「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

天神山での稽古 0530

こぼれます
c0183777_2135163.jpg
トルネード
c0183777_2116322.jpg
陰翳礼讃
c0183777_21164744.jpg
SSNデジカメクラブの廣島先生の屋外教室に参加した。
by hoshigarasu2 | 2013-05-30 21:17 | イベント

3度目の正直で 0529

旧国鉄士幌線第5音更川橋梁とその上にあった線路跡
c0183777_726892.jpg
旧国鉄士幌線の幌加駅ホームとコゴミ
c0183777_7311824.jpg
c0183777_7314120.jpg
タウシュベツ川橋梁
1955年糠平ダム完成に伴う線路の付け替えで放置された、水が増す6~10月頃は湖底に沈み、翌年1月頃に再び姿を現す。
バスを小型車に乗り換えて林道を4km進む、今が旬のフキを食べた熊の真っ黒な落し物を避けながら湖畔に辿り着き、タウシュベツ川橋梁を見た。
天気は今一だった今日の3度目の訪問でようやく見られた、万歳!。
c0183777_8351515.jpg
三国(石狩・上川・北見)峠売店(住所は上士幌)裏
c0183777_7341080.jpg
バスに合席した方から糠平湖水・タウシュベツ川橋・白雪のニペソツ山(標高2013m)・月を一枚の写真に撮り、今年の賀状に使われたと聞いた。
凄いアイデアだ、2014mの山探しをしなくちゃー。
by hoshigarasu2 | 2013-05-30 07:22 |

       さっぽろ西野緑道の八重桜 0528

         関山
         サトザクラ系の古くから知られた代表品種、花は大輪、八重咲きで濃紅色。
         八重桜の代表的品種で欧米でも広く植えられています。また、花の塩漬けは桜湯として用いられます。     
c0183777_19415865.jpg
         普賢象 
         サトザクラ系の代表的な園芸品種。淡紅色から白色に変化する、八重の大きな花をつける。
         花の中心から二本の緑色の葉のようになった雌しべが突き出て先端がそり返っているところを
         普賢菩薩の乗った象の鼻に見たてていう。
c0183777_1255014.jpg
         鬱金
          オオシマザクラ系サトザクラの園芸品種で、ウコン色(鬱金色)と呼ばれる淡黄緑色をした八重の花が咲く。
c0183777_19442463.jpg
         御衣黄
         オオシマザクラ系のサクラで花が開いたときは緑色であるが、次第に黄緑色から黄色になり、
         やがて中心部が筋状に赤くなる。

         江戸時代に、京都の仁和寺で栽培されたのがはじまりと言われている。
         「御衣黄」という名前は江戸時代中期から見られ、その由来は貴族の衣服の萌黄色に近いため。
         珍しいサクラではあるが、沖縄県を除く日本各地の100ヶ所以上で見ることができる。
         花の緑色は葉緑体によるもので、同じく葉緑体をもつウコン(鬱金)も若干緑色がかかるのだが、
         その量が少ないためにもっと薄い淡黄色である。
         また濃緑色の部分の裏側には、ウコンの花にはない気孔も存在する。
c0183777_19445538.jpg
         今年の桜の開花も本当に遅い去年5月25日には開花が一番遅い御衣黄でさえ散り始めていた。      
      
                   
by hoshigarasu2 | 2013-05-28 19:41 |

花を訪ねて 0527

6時半 敷地内で今年最初に巡り合った3片のライラック
c0183777_7505688.jpg
10時~11時平岡梅林
c0183777_8184753.jpg
12時27分 パークホテル前庭の普賢象に似た桜17時34分 帰宅へのバスを待つ時間潰しに道庁前庭に向かう
c0183777_8262613.jpg
暑い暑いと思っていたら札幌では今日が今年最初の夏日だった。
by hoshigarasu2 | 2013-05-28 08:25 | ある一日

