0183777_21154124.jpg
潜水前に尾びれで水面を敲いて、一気に潜る
c0183777_21161786.jpg
潜水時最初に吐いた呼吸のあかし、水泡
c0183777_20594525.jpg

by hoshigarasu2 | 2018-05-29 14:08 |

5/7 函館朝市、五稜郭公園、トラピスト修道院、松前公園 17:40帰札 バス走行距離417km

朝5時から函館朝市漫歩                                                               映像クリックで拡大
c0183777_7105912.jpgc0183777_71123100.jpgc0183777_7114186.jpg
c0183777_71224.jpgc0183777_7122596.jpgc0183777_7124655.jpg
c0183777_713542.jpgc0183777_7132987.jpgc0183777_7224638.jpg
c0183777_7233246.jpgc0183777_7234925.jpgc0183777_724586.jpg
c0183777_724243.jpgc0183777_7243749.jpgc0183777_7245530.jpg
c0183777_7251075.jpgc0183777_7253081.jpgc0183777_7262698.jpg
c0183777_7271575.jpgc0183777_7273337.jpgc0183777_7274988.jpg
c0183777_728541.jpgc0183777_7281931.jpgc0183777_7283557.jpg
朝7時宿泊ホテル12階より函館駅・函館港
c0183777_16564644.jpg
五稜郭公園
c0183777_8311547.jpg
c0183777_8313667.jpg
五稜郭タワー
2004年11月に総工費30億円を投じて着工。五稜郭から直線距離で5kmの場所に函館空港があるため、航空法により108mの高さまでと制限があり、避雷針高で107mとなる。2004年11月25日着工、2006年3月31日竣工、同年4月1日に開業。
c0183777_8305840.jpg
c0183777_8354537.jpg
c0183777_8355694.jpg
c0183777_8362476.jpg
c0183777_8364031.jpg
太平洋セメント㈱上磯工場の夜景で有名な函館山に向けて海上に延びる2kmの桟橋。
c0183777_9151763.jpg
渡島当別トラピスト修道院(正式名称厳律シトー会灯台の聖母大修道院, 1896(明治29)年創設された日本最初のカトリック男子修道院。
c0183777_931822.jpg
c0183777_933197.jpg
c0183777_934716.jpg
c0183777_94959.jpg
c0183777_943959.jpg
c0183777_945226.jpg
c0183777_954153.jpgc0183777_955883.jpg
福山城(松前城)
c0183777_1215632.jpg
c0183777_5265231.jpg
法源寺
山門                阿の龍                                         吽の龍
c0183777_12102157.jpgc0183777_1211176.jpg
c0183777_12504315.jpg
c0183777_1251286.jpg
龍雲院
c0183777_12532513.jpg
蝦夷霞桜は血脈桜(光善寺)、夫婦桜(松前公園搦手門の脇にある)と共に松前三大桜と呼ばれる。
c0183777_559229.jpg
                臥龍梅(がりょうばい)                                 龍雲院紅八重桜    c0183777_1259375.jpgc0183777_602056.jpg
                  白ばなタンぽぽ                                     黄花カタクリc0183777_13162923.jpgc0183777_13164343.jpg
光善寺
c0183777_1583841.jpg
c0183777_1585562.jpg
c0183777_159221.jpg
c0183777_159387.jpg
血脈桜(光善寺)は蝦夷霞桜(龍雲院)、夫婦桜(松前公園搦手門の脇にある)と共に松前三大桜と呼ばれる。
c0183777_15142676.jpg
c0183777_15154760.jpg
光善寺白八重桜
c0183777_15162611.jpg
シロバナタンポポ
c0183777_16314075.jpg
c0183777_1632476.jpg
c0183777_16322257.jpg
c0183777_16323746.jpg
桜見本園
              雨宿り                         南殿(なでん)                   御所車返し
c0183777_15231223.jpgc0183777_15235327.jpgc0183777_15241760.jpg
              衣笠                          翁桜                            河津桜c0183777_15301523.jpgc0183777_15303097.jpgc0183777_15304615.jpg
              旗桜                         吉野山桜                          胡蝶c0183777_1539952.jpgc0183777_15392510.jpgc0183777_15394272.jpg
             虎の尾                        御座の間匂                         紅手鞠c0183777_1546163.jpgc0183777_1546322.jpgc0183777_15464776.jpg
              高寝桜                        佐野桜                        糸括(いとくくり)c0183777_15513496.jpgc0183777_1552051.jpgc0183777_15521873.jpg
           車駐(くるまとめ)                   手弱女(たおやめ)                     新珠c0183777_15575912.jpgc0183777_15581358.jpgc0183777_15582562.jpg
            太白                          東錦(あづまにしき)               白薄重(しろうすかさね)c0183777_1661239.jpgc0183777_1664539.jpgc0183777_167335.jpg
             薄紅九重                         福寿桜                     平野寝覚(ひらのねざめ)c0183777_1613014.jpgc0183777_16131543.jpg]c0183777_16133676.jpg
             万里香                           有明                         夕暮c0183777_16181279.jpgc0183777_16182546.jpgc0183777_16183943.jpg
江差
c0183777_16234619.jpg
c0183777_1624285.jpg
c0183777_16245253.jpg
c0183777_1625818.jpg
c0183777_16253366.jpg
ニセコ羊蹄山
c0183777_16284534.jpg
c0183777_162907.jpg
ルスッツリゾート
c0183777_16335793.jpg
c0183777_16341169.jpg
c0183777_16342587.jpg
18時に無時自宅に帰着できた。
by hoshigarasu2 | 2018-05-10 07:18 |

