人気ブログランキング |

カテゴリ:旅( 188 )

秘湯!岩尾別温泉「地の果てホテル」に泊まる羅臼シャチク-ズ3日間 1,030km 22,308歩の旅 7/15~17

7/15(海の日)  バス走行410km 歩行7,395歩

07:30札幌駅北口→道央自動車道砂川PA→旭川紋別自動車道愛山上川→北の森ガーデン→旭川紋別自動車道上川層雲峡→旭川紋別自動車道瀬戸瀬→オホーツクドライブイン→JR釧網線藻琴駅・北浜駅→斜里町道の駅→天に続く道→知床一湖→17時10分岩尾別温泉「ホテル地の涯」

北見市端野オホーツクドライブイン前の国道の向こう側の景観
c0183777_1644583.jpg
    JR釧網線藻琴駅(高倉健の網走番外地に網走駅として登場)                   北浜駅(流氷に一番近い駅)
c0183777_1649691.jpgc0183777_16503556.jpg
斜里道の駅の「 しれとこ斜里ねぷた」 弘前市との交流から始まったお祭りで、7/26と27に大小12基あまりの行灯が目抜き通りを練り歩く
c0183777_16505214.jpg
斜里町の「天に続く道・登りと下り」道東・斜里町の峰浜から大栄地区まで続く約18キロの直線ルート(国道334号・244号線/斜里国道)
c0183777_1774516.jpg
c0183777_1775738.jpg
高架木道で知床一湖往復   後ろの知床連山は左から硫黄山、知円別岳、南岳、オッカバケ岳、サンルイ岳、三ツ峰、右端が主峰羅臼岳
c0183777_17123170.jpg
c0183777_17125130.jpg
「羅臼岳 知床半島にある火山群の主峰及び最高峰で標高1,661m 
c0183777_17191849.jpg
c0183777_17223875.jpg
c0183777_1720273.jpg
岩尾別温泉「ホテル地の涯」
c0183777_1738531.jpgc0183777_17285624.jpg源泉掛け流しの男女混浴露天風呂へは置かれた湯あみ着用で入湯する
c0183777_1729983.jpg
18時半からエゾシカ・知床鶏・知床の魚を会食で頂いた。
c0183777_17391882.jpgc0183777_17393420.jpg
7月16日 バス走行距離176km  歩行歩数9,927歩

4時羅臼岳岩尾別登山道入口→6時50分朝食→7時40分ホテル出発→8時にヒグマに遭遇→9時に観光船「はまなす号」羅臼港出港→9時38分知床半島先端部分まで進んだが狙いのクジラ・シャチは見えない→10時30分に「シャチ発見」の無線が入り現場に急行した→10時40分から10頭ほどのシャチが流れ藻で遊ぶ姿を堪能→11時30分に無事帰港した、去年は2回とも強風で出港さえできなかったリベンジを見事に果たした→11時50分道の駅知床・らうす」「黒ハモ丼」の昼食→13時5分羅臼ビジターセンターでシャチ骨格標本や裏で間歇泉を見た→14時半中標津開陽台→16時半川湯温泉「きたふくろう」到着

羅臼岳登山口  女性・年配者も多かった、整った登山路がない道を片道5時間ほどで山頂に着くそうだ、,無時の下山をお祈りした。
c0183777_19163353.jpgc0183777_19164629.jpg
c0183777_7465987.jpg
朝食
c0183777_19205659.jpgc0183777_19211356.jpg
羅臼岳と飛び交うツバメ
c0183777_84801.jpg
道路を横切るヒグマ
c0183777_850442.jpgc0183777_8505541.jpg
知床峠山頂付近
c0183777_85733100.jpg
観光船はまなす号ウトロ漁港出港  監視船と漁船
c0183777_923625.jpgc0183777_925923.jpg
ハシボソミズナギ鳥
                                   c0183777_99279.jpgc0183777_9261945.jpg
コアホウドリ
c0183777_991951.jpgc0183777_9272931.jpg
双眼鏡でシャチを探す
c0183777_1030157.jpg

c0183777_1033937.jpg
c0183777_10331926.jpg
c0183777_10333191.jpg
c0183777_10334851.jpg
c0183777_10335961.jpg
c0183777_10341037.jpg
c0183777_10342332.jpg
c0183777_10344258.jpg
c0183777_10345711.jpg
c0183777_10351097.jpg
c0183777_10354470.jpg
c0183777_1036123.jpg
c0183777_10442963.jpg
道の駅知床・らうす
c0183777_10562757.jpg
c0183777_1102590.jpgc0183777_1105150.jpgc0183777_15311955.jpg
羅臼だけの「黒ハモ丼」
知床ではハモと呼ばれている魚は本州ではクロウナギ、北海道ではクロハモとか カラスハモと呼ばれていて、実際はハモよりアナゴに近い種。
そのほとんどが延縄漁でキンキに混じって揚がってくるという希少な魚。味はウナギに似ているという人もいるがアナゴに似ているという人も。
深海魚だけにしっかりと脂がのっていて蒲焼きで今回食べたら美味だった。
c0183777_11162499.jpg
c0183777_111584.jpg

羅臼ビジターセンター
c0183777_12184325.jpgc0183777_12194079.jpg
c0183777_12212019.jpg
間歇泉 吹上げが終わる直前の状況 
c0183777_12214526.jpg
中標津開陽台 蜂蜜を掛けたアイスクリームは美味しかった。
c0183777_12265737.jpg
c0183777_1227881.jpg
川湯温泉「名湯の森のきたふくろう」
c0183777_12335884.jpg
c0183777_12341011.jpg
c0183777_1234236.jpg
美味さ追求を開発コンセプトに置いた初めての「ソバ=キタノマシュウソバ」の今年の栽培状況を視察すべく、ホテルに調べて貰ったが今年は生育が遅れ、ようやく芽吹きが始まったばかりとの事だった。
キタノマシュウ生産組合では個々の圃場の秋の収穫から逆算して種蒔きをしているので、圃場に行っても芽吹きも見られないようで今回は諦めた。
代りに以前の訪問時の記録を復元再収録する。
2009年8月29日にキタノマシュウの刈取り直前の圃場を摩周湖ソバ生産組合から聞き出して川湯まで行って刈り残ったソバを撮ってきた。
川湯駅から乗ったタクシードライバーは山形県西置賜郡の出身で入植当時にはこの地でソバも作った事があるそうでソバ圃場に迷わず連れて行って呉れた。
目印も全くなく、自分で運転していたらとうていたどり着けなかっただろう、助かった。c0183777_15482015.jpgc0183777_15484735.jpg

