カテゴリ:旅( 144 )

城・庭巡り3-③ 10月27日(火)

朝6時15分宿泊した姫路のホテル11階から
c0183777_1823152.jpg
7:30姫路をバスで出発→8時半兵庫県北部の朝来(あさご)市着→乗り換えたマイクロバスで15分、臥牛山(高梁市街地の北端にそびえ、「おもしろやま」の愛称で市民に親しまれている)8合目のふいご峠の駐車場に到着→そこから登り坂を徒歩20分で城内に到着し、9:40~10:30の間ゆっくりと散策、帰りはふいご峠駐車上まで急坂を杖を頼りに下った。

竹田城跡 日本のマチュピチュと呼ばれる雲の上に浮かぶ城!兵庫県の”天空の城"
c0183777_18191551.jpg
全国一の山城遺跡 国指定重要文化財「竹田城跡」 朝来市制作の概要案内を転載

山城遺跡として全国でもまれな完存する遺構であり、天守台は標高353.7メートルの山頂に築かれています。
現存の遺構は、豊臣秀吉が但馬攻め(天正5年)の後、近世の城郭に普請するように命じたものとみられています。
別の名を“虎臥城(とらふすじょう・こがじょう)”とも呼ばれ、国の史跡に指定されています。

竹田城は、嘉吉(かきつ)年間(1441-43)、但馬の守護大名、山名 宗全(やまな そうぜん)が出石城の出城として播磨・丹波から但馬への侵略路に位置するこの地に、13か年を費やして築いたと伝えられています。
当時は、土塁をもとに作られた城と考えられ、山名氏の武将、太田垣氏が7代にわたって城主となり治めます。
しかし、天正5年(1577)、天正8年(1580)秀吉の2度の但馬征伐で竹田城は落城、山名氏とともに太田垣氏は没落します。
その後、秀吉の弟、秀長の属将的な地位にあった桑山修理太夫重晴、続いて播磨龍野城主 赤松政秀の子、赤松広秀が城主となります。広秀は朝来郡2万2000石を領有し、文禄年間から慶長の初期(1600年頃)に、現在のような豪壮な石垣積みの城郭を築きます。

竹田城の石垣の積み方は、織田信長の安土城と同じ技術で、自然石の石の声を聞きながら積むと言われる、近江穴太衆(あのうしゅう)の手による穴太流石積み技法が用いられています。
野面積みで、石材は現地のほか山麓付近から集めたものと考えられ、花崗岩で最大のものは5トンと推測されています。
その石垣は、400年を経た現在でも、当時の偉容をそのままに誇っています。

竹田城の最後の城主、赤松 広秀は、関ヶ原の役で西軍に属し敗北、その後、徳川方として鳥取城攻めに加わり戦功をあげますが、城下に火を放ったとの罪を押しつけられ自刃、竹田城は廃城となります。
c0183777_6261894.jpg

c0183777_18321366.jpg
c0183777_18323121.jpg
c0183777_18323997.jpg
c0183777_18325211.jpg
c0183777_18353524.jpg
c0183777_1716342.jpg
c0183777_18332244.jpgc0183777_18333275.jpg
c0183777_20571184.jpg
13時過ぎに岡山に戻り、14時20分までく50分ほど天守閣を含め、岡山城内を見学した。