5/06 森・青葉ケ公園、大野川桜並木、法亀寺、松前藩戸切陣屋跡、函館 バス走行距離280km 

8時に曇り空の札幌駅北口をツアーバスは出発、中山峠までは何とかもったが徐々に雨足が強くなった。
c0183777_173952.jpg
c0183777_17391963.jpg
11時45分 静狩PAで注文していた「お花見9マス弁当を受け取り、食べた。c0183777_17451933.jpgc0183777_17453664.jpg
c0183777_17483866.jpg
12時15分 森の青葉が丘公園で樹齢100年を越えるソメイヨシノやここだけの「森小町」などを見た。
c0183777_18201216.jpg
c0183777_18203016.jpg
c0183777_18205791.jpg
c0183777_18211849.jpg
八重紅しだれ
c0183777_18223142.jpg
c0183777_18225220.jpg
c0183777_1823886.jpg
霞桜
c0183777_18321156.jpg
北斗桜回廊 幸い観光途中から雨が止んだ。

大野川添い桜並木
c0183777_19231628.jpg
法亀寺しだれ桜
c0183777_19454340.jpg
c0183777_19455642.jpg
c0183777_19461524.jpg
c0183777_19462578.jpg
松前藩戸切(へきり)陣屋跡
c0183777_204277.jpg
c0183777_2051845.jpg
c0183777_8474688.jpg
c0183777_20442100.jpg
上磯海潮桜(かみいそうしおさくら)
平成5年、北海道教育大の浅利政俊氏が潮風害に耐える八重桜を求めて開発した品種、北斗市にしかない、葉っぱがつるつるテカテカ桜です。
c0183777_20162791.jpg
オオヤマサクラ
c0183777_20164722.jpg
十月サクラ
エドヒガンの系列でコヒガンの園芸品種、花が4月上旬頃と10月頃の年2回開花する。花は十数枚で花弁の縁が薄く紅色になる。
c0183777_20175490.jpg
マツマエウスガサネソメイ(松前薄重染井)
1966年に日本さくらの会「桜守」の浅利政俊さん(松前を拠点に、50年あまりもかけて、 104種類の新しい品種の桜を生み出した方です)がソメイヨシノ×サトザクラの交雑から選抜した品種 薄い赤で半八重咲です。
c0183777_20171268.jpg
清川千本桜
1985年の千本桜事業で、松前藩戸切地陣屋跡への道道96号線沿いに地域住民によって植樹されたオオヤマザクラ500本とソメイヨシノ500本 バス車窓から撮影した
c0183777_5375387.jpg
函館 16時半にベイエリアに到着、散策・夕食後駅前のホテルに宿泊
c0183777_551264.jpg
c0183777_5514056.jpg
c0183777_5515119.jpg