7月17日 バス走行距離410k、 歩行歩数4986歩

9時川湯温泉出発→硫黄山→清里「さくらの滝」→北見オホーツクビール→旭川紋別自動車道「瀬戸瀬」→旭川紋別自動車道 道の駅「しらたき」→道央自動車道砂川PA→18時札幌駅北口

川湯温泉 硫黄山
c0183777_131947100.jpg
c0183777_13195995.jpg
c0183777_13201020.jpg
さくらの滝のサクラマス(海に下ったヤマベ)が斜里川の3mの滝をジャンプして越す。
c0183777_13243025.jpg
c0183777_13243936.jpg
c0183777_13245270.jpg
清里~北見のバス車窓からの景観
c0183777_13391139.jpgc0183777_13392738.jpg
c0183777_1339546.jpgc0183777_1340961.jpg
c0183777_13403187.jpgc0183777_13404478.jpg北見オホーツクビヤファクトリー
c0183777_1346385.jpg
c0183777_13464389.jpgc0183777_13465697.jpg
「ケルン大聖堂」を訪問時に飲んだケルシュをここでも季節限定で醸造していたので飲んだc0183777_13471229.jpg
c0183777_13472284.jpg
道の駅「しらたき」
c0183777_1414262.jpg
c0183777_1421867.jpgc0183777_1423121.jpgc0183777_1424012.jpg
旭川紋別自動車道 道の駅「しらたき」~道央自動車道砂川PA間の動物に注意標識の一部、デザイン・設置場所も替えていた
c0183777_1410023.jpgc0183777_14101218.jpgc0183777_14102628.jpg
道央自動車道砂川PA 野菜産直コーナーで買った@150円のトウキビ、帰宅後賃で食べたが絶味・お買い得だった。
c0183777_15152723.jpg

今回の旅行は2泊とも晩と朝、掛け流し温泉をゆったりと楽しませて頂いた、極楽極楽。
by hoshigarasu2 | 2019-07-18 16:21 | | Comments(0)

7/6~8 道東2泊3日、新千歳空港⇔根室中標津空港プロペラ便 バス578km 36.668歩の旅

7/6

5時50分に家を出て、JRエアポートで6時55分に新千歳空港着、ANA4886プロペラ便が悪天候の為15分遅れの8時20分根室中標津に飛び立ち、55分の飛行で9時15分に到着、「カムイの宿ラビスタ阿寒川」に泊る、知床・釧路湿原大自然の懐にせまる 総勢17名ツアーが始まった。

09:20中標津→10:40~11:40浜小清水→12:00~12:50網走→14:50~15:10美幌→17:40屈斜路湖温泉プリンスホテルへ
105kmのバス走行で到着、この日の歩行本数7838歩  天候は晴れだった。
c0183777_17205235.jpgc0183777_1721448.jpg
c0183777_17222799.jpgc0183777_17225452.jpgc0183777_17254376.jpg
c0183777_17293244.jpgc0183777_17294781.jpg
c0183777_1731034.jpgc0183777_17313170.jpgc0183777_17314549.jpg
原生花園駅   斜里郡小清水町字浜小清水にあるJR北海道釧網本線の臨時駅。毎年5月1日から10月31日までの営業となっている.
c0183777_17473315.jpgc0183777_17474931.jpg
c0183777_1749486.jpgc0183777_17492188.jpg
エゾキスゲ(蝦夷黄菅) ユリ科 ワスレグサ属
c0183777_17501959.jpgc0183777_17503683.jpg
エゾスカシユリ(蝦夷透百合) ユリ科 ユリ属  小清水町花
c0183777_180231.jpgc0183777_1802119.jpg
カワラナデシコ
c0183777_18131817.jpgc0183777_1813447.jpg
エゾフウロ
c0183777_18261446.jpgc0183777_1826303.jpg
                 ハマエンドウ                                       ハマナスc0183777_4392665.jpgc0183777_4394421.jpg
c0183777_4552072.jpgc0183777_521482.jpg
隣の北浜駅(昔、高倉健の網走番外地では網走駅)に向けて、
朝から4本目(07:10発 ,7:50発 , 08:56発,11:32発 )の1両編成のジーゼル車両が出発した。
c0183777_450596.jpgc0183777_445473.jpg
網走市中心部
c0183777_5205232.jpgc0183777_521567.jpg
c0183777_5212884.jpgc0183777_5214642.jpg
                                       「知床産キンキ@4500円」
c0183777_5222481.jpgc0183777_522416.jpg
網走天都山オホーツク流氷館
c0183777_53445100.jpg
氷点下15度以下で保管された流氷の現物
c0183777_5381817.jpgc0183777_5383987.jpg
クリオネ
c0183777_540548.jpgc0183777_5402618.jpg
3階屋上からの景観
c0183777_5412184.jpgc0183777_5413595.jpg
c0183777_5415161.jpgc0183777_542856.jpg
紅輪タンポポがまだ咲いていた
c0183777_545267.jpgc0183777_5454430.jpg
女満別メルヘンの丘(北見・網走間を結ぶ国道39 号沿いに位置,女満別空港から車で10分、ジャガイモ・秋蒔き小麦・ビートが見られる。
c0183777_5533532.jpgc0183777_5535216.jpg
c0183777_552159.jpgc0183777_5522976.jpg
c0183777_5524396.jpgc0183777_553167.jpg
道の駅「ぐるっとパノラマ美幌峠」 「君の名は」の春樹と真知子は遠い昔になったc0183777_63775.jpgc0183777_632237.jpg
c0183777_634125.jpgc0183777_63553.jpg
c0183777_641665.jpgc0183777_643415.jpg
今晩の宿、屈斜路湖プリンスホテル
c0183777_69389.jpgc0183777_695165.jpg
7日

