<   2011年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

モエレ沼夕景 110828

1年ぶりに晩夏のモエレ沼を夕方に訪れた。、
夕焼けや噴水はきれいだったが蚊がまだ沢山いて往生した。
今の時期、19時過ぎでは暮れきれていないのか星はすっきりとは見えなかった。

凧と親子と夕焼け
c0183777_6251560.jpg
c0183777_6253150.jpg
c0183777_6254553.jpg

海の噴水
c0183777_6301354.jpg
c0183777_18144989.jpg
c0183777_6302430.jpg
c0183777_6303899.jpg
c0183777_6305168.jpg

by hoshigarasu2 | 2011-08-29 06:30 | 風景

今一の夕景 0825

2~3日前のTVで見た夕焼けを狙ってJRタワー38階に昇ってみたが今一だった。
7時には夕焼けも黒雲に隠れたので引き上げた。
パラパラの観光客に豊かそうな中国人家族もまじっていた。

18:26
c0183777_9381796.jpg
18:47
c0183777_9394957.jpg
18:51
c0183777_9402519.jpg

by hoshigarasu2 | 2011-08-26 09:40 | 日と月の出入り

実と花 滝野スズラン公園  0824  

マイヅルソウ
c0183777_11423682.jpg
スズラン
c0183777_11431584.jpg
エゾアジサイ
c0183777_11451010.jpg
キツリフネ
c0183777_1147669.jpg
ツルニンジン(ジイソブ)
「ツルニンジン」は、「ジイソブ」ともいう。同じ種類で花が小型のものに「バアソブ」がる。
「ジイソブ」も「バアソブ」も、同じ「キキョウ科ツルニンジン属」で、同じ種類のものであるが、両者には「花の大きさ」以外にも、毛や花の色など、次のような違いがある。
葉 ジイソブの葉には毛がないがバアソブには葉の裏面または両面に白い毛がある 、ジイソブの種子には翼があり飛ぶがバアソブ種子には翼がなく飛ばない。
東口休憩所真ん中のボランティア棟でお聞きした。
ここは今咲いている花の名前と場所などを何時も親切に教えてくださる、有難いことだ。
c0183777_114856.jpg

by hoshigarasu2 | 2011-08-24 22:40 |

鱒見滝  0824

11時過ぎ、遠足で来た幼稚園児が記念撮影をしていた。
ひと頃涸れ掛けていた水量が戻っていた。
c0183777_11293231.jpg
c0183777_11295480.jpg
c0183777_11301560.jpg

by hoshigarasu2 | 2011-08-24 20:28 | 風景

レンゲショウマ・キレンゲショウマ  11.08.24

レンゲショウマ(蓮華升麻、学名:Anemonopsis macrophylla)は日本特産の1属1種の花。
キンポウゲ科、レンゲショウマ属の多年草。
滝野スズラン公園の鱒見口ゲート(今日は駐車料ただ)から入って右側の炊事コーナー先の小屋の付近に咲いている。
c0183777_1956484.jpg
c0183777_19563470.jpg

キレンゲショウマ【黄蓮華升麻】[学名:Kirengeshoma palmata Yatabe]ユキノシタ科の多年草。
渓流口から東口ゲートに回り、花人の隠れ家に咲いている。
c0183777_2032528.jpg

by hoshigarasu2 | 2011-08-24 20:08 |

第31回共和かかし祭り 110820~21

SSNデジカメクラブ撮影会で神威岬を回り、原発で知名度が一挙に全国区になった泊村の隣りの共和町へ行ってきた。
昔々の山形県上山市のかかし祭りの案山子はスズメを追う実用性も感じたがここ共和町のは専ら装飾性追及に徹したようだ。
子供達の団体縄跳び競技、子供達は楽しんでいたが縄を回す大人たちは額に汗を流しての重労働だった。
c0183777_1015549.jpg
c0183777_1016240.jpgc0183777_10162073.jpg
c0183777_1059278.jpgc0183777_10592347.jpgc0183777_10594041.jpg
c0183777_111193.jpgc0183777_16471124.jpg

by hoshigarasu2 | 2011-08-21 10:25 | イベント

1泊2日、800km走破のバスツアー①景観 0817~18

前日まで大雨で交通止めもありツアー中止も心配されたが初日は晴れ、二日目は曇りと予想外の天候だった。
7時半に札幌駅を出発して高速に乗り、砂川PAでの休憩から旭川鷹栖インター経由で美瑛に入った。

白雲を上げる十勝岳 白樺街道から 
c0183777_443883.jpg

大雨が流れ込んで青くない池
c0183777_4445948.jpg

ノロッコ号 美瑛~お花畑臨時停車場
c0183777_4514249.jpg
c0183777_4521553.jpg
富田ファーム 遅咲きラベンダーも前日までの大雨で終っていた、赤とんぼが飛んでいた。
c0183777_4554715.jpg
トマムアルファーリゾート
雲海見物が今回の主目的だったが夕焼がきれいだった前夜の雲海出現確率は40パーセントだったが翌日早朝5時にゴンドラは動いたが上1/3は雲の中だった.
c0183777_4571973.jpg
c0183777_4574097.jpg

真鍋庭園 和洋折衷の庭がきれいだった。
2日目は十勝ヒルズ、紫竹ガーデン、真鍋庭園を見物して、濃霧の日勝峠を越えて8時に札幌駅に無事帰着した。
by hoshigarasu2 | 2011-08-19 05:05 | 風景

1泊2日、800km走破のバスツアー②花 0817~18

ツアー第二の目的の花を求めて、風のガーデン、十勝ヒルズ、紫竹ガーデン、真鍋庭園を渡り歩いた。
c0183777_5374380.jpg
c0183777_5381934.jpg
c0183777_5385069.jpg

by hoshigarasu2 | 2011-08-18 05:40 |

1泊2日、800km走破のバスツアー③蝶・昆虫・魚・トンボ 0817~18

風のガーデンで咲き始めたカサブランカに来た蝶と十勝ヒルズの池に来たアマゴルリトンボのオスが印象的だった。
c0183777_54331.jpg
c0183777_5461797.jpg

by hoshigarasu2 | 2011-08-17 05:45

チョカモカ 110813

途中に霊園があるのを忘れていた、大渋滞、支笏湖への分岐信号から滝野スズラン公園渓流口まで1時間も掛った。
暑くなってきたので出発前には予定していた園内4滝巡りは中止し、次回に回した。

「チョコレートコスモス”チョカモカ” Cosmos atrosanguineus キク科」
花がチョコレートの香りのコスモスです.
箱に植えられたのは花の色と匂いがの強い(上の2枚)が畑の方のお花(3枚目)はよく言えばお上品で色・香りとも弱い。
c0183777_16191650.jpg
ボランティアガイドをなさっている北海道山草会のH.Nさんに久しぶりにお会いして今咲いている花についていろいろ教わった。
ヘメロカリス達c0183777_16541023.jpgc0183777_16542730.jpgc0183777_16544196.jpg
コスモスの開花は来月半ばになりそうだ。
by hoshigarasu2 | 2011-08-13 16:20 |


極私的写真日記帳


by hoshigarasu2

プロフィールを見る
画像一覧