by hoshigarasu2 | 2018-05-09 17:36 |

3日間走行距離1171km、初体験が多かった道東ツアー 05/02~04

05/02 札幌ー道東道終点の阿寒IC・道の駅阿寒丹頂の里(直行は初めて)-摩周湖ー開陽台ー中標津 走行距離446km
c0183777_19413833.jpg
c0183777_19453683.jpg
c0183777_19463755.jpg
摩周湖
c0183777_19471914.jpg
c0183777_19474919.jpg
c0183777_1948356.jpg
根室海峡を隔てて24km、国後島の羅臼山880m、泊山500m(宿泊した中標津トーヨーグランドホテルから聞いた)
c0183777_19482288.jpg
蜂蜜が掛った「しあわせのはちみつソフト」 中標津トーヨーグランドホテルで宿泊、夕・朝食が格別のうまさだった、温泉付きだった。温泉付き
c0183777_19494324.jpg
05/03  中標津ー野付半島ー羅臼ビジターセンター・道の駅(荒天でシャチウオッチングツアー中止、知床峠は凍結で通行停めで根北峠迂回ーウトロ五胡、オシンコシンの滝ー斜里「天のに続く道」ー斜里 走行距離299km 
c0183777_2083527.jpg
c0183777_2084537.jpg
c0183777_209106.jpg
羅臼ビジターセンター 平成5年の開場したそうだが訪ねたのは今回が初めてだ、まずシャチの骨格見本を見た。
c0183777_20364497.jpg
c0183777_20365761.jpg
c0183777_20371445.jpg
c0183777_20372885.jpg
代替案で知床五湖、木道では強風で体がゆすぶられ怖かった、
c0183777_20433841.jpg
c0183777_2044045.jpg
オシンコシン滝
c0183777_20452928.jpg
エゾシカ牧場
c0183777_2049165.jpg
天に続く道(国道334・244号線の全長約18kmの直線道路、初めて通行した) ホテルグランティア知床斜里(温泉付き)に宿泊、夕食は藤苑で
c0183777_20483991.jpg
05/04  斜里から北浜駅までのJR乗車ー能取岬ー地霧ー北見オホーツクビールー札幌 走行距離426km
c0183777_5312910.jpg

c0183777_5335550.jpg
c0183777_5341022.jpg
c0183777_5415262.jpg
無人駅「北浜駅」 1965年(昭和40年)4月に封切りとなった映画「網走番外地」第一作で「網走駅」として囚人を駅から護送するシーンのロケ地として用いられたことで知られている
c0183777_534372.jpg
c0183777_5372242.jpg
c0183777_5353083.jpg
c0183777_546214.jpg
能取岬 網走市内中心部の北側、オホーツク海に突き出た岬。1917年に建てられた灯台がある。
c0183777_5512612.jpg
c0183777_5514538.jpg
エゾエンゴサクに朝露
c0183777_5522466.jpg
網走湖畔で10時半過ぎに見えた地霧(前の日に雨などが降り畑が湿っている、.晴れていて、かつ空気は冷たい、.畑は黒く湿っているので、陽射しをよく吸収し温度が上がる、.温かくなった畑から蒸気があがり、冷たい空気に触れ、蒸気が湯気のように見える)
c0183777_662495.jpg
c0183777_664213.jpg
c0183777_671549.jpg
北見 オホーツクビールで昼食 北見塩焼きそば、エールろか前・マイルドスタウト
c0183777_6121649.jpg
c0183777_6123945.jpg
c0183777_6153618.jpg
c0183777_6133150.jpg
c0183777_6134292.jpg
c0183777_6161129.jpg
道の駅「白滝」
c0183777_6183050.jpg
初めて食べた山菜、美味かった。
c0183777_6193433.jpg
c0183777_6195311.jpg
c0183777_6201128.jpg
c0183777_6202939.jpg
c0183777_6204299.jpg
17時半の札幌駅北口に無事着いた。