3時50分屈斜路湖畔で撮影→4時30分~5時50分屈斜路湖雲海ガイドツアー1n津別峠→6時半ホテルで朝食→9時半斜里「天国へ続く道」上り坂→10時半ウトロ港で知床遊覧船・カムイワッカ湯の滝コース(70分)→12時知床五湖・高架木道(60分)→14時オシンコシンの滝→斜里「天に続く道」下り坂→濃霧の阿寒横断道'(弟子屈と阿寒を結ぶ国道241号線、雌雄阿寒岳を眺める双岳台が有名→17時過ぎに阿寒町「カムイの湯 ラビスタ阿寒川到着、17時半から会席膳を食べた。
バス走行距離261km(雲海観賞バスは別で往復2おkm) 、歩行数は10496歩

4時 屈斜路湖畔  朝霧が身近に漂い、湿っぽかった。 これが雲海が見られなかった去年6月14日との違いだ. 
ニジマス、アメマス、ワカサギの釣り人とアオサギがそれらを狙っていた。
c0183777_10303963.jpgc0183777_10305596.jpg
c0183777_103196.jpgc0183777_10313254.jpg
屈斜路湖雲海ガイドツアー1n津別峠 昇り始めは濃霧で先が見えない、標高754mび頂上が近づくにつれ、霧が晴れ青空が射してきた。c0183777_10392710.jpgc0183777_1039457.jpg
c0183777_10395941.jpgc0183777_10401592.jpg
c0183777_10403422.jpgc0183777_1040519.jpg
c0183777_10411430.jpgc0183777_10413650.jpg
c0183777_10415034.jpgc0183777_10523435.jpg
c0183777_10421578.jpg
c0183777_1044335.jpg
2018年雲海ツアー開催時の雲海観賞率 6月50%、7月65%、8月45%、9月58%、10月44% ノンノ森ネイチャーセンター調べ
c0183777_10552015.jpgc0183777_10553539.jpg
c0183777_10555592.jpg
c0183777_10561534.jpgc0183777_1056324.jpg
「斜里「天国へ続く道」上り坂
c0183777_1118599.jpgc0183777_11203781.jpg
知床遊覧船  カムイワッカ湯の滝コース
c0183777_122186.jpgc0183777_1222141.jpg
                  プュニ岬                                   乙女の涙(フレペの滝)c0183777_123365.jpgc0183777_1231910.jpg
定置網
c0183777_12333431.jpg c0183777_1233533.jpg
                 五湖の断崖の硫黄                                    水晶岬c0183777_14151581.jpgc0183777_14153644.jpg
                雲で知床連山見えず                                  カムイワッカ湯の滝
c0183777_14175532.jpgc0183777_14183833.jpg
                 観音岩                                      知床灯台
c0183777_14203436.jpgc0183777_14205331.jpg
c0183777_1440586.jpgc0183777_14411690.jpg
ウトロ港から知床五湖
c0183777_14584915.jpgc0183777_14591083.jpg
                    亀岩                                        エゾシカc0183777_1504580.jpgc0183777_151335.jpg
                                           お弁当
c0183777_8444791.jpg
知床五湖・高架木道で一の湖
c0183777_15343536.jpgc0183777_15345620.jpg
c0183777_15353743.jpgc0183777_15355944.jpg
c0183777_15361329.jpgc0183777_15364174.jpg
オシンコシンの滝  戸川幸夫の「オホールク老人」の番屋の留守番役の村田彦市はくオシンコシン岬の双美滝下の番屋で生れた
c0183777_14453025.jpgc0183777_14455491.jpg
斜里「天に続く道」  国道334・244号線の全長約18kmの直線道路
c0183777_15282222.jpgc0183777_15291962.jpg
斜里から→さっつるランド道の駅
c0183777_1546064.jpgc0183777_15462745.jpg
川湯から阿寒
c0183777_15485799.jpgc0183777_15493019.jpg
阿寒町カムイの湯「ラビスタ阿寒川」
c0183777_15532292.jpg
c0183777_15541358.jpgc0183777_15542853.jpgc0183777_15544541.jpg
c0183777_1556199.jpgc0183777_15563942.jpgc0183777_15565824.jpg
c0183777_162077.jpgc0183777_1621917.jpgc0183777_1623642.jpg
c0183777_16113738.jpgc0183777_16122716.jpg
7月8日

8時38分ホテル出発→釧路湿原→10時20分~12時15塘路から細岡まで9kmを15人乗りのガイド同行カヌーで釧路川の川下り→14時半~15時20分ナチュラル オーベルジュ SoRa(ソラ) 屈斜路湖→16時20分~50分中標津「開陽台」→17時50分根室中標津空港発ー18時45分新千歳空港着のANA4886プロペラ機の登場した。新千歳空港からJRで20時半に」無事帰着した。
バス走行距離212km 歩行歩数8319歩

