<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

秋の層雲峡 090925

デジカメクラブのバスツアーで3年振りに層雲峡へ行ってきた。
高速が伸びて上川まで真っ直ぐ行けた、便利になったものだ。
双瀑台で無断でモデルになって頂いた皆様、お許しください。
クリックで影像が大きくなります。
c0183777_1454583.jpg

c0183777_14581365.jpg
c0183777_14582945.jpg

c0183777_15152883.jpg

by hoshigarasu2 | 2009-09-26 15:32 |

芸術の森秋彩 090919

女性ボランティアの案内で野外美術館を歩いた、トンボを殆ど見られなかったのが不思議だった。
露天の諸作品の周りで紅葉が始まりだしていた。
c0183777_20133347.jpg
c0183777_20291647.jpg

c0183777_3505787.jpg

c0183777_34943.jpg
c0183777_3494419.jpg

ついで美術館で土と炎の饗宴を鑑賞した。
美幌に住んでおられるという現役の女流作家から自作の象嵌壷の制作過程の解説をお聞きした。
一日10数時間も続く制作作業を淡々と語られ、自ら考案の工具を使っての解説実演もあった。
体力・気力・秘技公開に驚き、感激もし、同時に彼女を支えるご家族も偉いなあーと感心した。
最後に関口雄揮記念美術館を2年ぶりにお邪魔した。
何と画伯が去年の7月17日に心不全で85歳で身まかられたと知って呆然とした。
ここは埼玉在住のSさんから数年前に推薦されてから何回か訪れている。
2年前学友3人と京都永観堂禅林寺画仙堂に納められた画伯の壁画と襖絵を拝見して、
思わず涙したのを思い出した。
画仙堂に納められた旭岳など北海道の風景が基になった作品の下図や制作過程を
拝見したのもここの企画展だった。
関口画伯は厳冬期の道東原野で絵筆を取られ、画業へ戻るきっかけを得られという、
道東・道北の秋と冬をモチーフにした印象的な多くの作品もこの美術館で拝見した。
ご冥福を祈りつつ美術館をあとにした。
by hoshigarasu2 | 2009-09-19 20:35 | 風景

おいしいそば 090917

江別セラミックアートセンターでの「こぶ志の語るもの」(北海道にこれだけの技術を持った窯があると改めて感激した)を見てからS.Uさんのホームグランドの一つへお邪魔してきた。
飯時なので折角ならうまいそばを食べたいと道の駅「マオイの丘」の八百屋さんに聞いて、337号線で千歳方向へ7~8kmの泉郷まで車を進め、「いずみ」さんでボタンソバの盛りそばを頂戴した。
全層粉で甘皮まで打ち込んだそばは汁を含めて、最近食べた中ではNO1だった。
経営者の岩本御夫妻は自ら多品種のソバも長年にわたり作っておられるそうだ。
TV取材クルーのソバ畑撮影同行を奥さんに許して頂き、刈取り直前のソバ畑を見せて頂いた。
奥さんには売店で売っていた「そば団子」のレシピーも教しえて頂いた、何時か挑戦してみたい。
c0183777_21254743.jpg
c0183777_21261088.jpg
c0183777_21271928.jpg
c0183777_2127445.jpg

c0183777_21301511.jpg
ソバ畑の南にある嶮淵川から無数の繋がった赤トンボが北を目指していた、秋もたけなわだ。
じっくり熟成を待って刈られるボタンソバは味・香りとも申し分ないそばになるだろう。
by hoshigarasu2 | 2009-09-17 21:55 | ソバ

滝野スズラン公園②秋の気配 090911

滝見物の途中と公園内で撮ってみました。
紅葉は探せば見られる程度でしたがコスモスだけは盛大に咲き誇っていました。
顔見知りの方、お二人とお会いし、情報交換をさせていただきました、有難うございます。
c0183777_51108.jpg
c0183777_6394264.jpg
T.Kさんから「ツリバナは球形、角張っているのはオオツリバナ」と正解を教えて頂きました。
正しい影像に差し替えました、有難うございます。
c0183777_52755.jpg