今回気づいた道路脇設置の動物標識
c0183777_629153.jpg
c0183777_6291261.jpg
c0183777_19493912.jpg
c0183777_6292511.jpg
c0183777_6293794.jpg
c0183777_6295345.jpg

by hoshigarasu2 | 2018-05-05 19:42 |

天橋立・伊根・出石1泊2日ツアー  0310~0311

0310
千歳空港08時20分発ANA772便で久しぶりの伊丹空港に10時20分に到着、貸切バスで天橋立へ向かう。          映像クリックで拡大c0183777_5461431.jpgc0183777_551791.jpgc0183777_5534111.jpg
c0183777_6185171.jpgc0183777_619670.jpgc0183777_6192053.jpg
c0183777_621466.jpgc0183777_6211632.jpgc0183777_6212930.jpg
c0183777_6243950.jpgc0183777_6244935.jpgc0183777_625296.jpg
c0183777_627045.jpgc0183777_6271147.jpgc0183777_6272440.jpg
c0183777_6291930.jpgc0183777_6293380.jpgc0183777_6294887.jpg
c0183777_6343574.jpgc0183777_6345043.jpgc0183777_635228.jpg
丹後一の宮 元伊勢 籠神社(このじんじゃ)
c0183777_771830.jpg
c0183777_775470.jpgc0183777_7113416.jpg
c0183777_7125140.jpgc0183777_7131998.jpg
c0183777_718821.jpg
傘松公園
c0183777_7273837.jpg
              往路はケーブルカーを利用                              帰路はリフトを利用したc0183777_7275555.jpgc0183777_7334545.jpg
c0183777_7291245.jpg
c0183777_7494791.jpg
「股のぞき」で眺めた
c0183777_730553.jpg
 「大本山成相寺」(西国二十八番札所,成相山(569m)の山腹にあり、「願い事が成りあう寺」として有名)
c0183777_931496.jpg
c0183777_9312065.jpg
天橋立
陸前(宮城県)の松島、安芸(広島県)の宮島と共に日本三景の一つの数えられる景勝地である。
「丹後国風土記逸文」に、国を生まれた伊弉諾尊(いざなぎのみこと)が天に通うために梯(はし)を作られたが、命(みこと)が寝ていられる間に倒れ伏した記事があり、これが名の起こりである。
「日本三景」という発想が最初に見られるのは林春齊が寛永20年(1643)に天橋立を松島・厳島とともに「三処奇観たり」と述べた「日本国事跡考」、その後元禄2年(1689)に福岡藩の儒学者、貝原益軒が天橋立を旅行した記録「己巳紀行」の中に初めて「日本三景」という文字が登場する。
神秘的で美しい姿は、野田川から流れ出る砂粒と外海から流れ来る砂粒とがぶつかり合って出来たと考えられる。
約500年前に描かれた雪舟画の国宝天橋立図には現在より短い天橋立が描かれている。