阿寒町カムイの湯「ラビスタ阿寒川」
c0183777_1834262.jpg
c0183777_18344943.jpgc0183777_1835265.jpg
阿寒から塘路に向けて釧路湿原を横断した、久しぶりに未舗装の砂利道を走った。c0183777_19432557.jpgc0183777_19434066.jpg
塘路ー細岡間(9km)、釧路室湿原カヌー体験
c0183777_19464155.jpgc0183777_1946553.jpg
                                                                 オシドリ雄c0183777_19471169.jpgc0183777_19473473.jpg
                    鴨                                          オジロワシc0183777_1952212.jpgc0183777_19524035.jpg
                オジロワシの飛び立ち                                 ノロッコ列車c0183777_19574059.jpgc0183777_19582463.jpg
c0183777_2001016.jpgc0183777_2004013.jpg
ナチュラル オーベルジュ SoRa(ソラ) 屈斜路湖
c0183777_20171947.jpgc0183777_20173739.jpg
c0183777_20175785.jpgc0183777_20181659.jpg
c0183777_20254068.jpgc0183777_2027946.jpg
中標津「開陽台」 去年6月は午前中で国後島の残雪が見えたが今回は時間が遅く、全く見えなかったc0183777_20104548.jpgc0183777_20105929.jpg
c0183777_20113588.jpgc0183777_20115249.jpg
根室中標津空港発ー新千歳空港
c0183777_20304445.jpgc0183777_2030585.jpg
c0183777_20311488.jpgc0183777_203129100.jpg
c0183777_20314573.jpgc0183777_20321154.jpg
c0183777_20451768.jpgc0183777_20404968.jpg
20時23分 月齢5.3 夕月 中潮
c0183777_2049856.jpg
15日からはバスで天に続く道、知床一湖、岩尾別ホテル地の果て宿泊
16日は羅臼港からクジラ・イルカウオッチングクルーズ、道の駅らうす、川湯温泉宿泊
17日に硫黄山、清里・さくらの滝を見て、夕方札幌に戻ります。
by hoshigarasu2 | 2019-07-10 17:14 | | Comments(0)

青の洞窟・窓岩・赤岩・オタモイを巡る80分のクルージング  0625

出港
c0183777_17223589.jpgc0183777_17224840.jpgc0183777_1723010.jpg
鰊御殿・日和山・祝津
c0183777_17255894.jpgc0183777_17261469.jpgc0183777_17262632.jpg
トド岩
c0183777_17505783.jpgc0183777_1751936.jpgc0183777_17512288.jpg
                          赤岩の窓岩                                     チャラセナイの滝
c0183777_17291783.jpgc0183777_17323119.jpgc0183777_1730799.jpg
竜宮閣跡「白蛇辨財天洞」
c0183777_17351393.jpgc0183777_17352670.jpgc0183777_1735389.jpg
ツルカケ岩
c0183777_17365581.jpgc0183777_17374294.jpgc0183777_17375996.jpg
窓岩
c0183777_17392867.jpgc0183777_17394261.jpgc0183777_4522343.jpg
                                                                  窓岩の裏側の塩谷町方向を望む
c0183777_17401091.jpgc0183777_17404354.jpgc0183777_5233665.jpg
青の洞窟
c0183777_17445443.jpgc0183777_1745635.jpgc0183777_1745196.jpg
c0183777_17453496.jpgc0183777_17455062.jpgc0183777_1746483.jpg
帰港
c0183777_17473715.jpgc0183777_17475295.jpgc0183777_1748764.jpg





by hoshigarasu2 | 2019-06-26 17:23 | | Comments(0)

越前・若狭・丹後を横断! 絶景・美食コレクション  790kmドライブ  06/13~15

6月13日  10:09 中部国際空港着陸26分前 JL3100便から
c0183777_627272.jpg
永平寺  福井県永平寺町にある曹洞宗の大本山、700年以上ある歴史と伝統を受け継いでいる禅の道場です(永平寺のホームページ)
c0183777_631391.jpgc0183777_6311865.jpgc0183777_6313114.jpg
c0183777_6314882.jpgc0183777_632715.jpgc0183777_6323133.jpg
c0183777_6324973.jpgc0183777_6331429.jpgc0183777_6333017.jpg
c0183777_633485.jpgc0183777_6341235.jpgc0183777_6343441.jpg
c0183777_6453484.jpgc0183777_6454879.jpgc0183777_646417.jpg
c0183777_6462362.jpgc0183777_6464033.jpgc0183777_6465829.jpg
c0183777_6471640.jpgc0183777_6473341.jpgc0183777_648168.jpg
c0183777_71506.jpgc0183777_721383.jpgc0183777_722867.jpg
c0183777_724995.jpgc0183777_71103.jpgc0183777_732290.jpg
c0183777_7123282.jpgc0183777_7125319.jpgc0183777_713893.jpg
c0183777_713245.jpgc0183777_7133920.jpgc0183777_714021.jpg
三国湊
c0183777_730059.jpgc0183777_7303489.jpgc0183777_7304819.jpg

