カテゴリ:鳥( 36 )

零下20度越えの朝

2月5日①零下27度
前夜の10時に出発したバスはまだ真っ暗な5日早朝4時に鶴居村に無事着いた。
道路脇の表示に零下25度とあったが撮影場所は零下27度だったそうだ。
混まない内にと同行の河野 誠フォトジャーナリストの指示で雪裡川音羽橋歩道橋に三脚だけを立てて、6時までバスで待機した。
結露対策の注意があった。
ここは丹頂のねぐらが見られる名所で全国から撮影マニアが押しかけるそうだ。
6時過ぎに歩道橋に行ったらなるほどすごい数のカメラマンで三脚での場所取が役にたった。6:38
c0183777_13542093.jpg
6:54
c0183777_1355147.jpg
7:11
c0183777_1356118.jpg
c0183777_1982661.jpg
手袋をダブルで着け、時々ポケットのホカロンで温めるが効果なし、1時間でバスに戻った。
暫く感覚が戻らず、その内痛くなってきた。
幸いシャッターは下りたがバッテリーの性能が落ち、途中バスに戻り、予備に取り替えた。
by hoshigarasu2 | 2010-02-07 15:34 |

三笠の父なしフクロウ 090615

皆さんの素晴らしい映像に刺激されて、初めて三笠に行ってきました。
大砲を構えたベテランの方からフクロウのとまっている枝を教えてもらうのから始めました。
小生のような超初心者には撮るのも難しいがフクロウを探すのがもっと大変でした。
未亡人母鳥に守られて4羽の雛鳥は元気に育ち、極まれに羽ばたき練習をする固体もありました。
はじめのが仲の良い雛鳥、2枚目が未亡人母鳥です。
c0183777_15375799.jpg
c0183777_15381982.jpg
何年も通っているが初めての素晴らしい映像が撮れたとおっしゃる先達さん達の影像を見せて頂きました。
朝5時半未亡人母鳥がネズミを獲ってきて、雛鳥4羽に小分けして与えだしたそうです。
5羽が一枚の影像に見事に収まっていました。
この給餌は1時間ほど続いたそうで、小生が現場に到着する少し前に終わったようです。
次回は4時半には家を出て、再挑戦したいと思います。
by hoshigarasu2 | 2009-06-15 15:47 |

増毛方面への260kmのドライブ④海鳥 090610

白銀の滝の海岸で撮った。
952mm相当のコンバージョンレンズを付けて撮りました。
c0183777_744437.jpg
c0183777_7445612.jpg

c0183777_749829.jpg

by hoshigarasu2 | 2009-06-11 07:49 |

アオサギ3態 090531

ママ遅いな
c0183777_19385869.jpg
もっと頂戴よ、ねえ、ママ
c0183777_19393516.jpg
もっと食べさせてやらなくちゃ、忙しい忙しい
c0183777_1940787.jpg
       
by hoshigarasu2 | 2009-05-31 19:47 |

お口をアーン 090528

五戸の森のアオサギは食欲旺盛、親とあまり変わらないサイズに育ってきた。
c0183777_15253767.jpg

by hoshigarasu2 | 2009-05-28 15:27 |

宮島沼早朝 090403

暗い4時に家を出て、走行1時間で、まだ夜が明けきれない狭い月形大橋鉄橋に到着した。
突然宮島沼方向から沸くように飛び立ったマガンの大群の風きり音が聞こえ、空をおおった。
数分走って車を停め、カメラを構えたがあれほどの飛翔はその後は見られなかった、残念!
無風状態だったが岸辺には薄氷が張り、指を暖めながらの小1時間の撮影だった。
固体観察をしていた宮島沼学芸委員の話では現在のマガン数は2万羽、4月末か5月初めには
全数がシベリヤ方向に飛び去るそうだ。
c0183777_15401694.jpg

c0183777_15402894.jpg
c0183777_15404956.jpg

by hoshigarasu2 | 2009-04-03 15:56 |


極私的写真日記帳


by hoshigarasu2

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31