天橋立は、宮津湾と内海の阿蘇海を南北に隔て、全長3.6キロメートルに及ぶ湾口砂嘴である。
砂嘴の幅は20メートルから最長170メートルに達し公路となっている。
日本では、外洋に面さない湾内の砂嘴としては唯一のものであり、白砂青松を具現するかのごとく一帯には約8,000本の松林が生え、東側に砂嘴は白い砂浜が広がる。
c0183777_9392190.jpg
c0183777_6581735.jpg
c0183777_939840.jpgc0183777_9395252.jpg
c0183777_941888.jpgc0183777_944246.jpg
c0183777_9443343.jpgc0183777_9544314.jpg
c0183777_2055233.jpgc0183777_20553575.jpg
廻旋橋
船が通るたびに90度旋回する珍しい橋で、天橋立と文殊堂のある陸地をつなぐ橋です。
大正12年に手動でまわる廻旋橋ができましたが、橋の下を通る大型船舶が多くなり、昭和35年5月から電動式となりました。
多いときには日に50回ほど廻り、観光客の皆さんの目を楽しませると共に、絶好の写真、ビデオスポットとなっています。
c0183777_10563138.jpg
c0183777_10572090.jpgc0183777_10573021.jpgc0183777_10574778.jpg
c0183777_1058662.jpgc0183777_10584090.jpgc0183777_1059094.jpg
c0183777_10592371.jpgc0183777_10595541.jpgc0183777_1102765.jpg
「智恵の文殊堂」
奈良県桜井市の智恩寺(安倍文殊)、山形県高畠町の大聖寺(亀岡文殊)などとともに日本三文殊のひとつに数えられる.
c0183777_11295171.jpg
c0183777_1130865.jpg
c0183777_11302578.jpg
c0183777_1131171.jpgc0183777_11313047.jpg
橋立大丸での夕食
c0183777_11361654.jpg
0311
丹後市峰山町    06:04撮影の月(月齢23.2有明月小潮)        ホテルつかさ峰山1階 トマト&オニオンでの7時の朝食(カニ雑炊)c0183777_2041997.jpgc0183777_2044536.jpg
峰山-天橋立-伊根
c0183777_2061425.jpgc0183777_2063812.jpg
c0183777_20355593.jpgc0183777_2036879.jpg
c0183777_20363776.jpg京都府与謝郡伊根町
伊根は、平安時代に「伊禰庄[いねのしょう]」として記されるほど歴史は古い。
鎌倉時代には小さな集落が形成されていたようだが、その名が広く知れ渡るのは江戸時代だ。
富山県の氷見や五島列島の三井楽と並んで伊根は日本三大鰤漁場として知られ「伊根鰤」 や「丹後鰤」は諸国に名を馳せた。
独特の舟屋群の景観もその頃に成立したとされる。
現在は周囲5kmの伊根湾内に舟屋約230件、母屋約330件、約130棟の土蔵が町並みを作っている。

世帯数910、人口2135人(男1036人・女1036人)2018年3月1日現在
                                   カモメの代りにトンビのお出迎え
c0183777_1511373.jpgc0183777_15202.jpgc0183777_1522398.jpg
舟屋
舟屋は伊根湾の海面にせり出して建築されていて、1階に船揚場、物置、作業場があり、2階が居室となっている。
切妻造の妻面を海に向けて建てられたものが全体の約90%で、1階部分の床は船を引き上げるために傾斜している。
1階の作業場は出漁の準備、漁具の手入れ、魚干物の乾場や農産物の置き場などに利用される。
土台や柱は椎の木を用い、梁は松の原木を使用している.
c0183777_1512619.jpg
c0183777_15131181.jpg
c0183777_216717.jpg
c0183777_15151027.jpg
c0183777_218574.jpg
江戸時代からの舟屋 喜左衛門
太い立派な梁が印象的で、1階は海側に緩く傾斜し、舟を出し入れしやすいように海水を中まで引き込んでいる。
c0183777_15235357.jpgc0183777_15242083.jpg
昔は造り酒屋もやっていたという、この舟屋のお宝
c0183777_7332676.jpgc0183777_7335178.jpg
風を嫌い、鯉のぼりは室内に飾った
c0183777_7344211.jpgc0183777_7345775.jpg
左の山側が母屋・本宅、道路を挟んで海側が舟屋となっている。
c0183777_15301235.jpg
唯一の造り酒屋「向井酒造株式会社」創業1574年宝暦4年 東京農業大学農学部醸造学科卒の向井 久仁子さんが杜氏を務める。
久仁子杜氏曰く 赤い古代米を使った伊根満開はキンキンに冷やして、ロックで飲んでもどんなお酒の席にでも合います。新しい感覚のお酒です。c0183777_15383644.jpgc0183777_15385249.jpg
鏝絵
c0183777_15492128.jpgc0183777_15494519.jpg
c0183777_15503149.jpgc0183777_15504680.jpg
出石
兵庫県豊岡市にある出石城の城下町。
出石は「古事記」「日本書紀」にも登場する古い町、但馬開発の祖神「天日槍」がこの地を拓いたと伝えられています。
室町時代には山名時氏が但馬を制圧、その子「時義」が比隅山に本城を構えたことにより、出石は但馬の中心として繁栄しました。
その後、時義の孫、宗全(持豊)は応仁の乱を引き起こし、西軍の大将となりました。
しかし、戦国時代に入り、織田軍に攻められ、比隅山城は」落城、その後、有子山に城を移したが再び攻められ有子山城も落城した。
その後、小出氏が領主となり、山麓に平山城を築城、周囲に城下町が形成されました。
元禄10年(1697)松平氏が移封されましたが宝永3年(1706)に信州上田の仙石氏とお国替えになりました。
途中三大お家騒動の一つと言われる二人の家老の勢力争いから3万石に減封されたが仙石氏は七代にわたり仙石藩を治め、明治に至った。