c0183777_7311128.jpgc0183777_7315159.jpgc0183777_7322645.jpg
c0183777_7354938.jpgc0183777_736818.jpgc0183777_7363437.jpg
                                                                   月齢 9.7  宵月  小潮c0183777_7371142.jpg
c0183777_7365666.jpgc0183777_7374173.jpg
東尋坊温泉 三国観光ホテル
c0183777_7513924.jpgc0183777_7521133.jpgc0183777_7515419.jpg
19時15分 三国観光ホテルの6階からイカ漁漁火・夕焼け 、19時13分の落日には間に合わなかった。
c0183777_7232338.jpgc0183777_7225515.jpgc0183777_723739.jpg
6月14日               4時33分                                      4時41分
c0183777_8564489.jpg    c0183777_857016.jpg
                   4時44分                                         4時56分c0183777_8574315.jpg
c0183777_8581211.jpg
東尋坊
c0183777_8462029.jpgc0183777_8463779.jpgc0183777_847339.jpg
c0183777_8592843.jpgc0183777_8595535.jpgc0183777_901538.jpg
若狭名物のへしこ(さばに塩を振って塩漬けにし、さらに糠漬けにし水産加工品)半身を870円を土産に買った。お茶漬けの具に最高!c0183777_911226.jpgc0183777_912953.jpgc0183777_915095.jpg
日本3大松原の一つ「福井県敦賀市の気比の松原」  他は静岡県静岡市清水区(旧清水市)の三保の松原、福井佐賀県唐津市の虹の松原
c0183777_9333928.jpgc0183777_934531.jpgc0183777_9342269.jpg
c0183777_9343786.jpgc0183777_9345248.jpgc0183777_935104.jpg
三方五湖レインボーライン
c0183777_9421915.jpgc0183777_9424232.jpgc0183777_9425577.jpg
c0183777_943887.jpgc0183777_9432297.jpgc0183777_9433422.jpg
c0183777_9435415.jpgc0183777_944927.jpgc0183777_944297.jpg
とろさば料理専門店SABAR(サバー) 小浜市田烏の酔っ払いサバ 
「鯖街道」起点の小浜市で京都松井酒造の酒粕を餌に混ぜて鯖を養殖、酒粕で身に甘味が付き、脂身が出てとろける食感が出る、養殖独特の生臭さが中和される、養殖で寄生虫が付き難い等の効能がある。
c0183777_9542192.jpgc0183777_9544143.jpgc0183777_9545237.jpg
小浜 国宝 明通寺 806年征夷大将軍坂上田村麻呂創建。 国宝指定の本堂・三重塔をはじめ、重文の仏像など数多くの寺宝を擁する古刹。
c0183777_10473028.jpgc0183777_10474122.jpgc0183777_10475489.jpg
c0183777_1048974.jpgc0183777_10482815.jpgc0183777_10484783.jpg
海上自衛隊舞鶴基地   AOE-425「ましゅう」補給艦 13500t                        AMS-4301多用途支援艦ひうち
c0183777_10592150.jpgc0183777_10595660.jpgc0183777_111455.jpg
赤レンガパーク  1901年の旧海軍舞鶴鎮守府の開庁以降、明治期から大正期にかけて建設された赤れんが建造物が数多く残っています。c0183777_1193878.jpgc0183777_1195325.jpgc0183777_1110557.jpg
宮津温泉ホテルリゾート京都宮津 
c0183777_11205044.jpgc0183777_11211384.jpgc0183777_11213059.jpg
6月15日        宮津温泉ホテルリゾート京都宮津から天橋立                                 朝食
c0183777_11455383.jpgc0183777_11463954.jpgc0183777_1135138.jpg
伊根の舟屋  去年3月訪問時と大違い、大声でカモメへの餌付けをする中国人グループのお蔭で楽しめなかった。
c0183777_1231385.jpgc0183777_1233781.jpgc0183777_1235445.jpg
c0183777_124724.jpgc0183777_1284190.jpgc0183777_1291430.jpg
c0183777_1293021.jpgc0183777_1294638.jpgc0183777_1210244.jpg
c0183777_12104459.jpgc0183777_1211540.jpgc0183777_12333786.jpg
籠(こ)の神社
c0183777_12375786.jpgc0183777_1238975.jpgc0183777_12382791.jpg
c0183777_12384347.jpgc0183777_1239149.jpgc0183777_12392254.jpg
天橋立傘松公園
c0183777_12423686.jpgc0183777_12482028.jpgc0183777_1243411.jpg
c0183777_1245554.jpgc0183777_1245202.jpgc0183777_12454651.jpg
                                       京野菜せいろ蒸しご膳
c0183777_12511698.jpg
天橋立 知恩寺
c0183777_12563961.jpgc0183777_12565269.jpgc0183777_1257438.jpg
c0183777_12571880.jpgc0183777_1257341.jpgc0183777_12574913.jpg
天橋立
c0183777_1312292.jpgc0183777_1313710.jpgc0183777_1315455.jpg
c0183777_132528.jpgc0183777_133134.jpgc0183777_1322192.jpg
ビューランド飛龍観-龍が天に昇るように見える
c0183777_1333425.jpgc0183777_1324039.jpgc0183777_1335330.jpg
廻船橋
c0183777_13201015.jpgc0183777_13202325.jpgc0183777_13203367.jpg
c0183777_13204879.jpgc0183777_1321167.jpgc0183777_13211896.jpg
c0183777_1321401.jpgc0183777_13215632.jpgc0183777_13221212.jpg
c0183777_13222527.jpgc0183777_13224392.jpgc0183777_1323056.jpg
高速道の動物注意標識
c0183777_13262416.jpgc0183777_13272977.jpgc0183777_13274442.jpg

最終日6月15日の天気予報は雨だったが幸い曇りで済み、風が強かったが傘松公園からの天橋立を見ることができた。
伊丹空港近くでは青空も覗きだしたが上空は大荒れのようで飛行機の離着陸予定が乱れていた。
この為、伊丹ー羽田ー新千歳空港航空便は乱れ、1時間遅れ、23時過ぎでの帰宅となった。
2018年3月天橋立・伊根・出石1泊2日ツアー

by hoshigarasu2 | 2019-06-19 13:23 | | Comments(0)

北海道空知地区美唄へSSNバスツアー   0508

美唄 宮島沼
10時過ぎ、小雨の中到着、1000羽弱のマガンが残っているそうだが到着時には餌取りに飛び立ち、見えたのはオオハクチョウ3羽と1羽のマガンだけ、遥か先の木にオジロワシの幼鳥が1羽見えた。
c0183777_751209.jpg
c0183777_75245.jpg
美唄 東明公園桜並木  小雨の11時半から晴れた13時半 ウグイスのいろんな鳴き声が方々から聞こえてきた。
c0183777_844848.jpg
c0183777_8422076.jpg
c0183777_8455843.jpg
c0183777_8463157.jpg
c0183777_8464630.jpg
アルテピアッツア美唄(元小学校校庭・校舎に美唄出身の彫刻家安田侃作品展示)  13時半から14時半 
c0183777_8512772.jpg
 
c0183777_8514052.jpg
c0183777_8515080.jpg
c0183777_852420.jpg
c0183777_8521538.jpg
帰途、三笠の道の駅で絹豆腐、納豆入り油揚げ、アサヅキ、わらびを購入した。

おまけ
4月20日(土)16時半から1時間半ほど撮影、風が冷たく、身体が芯から冷え切ってしまいそうだった。
ねぐら入り数 65,000羽 ねぐら入り時刻 17:20頃~  ハクチョウ飛来数  約1,000羽 
c0183777_1824556.jpgc0183777_1825668.jpgc0183777_18251788.jpg

c0183777_1827276.jpgc0183777_18272192.jpgc0183777_18322415.jpg

by hoshigarasu2 | 2019-05-09 07:54 | | Comments(0)