岡山城   川面に映える漆黒の城
宇喜多秀家が岡山城の象徴に建築した三層六階建ての望楼形天守閣で、城郭建築物に天守閣が出現して発展し始めた時期の構造的特徴を伝えていました。
城主の権威を象徴する書院造りの居間(城主の間)が設けてあり、初期の天守閣の性格を物語っています。昭和20年の空襲で焼失しましたが、昭和41年に再建され、城主の間も復元されています。
c0183777_20262537.jpg
c0183777_20263913.jpg
c0183777_20265641.jpg
c0183777_2027381.jpg
c0183777_20271020.jpg
c0183777_20272214.jpg
c0183777_20292412.jpg
後楽園  14時20分から40分ほど見学した。
岡山後楽園は、今から約300年前に時の藩主池田綱政が政務の合間を過ごす場所として家臣の津田永忠[つだながただ]に命じて作らせた庭園です。大正11年に名勝に指定され、昭和27年には文化財保護法による特別名勝に指定されました。
江戸時代のおもかげを伝える庭園として多くの方に愛され、金沢の兼六園、水戸の偕楽園とあわせて「日本三公園」と称され、今では日本三名園として親しまれています
c0183777_20591153.jpg
c0183777_20593386.jpg
c0183777_20594149.jpg
c0183777_20594859.jpg
c0183777_20595856.jpg
c0183777_210656.jpg
c0183777_2101350.jpg
c0183777_2102378.jpg
c0183777_2103025.jpg
c0183777_2104065.jpg
岡山空港に戻り、16:55発羽田行きの便に乗り、羽田で19時発の新千歳空港行きの便に乗り換え、20時30分に新札幌空港に到着ー新千歳空港で快速エアポートに乗り、札幌に向かい、小雨の札幌自宅には9時半に無事到着できた。
今回は4つのお城と一つのてい
by hoshigarasu2 | 2015-10-30 20:34 |

東・西三河への旅 7の7 中部国際空港の夕焼け 0913

c0183777_1455152.jpg
c0183777_14552322.jpg
c0183777_14554451.jpg
c0183777_14555184.jpg
c0183777_14561238.jpg

by hoshigarasu2 | 2015-09-15 21:05 |

東・西三河への旅 7の6 常滑のやきもの 0913

c0183777_6462883.jpg
常滑窯 唯一の人間国宝 三代山田常山さんの作品
c0183777_20434493.jpg
                                                                               クリックで拡大します
c0183777_20494610.jpgc0183777_2049574.jpg
c0183777_2055222.jpg c0183777_20553517.jpgc0183777_20554567.jpg
c0183777_20574596.jpgc0183777_20575953.jpgc0183777_20581167.jpg
c0183777_2058218.jpgc0183777_20583661.jpgc0183777_20584747.jpg
六古窯とは日本古来の陶磁器窯のうち、中世から現在まで生産が続く代表的な以下6つの窯の総称です。
瀬戸焼:愛知県瀬戸市,常滑焼:愛知県常滑市,越前焼:福井県丹生郡越前町,信楽焼:滋賀県甲賀市,丹波立杭焼:兵庫県篠山市今田町立杭,
備前焼:岡山県備前市伊部
by hoshigarasu2 | 2015-09-15 20:44 |

東・西三河への旅 7の5 岡崎 カクキュウ八丁味噌蔵 0913

c0183777_2039528.jpg
c0183777_20404140.jpg
c0183777_2039285.jpg
c0183777_20394485.jpg
c0183777_20401091.jpg
c0183777_20402581.jpg

八丁味噌は、岡崎城から西へ八丁(約870m)の距離にある岡崎市八帖町(旧・八丁村)で、江戸時代初期より、旧東海道を挟んで向かい合った2軒の老舗(1337年創業の株式会社まるや八丁味噌と1645年創業の合資会社八丁味噌・株式会社カクキュ八丁味噌) が伝統製法で造り続けている豆みその銘柄です。
約6tの大豆と塩のみを原料を六尺桶に仕込み、約3tもの天然の川石を山のように積み上げて重石とし、天然醸造で二夏二冬(ふたなつふたふゆ)以上の間熟成させます。
味は大豆の旨味を凝縮した濃厚なコクと少々の酸味、渋味、苦味のある独特の風味が特徴です。

合資会社 八丁味噌のHPより転載。
by hoshigarasu2 | 2015-09-15 20:40 |

東・西三河への旅 7の4 岡崎城 0913

c0183777_1748483.jpg
c0183777_20364489.jpg
c0183777_2036026.jpg
c0183777_20361225.jpg
c0183777_20363684.jpg
c0183777_5333392.jpg
c0183777_20365116.jpg

by hoshigarasu2 | 2015-09-15 20:36 |

東・西三河への旅 7の3  熱田神宮 0913

c0183777_20291543.jpg
c0183777_20293643.jpg
c0183777_20295180.jpg
c0183777_203091.jpg
c0183777_2032631.jpg

