オダマキⅡ 090502

        ベランダのオダマキ第二号の蕾が膨らんできました。
        日差しが柔らかな朝6時過ぎに撮りました。
c0183777_773965.jpg
c0183777_7815.jpg

# by hoshigarasu2 | 2009-05-02 07:09 |

雨・雪・おまけが桜 090425~27

苫小牧ー秋田ー角館ー弘前ー五所川原ー青森ー函館ー森を巡る、2泊3日のツアーに参加した。
17:45に苫小牧港を出たフェリーは幸いそれほどの揺れもなく、翌朝雨の秋田港に着いた。
船内のTVで札幌の時ならぬ雪模様を見て、気の毒にと思っていた。
まさかこの後、自分達も雪害に襲われるとはその時は想像もしていなかった。
高速道が途中から通行止め、青森からのフェリーは欠航、森のオニウシ公園はクローズだった。
それでも雪景色の中の桜・五所川原の22mもの立佞武多(たちねぶた)を見物し、津軽三味線実演を聞くことができた。
数年前の3月、阿蘇草千里と長崎でも雪に見舞われたのを思い出した。

苫小牧ー秋田
c0183777_1243570.jpg
角館
c0183777_1261550.jpg
弘前城
c0183777_1294899.jpg
五所川原
c0183777_12115851.jpg
c0183777_12121545.jpg
函館
c0183777_12131774.jpg
c0183777_1215591.jpg

# by hoshigarasu2 | 2009-04-28 10:26 |

       ミヤマオダマキ 090424

        2000年6月「礼文花祭り」で礼文島のフェリー乗り場で求めた「ミヤマオダマキ」、その後実生を重ねた
        何代目かが今年も咲いた。
        一時夢中になっていろんな品種を育てたが今残っているのは安いオダマキだけだ。
        丈夫だから安い、弱いから高い、「理」に適っていると思う。
        良かったら、自分が育てた「オダマキ」をご笑覧ください。 
       
        
        今朝7時
c0183777_19522290.jpg
        今晩7時
c0183777_2104937.jpg

# by hoshigarasu2 | 2009-04-24 19:55 |

定山渓鯉のぼり 090419(日)

穏やかなポカポカ陽気になったので遅ればせながら定山渓の鯉のぼりを見てきた。
適当に風があり、鯉が元気に舞い泳いでした.
標高は藻岩山と同じくらいと聞いたことがあるが野生の花はフキノトウ位しか見つからなかった。
c0183777_193363.jpg
c0183777_19332073.jpg
c0183777_19334025.jpg

# by hoshigarasu2 | 2009-04-19 19:53 | 風景

       星置緑地 090413

        4/13の6時に家をでて、札幌北方向へ30分走り、3年ぶりに星置緑地を訪ねた。
        昔に比べ、更に水量が減り、遂に水芭蕉以外の花は殆ど消えていた。
        周りの家並みに変化はないようだが何が原因だろうか、地球温暖化?かな。
        円形の映像はテレコンバータで撮りました。
c0183777_166695.jpg
c0183777_1663245.jpg

c0183777_1665737.jpg
c0183777_167887.jpg

# by hoshigarasu2 | 2009-04-13 10:36 |

「地咲き花」撮影第一号 090408

快晴続きで、最後まで日陰に残っていた雪も消えた。
地物の撮影開始は今年もクロッカスである。
去年に引き続き、ご近所の庭で撮らせていただいた。
c0183777_11251022.jpg
c0183777_11255624.jpg

# by hoshigarasu2 | 2009-04-08 11:27 |

宮島沼早朝 090403

暗い4時に家を出て、走行1時間で、まだ夜が明けきれない狭い月形大橋鉄橋に到着した。
突然宮島沼方向から沸くように飛び立ったマガンの大群の風きり音が聞こえ、空をおおった。
数分走って車を停め、カメラを構えたがあれほどの飛翔はその後は見られなかった、残念!
無風状態だったが岸辺には薄氷が張り、指を暖めながらの小1時間の撮影だった。
固体観察をしていた宮島沼学芸委員の話では現在のマガン数は2万羽、4月末か5月初めには
全数がシベリヤ方向に飛び去るそうだ。
c0183777_15401694.jpg