空知(そらち)の魅力をたっぷり楽しんだ一日   0420

11時から30分 当別・道の駅 北欧の風とうべつ 生パスタを買った。
c0183777_17124193.jpgc0183777_17131292.jpgc0183777_17132429.jpg
c0183777_17154292.jpg
石狩当別からJR札沼線(北海道医療大学ー新十津川)の浦臼までに乗る。
c0183777_1724753.jpg
c0183777_17272476.jpgc0183777_1727373.jpgc0183777_17275585.jpgc0183777_17305617.jpgc0183777_173174.jpgc0183777_17311773.jpg
c0183777_1732452.jpgc0183777_17325925.jpgc0183777_17331499.jpg
13時から 浦臼温泉保養センたー「レストランつるぬま」で”神内和牛あか”の牛丼
c0183777_1737572.jpg
エゾエンゴサクとカタクリ
c0183777_17422874.jpgc0183777_17424135.jpgc0183777_1743652.jpg
JR新十津川駅(日本一終列車が早く発車する駅-2020年5月7日に北海道医療大学駅ー新十津川駅間の46.6kmの廃止が発表さされた)、開拓成功を祝って醸された清酒「金滴」は今でも頑張っている。
1889年に起きた奈良県吉野郡十津川村での十津川大水害の被災民がトック原野に入植し新十津川村と称した。
この縁で十津川村を「母村」と呼んで同じ町(村)章を用いるなど交流があり、2017年8月には正式に連携協定を結んだ。
c0183777_19401181.jpgc0183777_19405515.jpgc0183777_19411340.jpg
滝川美術自然史館  滝川で出土した「海獣」他と滝川出身の岩橋永遠画伯の代表作「道産子追憶之巻」を鑑賞した。
c0183777_17592159.jpgc0183777_17594096.jpgc0183777_17595374.jpg
安田侃彫刻美術館アルテピアッッツア美唄
c0183777_1894065.jpgc0183777_1895241.jpgc0183777_1810519.jpg
c0183777_18101945.jpgc0183777_18103258.jpgc0183777_18104797.jpg
c0183777_181136.jpgc0183777_18111738.jpgc0183777_18114199.jpg
宮島沼<飛来状況>MIYALOG ~ミヤトモの活動&最新自然情報~
◆2019年4月20日(土) ねぐら入り数 65,000羽 ねぐら入り時刻 17:20頃~  風が冷たく、身体が芯から冷え切ってしまいそうだった。
ハクチョウ飛来数  約1,000羽(※4月19日05:00現在) 
c0183777_1824556.jpgc0183777_1825668.jpgc0183777_18251788.jpg

c0183777_1827276.jpgc0183777_18272192.jpgc0183777_18322415.jpg
月齢14.8   十六夜   大潮
c0183777_21135083.jpg

by hoshigarasu2 | 2019-04-21 17:16 | | Comments(0)

さるふつで海の幸を堪能i,早春の宗谷・稚内を巡る830kmの旅  04/12~13

4月12日 札幌8時→砂川SA→留萌黄金岬→増毛国稀酒造→遠別道の駅富士見→さるふつ公園17時 バス走行距離407km

札幌北口→砂川
c0183777_20404261.jpg
c0183777_20418100.jpg
c0183777_20411940.jpg
c0183777_20413813.jpg
深川留萌自動車道→留萌黄金岬
c0183777_20504193.jpg
c0183777_20505146.jpg
c0183777_2051155.jpg
c0183777_20511397.jpg
c0183777_2051253.jpg
c0183777_20514613.jpg
c0183777_20515842.jpg
c0183777_20521071.jpg
増毛 国稀酒造他
c0183777_20544486.jpg
c0183777_20545583.jpg
c0183777_20551151.jpg
c0183777_20552638.jpg
旧JR増毛駅
c0183777_20554210.jpg
c0183777_20562470.jpg
c0183777_2057282.jpg
c0183777_205719100.jpg
旧増毛駅旅館・食堂
c0183777_2057397.jpg
本間商店
c0183777_20583994.jpg
→遠別道の駅「富士見」
c0183777_212224.jpg
c0183777_212331.jpg
c0183777_2131565.jpg
c0183777_2124492.jpg
利尻富士
c0183777_212569.jpg
c0183777_2133392.jpg
→道の駅さるふつ公園
c0183777_2162724.jpg
c0183777_2164195.jpg
c0183777_2165226.jpg
c0183777_21789.jpg
c0183777_2172320.jpg
ホテルさるふつ    猿払産タグ付タラバ蟹1杯、オホールク産ズワイガニ半身・タラバガニむき身、肉厚猿払産天然ホタテ、稚内和牛焼の和食膳
c0183777_2181498.jpg
                                       月齢 6.8 宵月  中潮
c0183777_21133162.jpg
4月13日  さつふつ08:30→宗谷岬→稚内駅→ノシャップ岬→初山別→おびら道の駅→砂川PA→札幌17:15    バス走行距離420km