by hoshigarasu2 | 2009-09-13 05:25 | 風景

滝野スズラン公園①滝 090911

ご覧頂きやすくする為に全ての写真サイズを小さくしていますがクリックで大きくなります

不老の滝
c0183777_1438591.jpg
   アシリベツの滝
1時頃にここへの途中でスズメバチが襲来して刺された方がおられたという、コワイコワイ
c0183777_14543772.jpg
c0183777_14544753.jpg
   鱒見の滝
   駐車場から徒歩10分だそうだが草臥れたのでレンタル自転車を使った。
c0183777_1458435.jpg
   名前がわからない滝
   鱒見の滝のすぐ隣にある滝だが駐車場の従業員によると名前を調べたが分からなかったそうだ。
c0183777_1531622.jpg

by hoshigarasu2 | 2009-09-12 15:16 | 風景

円山動物園 090910

天気晴朗なれど風ヒンヤリ
午後から円山動物園へ過日の雨降り時にほとんど撮れなかったユキヒョウ狙いで行ってきた。
今回も碌な写真が撮れなかったが2ケ月で雄のヤマトと雌のユッコが随分大きくなっていた。
餌の鶏肉?の骨を齧るバリバリという音が盛大に聞こえた。
c0183777_19222697.jpg

c0183777_196125.jpg
c0183777_1962744.jpg

c0183777_1965677.jpg
c0183777_197715.jpg
c0183777_1972462.jpg
文化祭のめんこい茶屋で販売予定のソバモヤシの4種の培地での発芽試験、何れもしっかり根を張り、背丈も5cmを越えて緑色の若葉が出てきた。
現物は30日のアウクルでご覧ください。
by hoshigarasu2 | 2009-09-10 19:49 | スナップ

ソバ脱穀  090906

「さとらんど」の畑に5月に播いたボタンソバ栽培の4回目の作業、脱穀をした。
今年は低温、日照不足が重なり全ての作物、花などの植物も被害を受けている。
めんこいクラブのソバ畑も同様で例年の比し、背丈が低く花数・実数も少ない。
予め決まった日での作業なので雑草が少ないのに雑草取り、実りが少ないのに青田刈り、乾燥が足らないのに脱穀とチグハグが重なっている。
市場では新ソバの先物価格が急騰しているそうだ。
c0183777_52816.jpg

10月半ば過ぎの試食までに脱穀したソバが熟すのを期待するばかりである。
by hoshigarasu2 | 2009-09-06 20:15 | ソバ

ソバの無駄花 090906

咲いた花の1割も実らないとかでソバの無駄花と呼ばれるそうです。
稲と違い、開花が絶えることなく続き、蕾と開花と結実が同時に見られる面白い植物です。
確かに咲いた花の殆どが実らずに終わっています。
5~6本の茎に付いた実(玄ソバ)は100粒にも満たないようです、ソバモヤシにでも使います。
c0183777_816431.jpg
今日は「さとらんど」へめんこいクラブが栽培していたソバの足踏み脱穀機と手回しトウミを使った
収穫作業があります。
5月の種蒔きから雑草刈り、刈取り・島立てと続いた作業の4番目、来月はそのソバの打ち・試食があります。
自分で作ったソバを打ち、食べる蕎麦の味は格別です。
by hoshigarasu2 | 2009-09-06 08:30 | ソバ

まだ頑張っていました 090906

昔の同僚との恒例の昼会食のあと、大通公園ヘ寄ってみた。
何とバラがまだ咲いていた。
c0183777_2122924.jpg
c0183777_2124710.jpg
c0183777_2132593.jpg

by hoshigarasu2 | 2009-09-05 21:07 |

月は東に日は西に 090904

夕焼けを期待して北大農場に出掛けたが夕焼け撮影にまたしても失敗してしまった。
農場に野宿かと思ったカラスの大群、やはりねぐらにバタタバと飛び立った。
ホルスタインのザクッと牧草を食む音が聞こえた、脅かすと悪いのでカメラは向けなかった。
暗く、寒くもなったので7時に引き上げた。
今日6日辺りが満月だと思うが雲に隠れちゃった。残念!
c0183777_20402614.jpg

c0183777_20494553.jpg

c0183777_2041697.jpg

by hoshigarasu2 | 2009-09-05 20:46 | 風景


極私的写真日記帳


by hoshigarasu2

プロフィールを見る
画像一覧