c0183777_15402894.jpg
c0183777_15404956.jpg

# by hoshigarasu2 | 2009-04-03 15:56

春は名のみの風の寒さよ 090321

抜けるような青空に誘われて、小樽祝津へ遠征してきた。
10時前だったので海を隔てた積丹や留萌方面がくっくりと見えた、ラッキー。
足元では殆ど消えた雪が周囲の山々にはまだたっぷり残っていた。
そこから吹き降ろす風は冷たく、指がかじかんで往生した。
何十年ぶりのニシン群来で思わぬ御馳走にあずかったカモメ大群が頭上を通過した。
昼食をしたホテルには漁師さんからニシンをメニューに加えてとの依頼があったそうだ。
c0183777_21255174.jpg
c0183777_2127130.jpg
c0183777_21273286.jpg

c0183777_5422381.jpg

# by hoshigarasu2 | 2009-03-21 21:31 | 風景

思い出の品々 090316

「わし等は使ってもらうために作ったんだ、飾る為じゃない」職人さん達の文句が聞こる。
窯の名前はでてくるがパターン名忘れが多い、我ながら情けない。
あれから30年余り、あのウエッジウッドも遂に倒産した、景気に底なしが身にしみる。
最後の「ベルリンの壁のかけら」、残ったのはこれ一つになってしまった。
多くの悲劇を生んだ東西を隔てたコンクリートの壁、開放の時、嬉々とハンマーを振るって壊していた多くの人々の様が忘れられない。
c0183777_2013937.jpg
c0183777_2014952.jpg
c0183777_2015885.jpg
c0183777_202995.jpg

# by hoshigarasu2 | 2009-03-16 10:02

小樽雪あかりの路最終日

2月15日、「小樽の寿司が格安で食べられる」と聞き、お邪魔してきた。
小樽シニアネット(OSS)の方々が今年も雪像を作られたが期間中は晴・曇・雪・雨と目まぐるしく変化し、最終日も前夜の無情の雨で壊滅状態から観客が来る前に再生されたそうだ。
夜景がきれいになる5時過ぎから猛吹雪になり、定番の浅草橋での撮影を打ち切り、寿司屋通りに場所を変えてOSSの皆さんの労作に敬意を表した。
そのあと老舗寿司屋で3000円余りで海鮮鍋・目の前で握ってくれた生寿司、生ビール・熱燗、OSS会員さん差し入れのニシン漬けなどを腹一杯頂戴できた、小樽大好き!。
撮影中は指もかじかんだがOSSの皆さんの心意気で途中から汗ばんできた、有難うございました。
c0183777_2074762.jpg
c0183777_2075947.jpg

c0183777_2082537.jpg

# by hoshigarasu2 | 2009-02-16 20:12 | イベント

さっぽろフクロウとキタキツネの森

道路情報館から2つ目の信号の豊滝小学校バス停から左折して、1400m入った所に目的地はあった。、昨年11月に開園したばかりだそうだ。入場料800円、駐車料500円
フクロウは13種、キツネはキタキツネなど4種が飼われていた。
殆どのフクロウは人馴れしていて、至近距離から撮る事ができた。
キツネはエヒノコックス対策をしているので触っても大丈夫だそうだ。
バス利用の場合は予め011-596-4300へ電話すると豊滝小学校バス停から送迎サービスをしているそうだ。
c0183777_16133161.jpg

c0183777_1614039.jpg

c0183777_16142037.jpg

CaplioR6 露出補正ー0.3 WB屋外晴天 ISO64
# by hoshigarasu2 | 2009-02-09 17:15

雪祭り3日目

今朝の気温がマイナス8度、久しぶりの青空一杯の朝だった。
9時に家を出てバスに乗って大通会場、すすきの会場で撮ってみた。
温度がどんどん上がり、最後は通路に水が流れ、雪像からしずくが垂れだした。
大通会場ではやたらに飲食店の出店が目立つ、札幌以外からの見物客には便利なのかしれないがどうも違和感がある。
気温が一番低いという事で今の時期が雪祭りに設定されたんだろうが雪祭り開催も段々難しくなりそうだ。
c0183777_4245250.jpg
c0183777_425875.jpg
c0183777_4252020.jpg
c0183777_425359.jpg
c0183777_4255029.jpg

# by hoshigarasu2 | 2009-02-07 19:02 | イベント


極私的写真日記帳


by hoshigarasu2

プロフィールを見る
画像一覧