4時50分
c0183777_5362364.jpg
4時52分 宿泊したホテルさるふつ 3fから
c0183777_5365173.jpg
5時14分
c0183777_5371929.jpg
5時20分
c0183777_5502111.jpg
5時22分
c0183777_5504453.jpg
5時27分
c0183777_5511130.jpg
7時  イクラ付和食膳と稚内牛乳
c0183777_5522482.jpg
宗谷岬
c0183777_602431.jpg
c0183777_603477.jpg
c0183777_604445.jpg
c0183777_605452.jpg
c0183777_61717.jpg
c0183777_6101090.jpg
宗谷岬→稚内
c0183777_6125062.jpg
c0183777_6132839.jpg
c0183777_6133874.jpg
稚内空港
c0183777_6195352.jpg
稚内北防波堤
樺太へと渡る人々で賑った頃のシンボルでもあり、古代ローマ建築物を思わせる太い円柱となだらかな曲線を描いた回廊は、世界でも類のない建築物として内外の注目をあびています。
半世紀を経て老朽化が著しかったため、昭和53年から3年間、全面的に改修工事が行われ、昭和55年にその独特の景観がよみがえり、高さ13.6m、柱の内側から壁までが8m、総延長427m、柱の総数70本、半アーチ式の構造形式です。2001年に北海道遺産に指定されています。
c0183777_6215877.jpg
c0183777_6221092.jpg
c0183777_6222354.jpg
稚内駅・道の駅
c0183777_6254422.jpgc0183777_6255916.jpg
c0183777_6324134.jpg
c0183777_633051.jpg
c0183777_648456.jpg
稚内牛乳アイスクリーム   宗谷の塩
c0183777_6345173.jpg
c0183777_6535226.jpg
ノシャップ岬  昔の米空軍レーダーサイトを引き継いで、現在は航空自衛隊第18警戒隊のレーダーサイトとなっている。
c0183777_6431092.jpg
c0183777_6432024.jpg
→道の駅 ロマン街道「しょさんべつ」
c0183777_718610.jpg
c0183777_7181984.jpg
c0183777_7183458.jpg
c0183777_7184487.jpg

c0183777_7185799.jpg
羽幌
c0183777_7214262.jpg
天売島   焼尻島
c0183777_7232745.jpg
→道の駅 おびら鰊番屋
c0183777_7392371.jpg
c0183777_7393855.jpg
c0183777_7403347.jpg
c0183777_7413899.jpg
c0183777_7433730.jpg
c0183777_743547.jpg
深川・留萌自動車道
c0183777_7481662.jpg
c0183777_7482959.jpg
c0183777_7483612.jpg
c0183777_7484636.jpg
c0183777_7485897.jpg
札幌  17時 
c0183777_7503048.jpg
                                 上弦  月齢月齢7.8  九夜月  小潮
c0183777_752925.jpg

by hoshigarasu2 | 2019-04-14 20:42 | | Comments(0)

ロンドンの娘婿から貰ったビール  20190220

c0183777_19422261.jpgc0183777_19423786.jpgc0183777_1942573.jpg久しぶりの渡英時に娘婿がくれたロンドン周辺のビール10種の一つである。

ペールエール (Pale ale) は、淡い色の大麦麦芽を使用して醸造する、イギリス発祥の金色〜銅色のビール。
ホップやモルトの豊かな香りが特徴。。アルコール度数は 3% から 4% 以上で、最高でバーレーワインの 12% である。
イギリスの伝統的なスタイルだが、アメリカに渡ってホップの華やかな香りがするアメリカンペールエールが誕生し、世界的に人気となった。
このビールは初めて飲んだが飲みごたえのある、濃厚ビールで美味しかった。

今日は満月、期待してベランダに出たが雲に覆われ、月影は全く見えない。
藻岩スキー場(左)と宮の森と大倉シャンツエの明り(右)を撮った。
c0183777_200261.jpgc0183777_2002186.jpg
by hoshigarasu2 | 2019-02-20 19:44 | | Comments(0)

札幌から新函館北斗経由青森への娘看病往復旅行 01/06~01/08

01/06   食ほぼ最大時の部分日食 10時12分 函館への特急スーパー北斗6号 登別付近の車窓から   ISO200 F22 1/8000秒 
c0183777_11472459.jpg
     新青森駅のねぶた祭のねぶた
c0183777_129286.jpgc0183777_1294779.jpg
c0183777_12102494.jpgc0183777_1210424.jpg
     遮光器土偶(1886年青森県亀ヶ岡遺跡出土)の青森駅前アーケードに設置されていたレプリカ
c0183777_12182988.jpg
      大雪にはしゃぐ孫  21時の気温-1.3℃  西の風-4.8m/s  積雪深60cm
c0183777_12202258.jpgc0183777_12203434.jpg
01/07   青森サンルートホテル11階のレストランで7時に朝食バイキング
c0183777_1391095.jpgc0183777_131062.jpg
      7時の気温-2.6℃  南西の風4.6.7m/s 積雪深62cm
c0183777_13103656.jpg
01/08  6時半に青森駅で青森―札幌の北海道新幹線・札幌へのスーパアー北斗17号の乗車券・座席指定券を購入c0183777_13355574.jpgc0183777_13361995.jpg
    7時のNHKニュースから
c0183777_13553665.jpgc0183777_1425278.jpg
c0183777_13473771.jpg
    7時に11階のレストランでバイキング朝食
c0183777_14231195.jpgc0183777_14232360.jpg
    09:30~11:45 ロンドンでスケートスクートに通いだした上の孫の希望で青森県立スケートへ行ってきた。c0183777_14345052.jpgc0183777_1435539.jpg
    14:20  青森駅前で津軽蕎麦(つなぎに大豆をすりつぶした呉汁を使うのが特徴の青森津軽の郷土料理蕎麦)を食べた
c0183777_14431724.jpgc0183777_1443326.jpg
      新青森15:31発のはやぶさ21号で新函館北斗へ、スーパー北斗19号に乗り換え、20時33分に札幌に帰着した。
c0183777_1515112.jpg
8時の札幌気温-3.3℃  西北西の風3.4m/s 積雪深62cm

ロンドンで治療を受けている娘はセカンドオピニオン聴取の為、この年2回目の来日、12月27日、今回は一家4人で里帰りもしてくれた。
昨年7月以来の里帰りで娘一家は久しぶりに大晦日、正月を我が家で迎えることができた。

29日、娘が背中の痛みでタクシーで月当番Sクリニックの診断を受けたが問診票を渡されるまで45分、免疫力が衰えているガン患者と記入したのに特別扱いはなく他の患者と一緒に待合室で待たされること2時間。
血液。血圧の検査も聴診もない、熱とインフルエンザの検査だけ。
イギリスから持参した説明書付の痛み止めを見せても「英語だから分かりません」と言われたらしい。