城下町として整備された町割が碁盤の目状であることなどから、但馬の小京都と呼ばれている。
豊岡市出石伝統的建造物群保存地区の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。
c0183777_1644678.jpgc0183777_16453587.jpg
町並み
c0183777_1711752.jpgc0183777_171487.jpg
c0183777_1751434.jpgc0183777_1723335.jpg
c0183777_1893491.jpgc0183777_18105770.jpg
辰鼓楼
1871年明治4年 旧三の丸大手門脇の櫓台に建設された。
明治14年に医師、池口忠恕氏が大時計を寄贈してからは、時計台として親しまれ、今では3 代目の時計が時を刻み続けています。
c0183777_1835551.jpg
造り酒屋「出石酒蔵」 試飲させてもらった「楽々鶴」(ささづる)原酒を購入した。c0183777_18373684.jpgc0183777_1838063.jpg
豊岡市立出石史料館(生糸商福富家旧住宅・豊岡市指定文化財)
c0183777_17125692.jpgc0183777_17133544.jpg
お庭
c0183777_640734.jpgc0183777_6393598.jpg
出石藩主仙石氏・小出氏伝来品
c0183777_641551.jpgc0183777_6421349.jpg
「城下町のおひなさま」展
c0183777_17162412.jpgc0183777_17164086.jpg
c0183777_1716596.jpgc0183777_17171524.jpg
c0183777_17174640.jpgc0183777_1718538.jpg
出石皿そば
1706年宝永3年に出石城主に信州上田の仙石氏がお国替えとなり、信州から来た蕎麦職人の技術が加わり出石そばが誕生した。
その後始まった出石焼の白地の小皿に盛る形式が確立され,今では50軒ものそば屋が並ぶ関西屈指のそば処として知られるようになった。

出石皿」そば「古都」 
ツアーのオプションで食べたクタクタに伸びたそばに辟易して、出石史料館に紹介して貰い、食べ直した、シッカリ腰のある、美味しいそばだった。
c0183777_17571077.jpg
c0183777_17572995.jpg
出石から伊丹空港へ
c0183777_18152596.jpg
c0183777_18153968.jpg
今回も宝塚トンネルで12kmの自然渋滞に見舞われたが機材延着で10分の遅れで19時5分発となったANA779便は多少の揺れはあったが21時に無時新千歳空港に「着陸し、22時30分には自宅に無時、帰りつけた。
by hoshigarasu2 | 2018-03-13 05:53 |

日勝峠、池田ワイン城、ジュエリーアイス、鶴居村、野付半島、網走流氷 1038kmの旅 0210~12

0210  8時半札幌駅北口をツアーバスで出発、池田・豊頃経由で釧路に16時半に到着 走行距離371km

日勝峠清水ドライブインからの眺め
c0183777_6281324.jpg
池田ワイン城
c0183777_18372880.jpg
c0183777_1821548.jpg
700円で3種を選んでの有料試飲、矢張り「赤」がうまかった。
 c0183777_1822865.jpgc0183777_18222146.jpg
豊頃町 ジュエリーアイス、
十勝川の氷が太平洋に流れ出し、 河口の大津海岸に打ち上げられる 氷の塊が太陽の光を受け美しく輝く自然現象の筈だが、曇りで輝かず。
c0183777_18292821.jpg
c0183777_18293973.jpg

c0183777_18295636.jpg
16時半に釧路に着き、プリンスホテルに荷物を置いてから、幣舞橋へ行き、撮影と釧路の時酒「福司」を仕入れてホテルに戻った。
c0183777_1940105.jpg
c0183777_1941157.jpgc0183777_1941346.jpg
c0183777_19415373.jpgc0183777_19421984.jpg
c0183777_19484899.jpg
2月11日建国記念日