ソバ種蒔き 0526

今年も「さとらんど」でのそば栽培収穫加工コースへめんこいクラブ仲間15人と参加した。
天気晴朗で揚げひばりも鳴く絶好の日和だったが手稲おろしの風は冷たかった。
c0183777_5314046.jpg

by hoshigarasu2 | 2013-05-27 05:35 | ソバ

満月 0525

c0183777_219450.jpg
TVで見た広重の「本朝名所信州更科田毎之月」を思い出し、洗面器をベランダに持ち出して満月を撮ろうとしたがここは札幌、残念ながら失敗した。
by hoshigarasu2 | 2013-05-25 21:07 | 日と月の出入り

OSS積丹半島への撮影ツアー 0524

積丹ブルーと潮目
c0183777_6354597.jpg
c0183777_19414317.jpg
c0183777_20154218.jpg
神威岩
c0183777_6355431.jpg
字面だけの「女人禁制の門」から灯台への遊歩道は2011年9月から通行止めとなっていたが今年4月27日(土)午前8時からようやく通られるようになった。
c0183777_19472373.jpg
女人禁制の門裏側から積丹岳・余別岳方面を望む
c0183777_636635.jpg
島牧・狩場山方向を望む。この裏にある賀老の滝は去年は6月2日に行けるようになったそうだが大雪の今年は何時開通するか見当が付かない。
c0183777_2041099.jpg
念仏トンネル
c0183777_6543153.jpg
c0183777_754955.jpg
余別川河口
c0183777_6363846.jpg
余別で昼食に2400円で食べたうに丼とウシオ汁、最高!
c0183777_6372621.jpg
余市川の桜並木から試飲させて頂いたニッカ蒸留所を望む
c0183777_6365493.jpg
旅立ち間近のふきのとう
c0183777_773152.jpg

by hoshigarasu2 | 2013-05-25 06:37 | 風景

北大構内1週間後再訪 0522

恵迪寮がある構内北側の平成ポプラ並木から第一農場
c0183777_19543587.jpg
銀杏の若芽
c0183777_19544925.jpg
ヒメオドリコソウ 今年はモデルバーン入口で咲いていた。
c0183777_19545981.jpg
大野池の噴水復活、鴨の姿は未だ見えず。
c0183777_528291.jpg
バイカイカリソウ メギ科 用部=地上部 インヨウカク  用途 強壮 強精  咲いている花はまだ少ないが薬草園の工事は終わっていた。
c0183777_2064083.jpg
北大のトレードマークのエンレイソウはキバナノアマナとエゾエンゴサクに代わって、時めいていた。
c0183777_19551177.jpg
シダレサクラが情報基盤センター・総合博物館裏・薬草園で咲き出していた。
c0183777_5263222.jpg
 第一農場に面した石山通歩道で白のライラックが咲き出していた。
c0183777_19552992.jpg

by hoshigarasu2 | 2013-05-22 19:54 |

雨上がりの朝 0521

水仙
c0183777_19321888.jpg

by hoshigarasu2 | 2013-05-21 19:32 | スナップ

SSNデジカメクラブ今年最初のバスツアー「ニセコ」0519 ③花

ヒメオドリオソウ
c0183777_16171449.jpg
奥に咲くコブシの花
c0183777_16174956.jpg
元気なカタクリ
c0183777_16182558.jpg
タンポポ
セイヨウタンポポは1904年に流入が確認され、今や日本に自生するタンポポの8割はセイヨウタンポポと固有タンポポの交雑種といわれ、総苞片(花の下側で花を包むように支えている緑色の部分)が反ったものは雑種と判断できる。
局地的に分布する固有タンポポの多くが交雑や競合で危機的な状況にあり、日本の侵略的外来種ワースト100に日本生態学会が指定している 。
明治初期に札幌に北アメリカから導入され、全国に広がった。札幌農学校のアメリカ人教師W.P.Brooksが野菜として持ち込み説あり。
c0183777_1619196.jpg
エゾノエンゴサク
c0183777_16194925.jpg
木で咲いていたのはコブシだけ、桜は蕾だった。
by hoshigarasu2 | 2013-05-20 16:25 | イベント


極私的写真日記帳


by hoshigarasu2

プロフィールを見る
画像一覧