年明けの2日に函館・青森・花巻・仙台経由で東京へバス旅行、12日に英国へ帰国の予定で札幌を出発したが初日の函館で痛みがひどくな、函館観光を取りやめ、JR北海道新幹線で青森のホテルに辿りつき、救急車で青森市民病院ヘ入院して、札幌の当番緊急医Sクリニックとは全く違う行き届いた治療を受けた。
念のために今回札幌で加入した国民健康保険・高額医療制度の適用を受けられそうなのが幸いである。

昔、娘の高校時代の同級生の妹で娘の英国の家に一時滞在したことのある方が東京から急遽掛けつけて頂き、東京・ロンドンへの娘の搬送方法、手続きを調べてくれ、青森市民病院・今回の主治医・英国大使館・エールフランスの協力で12日の帰国ができる見込みがたった。
孫達も娘の高校時代の旧友が東京駅まで出迎え、羽田空港で帰国手続き等をして頂き、お蔭で二人だけで何とかロンドンへ戻り、通学ができるようになった。

最悪の事態が避けれてそうでご援助いただいた多くの方々に篤く、お礼を申し上げます。

札幌の当番医を管轄する保健所からSクリニックから今度はどんな事情があっても問診・検診を確実に行うと院内反省会で決めたと小生のクレームへの返事として、電話があった。
言葉だけでなく、確実に実行して欲しいものだ。
by hoshigarasu2 | 2019-01-09 12:03 |

金シャチ横丁・なばなの里・嵐山・下鴨神社・哲学の道・永観堂・南禅寺・祗園・香嵐渓 12/4-6

12/4   新千歳―中部国際空港
c0183777_1691897.jpg
c0183777_169826.jpg
c0183777_1692810.jpg
      大津SA屋上から琵琶湖
c0183777_16125694.jpg
c0183777_16131369.jpg
c0183777_1613453.jpg
       名古屋金シャチ横丁
c0183777_16243039.jpg
c0183777_16244188.jpg
c0183777_16245069.jpg
c0183777_1625313.jpg
c0183777_16253111.jpgc0183777_16254184.jpg
       なばなの里(三重県桑名市長島町駒江)
c0183777_17213038.jpg
c0183777_17214169.jpg
c0183777_17214821.jpg
c0183777_17215797.jpg
c0183777_1722883.jpg
c0183777_17222082.jpg
c0183777_1722428.jpg
c0183777_17234946.jpg
c0183777_17235881.jpg
c0183777_1724880.jpg
c0183777_17242287.jpg
c0183777_17243394.jpg
c0183777_1724436.jpg
c0183777_17245428.jpg
c0183777_17354454.jpg
c0183777_17251881.jpg
c0183777_17253097.jpg
12/5   嵐山 渡月橋
c0183777_1743976.jpg
c0183777_18174392.jpg
c0183777_17432282.jpg
c0183777_1743409.jpg
c0183777_18175823.jpg
       嵯峨野観光鉄道: トロッコ列車をJR山陰本線嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」ホームから撮った。
c0183777_6441729.jpg
c0183777_6443195.jpg
c0183777_6445185.jpg
c0183777_645279.jpg
         天龍寺
c0183777_6492733.jpg
c0183777_6493615.jpg
c0183777_6495127.jpg
c0183777_6501019.jpg
        弘源寺
c0183777_6521011.jpg
c0183777_6522223.jpg
c0183777_6523799.jpg
c0183777_6525097.jpg
c0183777_653680.jpg
         寶厳院
c0183777_6551390.jpg
c0183777_6584355.jpg
c0183777_6553951.jpg
c0183777_6555284.jpg
c0183777_656720.jpg
         下鴨神社
c0183777_718488.jpg
c0183777_7185797.jpg
c0183777_7191794.jpg
c0183777_719283.jpg
c0183777_7194242.jpg
        哲学の道
c0183777_721569.jpg
c0183777_848259.jpg
c0183777_7212193.jpg
         永観堂 禅林寺    画仙堂の関口雄揮画伯の「浄土変相図」(平成20年11月に札幌常盤の画伯の美術館で見た須弥壇を飾る
                       旭岳をモチーフにした「浄土の霊峰」を含む)を特別寺宝展が12/2日終了で見られず、残念!                                           
c0183777_7243331.jpg
c0183777_724441.jpg
c0183777_725922.jpg
c0183777_7252137.jpg
c0183777_7253027.jpg
c0183777_7254477.jpg
c0183777_7255732.jpg
c0183777_726987.jpg
c0183777_7262152.jpg
c0183777_726328.jpg
c0183777_7264334.jpg
           南禅寺
c0183777_8411644.jpg
c0183777_8412866.jpg
c0183777_8413953.jpg
c0183777_842156.jpg
c0183777_8421417.jpg
c0183777_8423241.jpg
c0183777_842454.jpg
c0183777_8425686.jpg
           八坂神社
c0183777_8473164.jpg
c0183777_8474090.jpg
c0183777_8475248.jpg
c0183777_848248.jpg
c0183777_848147.jpg
            祗園 一力亭
c0183777_851139.jpg
c0183777_8511320.jpg
c0183777_8512542.jpg
           祗園円山 かがり火
c0183777_901016.jpg
c0183777_901958.jpg
c0183777_12594273.jpg
12/6   岐阜羽島ー足助   
c0183777_963567.jpg
c0183777_965562.jpg
c0183777_97546.jpg
木曾川
c0183777_971570.jpg
c0183777_972455.jpg
            香嵐渓
c0183777_9211031.jpg
c0183777_919214.jpg
c0183777_9191630.jpg
c0183777_9192612.jpg
c0183777_9193656.jpg
c0183777_9194618.jpg
c0183777_919569.jpg
c0183777_920574.jpg
c0183777_9202611.jpg
c0183777_9203897.jpg
c0183777_9204914.jpg
c0183777_920588.jpg
紅葉の名残を訪ねた3日間、冬霧・快晴・土砂降りの中、歩きに歩いて今年最高の5万歩、各地で景観を堪能したが足腰は疲れ果てた。
by hoshigarasu2 | 2018-12-09 09:40 |


極私的写真日記帳


by hoshigarasu2

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る