8時にホテルを出て、鶴居村の伊藤サンクチュアリー、弟子屈道の駅「摩周温泉」、尾岱沼「うたせ旅館」で和食膳昼食、野付半島ネイチュアセンターガイドの案内で「氷平線」ミニウオーク、斜里の「しれとこ里味」で夕食、ルートイン グランティア斜里駅前で宿泊した。
今日のバス走行距離、259km

c0183777_20262831.jpgc0183777_2025095.jpg
鶴居村 伊藤サンクチュアリーで最初の餌付けをした9時、125羽の丹頂の飛来が見られたそうだ.
c0183777_20452711.jpg
シベリアからの「クロツル」が32年ぶりに伊藤サンクチュアリを訪ねてくれた、鹿児島県の出水には毎年飛んでくるそうだ。
c0183777_20441866.jpg
c0183777_20464560.jpg
c0183777_20472268.jpg

 
c0183777_20473571.jpg
c0183777_20475645.jpg
c0183777_20482584.jpg
c0183777_20483887.jpg
c0183777_20485179.jpg
晴天で気温が上がり、積もった雪はドンドン融け、春霞が立ち、真冬の2月とは思えぬポカポカ陽気になった.

弟子屈道の駅「摩周温泉」 キタノマシュウ蕎麦粉と摩周そば焼酎 soba傍を購入した。
c0183777_2183375.jpgc0183777_2185344.jpg
c0183777_2110382.jpgc0183777_21102514.jpg
c0183777_21103617.jpgc0183777_21105043.jpg
尾岱沼漁港の野付湯元うたせ屋で名物のシマエビの子が入った和食膳を食べた。
c0183777_635871.jpgc0183777_6371778.jpg
全長26km、日本最大の砂嘴、野付半島の野付湾に張った25cmの氷の上で、「氷平線」・トドワラ・ナラワラ・オオワシ・エゾシカなどを見た。
c0183777_6265629.jpg
c0183777_627848.jpg

c0183777_6272129.jpg
c0183777_6273859.jpg
c0183777_6274736.jpgc0183777_628193.jpg
]野付半島から斜里への峠越えの道路、それまでの晴天が一転、猛吹雪に見舞われた・
c0183777_6544652.jpgc0183777_6545840.jpg
斜里のしれとこ料理「里味」で、店主手打ちの蕎麦も付いた料理を地元「清里のジャガイモ焼酎」水割りで食べた。
c0183777_724359.jpgc0183777_7323060.jpg
2月12日 ツアー最終日

斜里・網走流氷砕氷船・まるせっぷICから高速・上川層雲峡IC・上川愛別IC・比布北IC・吹雪で高速通行停めで一般道・再開通した旭川ICから高速に乗り降雪の中札幌南ICまで徐行運転 走行距離408km、3日間合計では1038km


久しぶりの快晴の予報で朝6時に起きて、ホテルの窓から日の出、IFに降りて外で月齢26 有明月 若潮を撮った。
6時40分の日の出と月
c0183777_822219.jpgc0183777_8223293.jpg
8時過ぎに 斜里のホテルを出て、9時の流氷砕氷船おーろら2号で網走港から出港、流氷を観察した。
c0183777_11191080.jpg
c0183777_10593626.jpg
c0183777_10595194.jpg
c0183777_1101672.jpg
c0183777_1193393.jpg
c0183777_110685.jpg
オオワシ
c0183777_112673.jpgc0183777_1121964.jpg
c0183777_1111619.jpg
吹雪での高速道の不通が予想されている札幌への長時間移動に備えて、11時と早めの昼食「カニ飯」を入丸水産で食べ、
c0183777_11435286.jpg
根室海峡越に国後島を撮った。
c0183777_1144983.jpg
まるせっぷICから高速に乗り、札幌を目指したが比布ICで吹雪で交通止め、一般道を旭川北まで走り、旭川北から再び高速に乗り、札幌まで18時半に何とか辿り着いた。
c0183777_1265598.jpg
c0183777_1272589.jpg
c0183777_128421.jpg

c0183777_1283146.jpg
c0183777_129411.jpg

by hoshigarasu2 | 2018-02-15 11:24 |


極私的写真日記帳


by hoshigarasu2

プロフィールを見る
画像一覧