by hoshigarasu2 | 2015-09-15 20:30 |

東・西三河への旅 7の2 第20回豊橋・炎の祭典 0912

c0183777_1863173.jpg
c0183777_21494714.jpg
c0183777_1864865.jpg
[ええじゃないか行脚隊]
c0183777_1872314.jpg
「ほの国ぐるめいど隊」
c0183777_1873489.jpg
和太鼓集団「志多ら」
c0183777_18505552.jpg
c0183777_18144074.jpg
手筒花火
c0183777_21555947.jpg
c0183777_21573170.jpg
c0183777_757950.jpg
c0183777_21571412.jpg
c0183777_18152179.jpg
乱玉
c0183777_7465536.jpg
c0183777_8405558.jpg
綱火
c0183777_746394.jpg
大筒
c0183777_7541838.jpg
c0183777_7543468.jpg
c0183777_1815303.jpg
今に伝わる古来の響き 「手筒花火」 その歴史と由来
 花火と一口にいっても、夏の夜空を彩る打ち上げ花火から文字や形を細工した仕掛花火など種類は多種多彩です。
ここ東三河と一部遠州地域にのみ伝わる「手筒花火」のほかに、これほどまで勇壮で心を沸き立たせる花火があるでしょうか。
 東三河の人の心を捕らえて放さない「手筒花火」の歴史は古く、吉田神社に保存されている記録「三河国古老伝」に「永禄元年天王祭礼祀ノ花火ト云フ事始メル」とあるように花火がこの地で始まったのが、今からおよそ450年前の1558年ということで、また「吉田神社略記」においては、「花火ノ創始ハ羽田吉田綜録ニ永禄三申庚年(1560年)今川義元公吉田城城代大原肥前守知尚公花火ヲ始ムトアリ、花火の尤古ヨリ用ヒラレシハ流星、手筒トス然レドモ其ノ大ナル者ナシ、次デ建物(仕掛花火)綱火等用ヒラルルモ亦然リ、建物ノ巨大ナリシハ元禄十三年(1700年)一シテ手筒ノ雄大トナリシハ正徳元年(1711年)ナリ云々」とあります。
 その後、手筒花火は市勢の拡大とともに拡散し、氏子らによって五穀豊穣や無病息災、家運隆盛、武運長久を祈る各地区の奉納行事として、若者の勇気の証や成人となる門出の儀式として、脈々と民俗文化として伝承されてきました。
現在豊橋市内では、豊橋祇園祭や羽田まつりといった祭礼のほかに、校区や町内を単位とした形で、また新たな地域においても「手筒祭り」の復活と伝承が図られています。
 手筒花火は、奉納者自らがその製造から放揚までの全工程を手作りで行うという数ある花火の中でも特異な伝承文化です。
この「炎の祭典」により、勇壮華麗なこの民俗文化が今後ますます発展することを願ってやみません。(豊橋商工会議所HP)

写真撮影エリア以外は三脚が使えない。
写真撮影エリア:1名3000円をチケットぴあ (サークルK・サンクス、セブン-イレブン)で事前に求めてから入場したい。
到着順に撮影しやすい、良い場所から3脚が設定されるので5時開場前に並ぶ必要があります。
左側の写真撮影エリアの最前列がベストに見えました。
遅れて入った小生は右側の一番奥(花火放揚場所から離れていた)にしか三脚を立てられなかった。

by hoshigarasu2 | 2015-09-15 18:46 |

東・西三河への旅 7の1 豊田市トヨタ会館 0912

c0183777_1274259.jpg
                                                                                  クリックで拡大
              レクサスLFA 3,750万円                        水素燃料自動車 MIRAI 723,6万円c0183777_12141382.jpgc0183777_12143921.jpg
               PRIUS PAV 329.1万円                       トヨタTS040 HYBRID レース用の車で非売品         c0183777_13193713.jpgc0183777_13201537.jpg
                             2005年日本国際博覧会(以下愛知万博)に出展したc0183777_1645913.jpgc0183777_13241080.jpg
                 2005年の愛知万博でパートナーロボット8体による楽団『CONCERO』を編成し、演奏を行った
c0183777_1630239.jpg
   
                                                                                   
by hoshigarasu2 | 2015-09-15 12:07 |

倶知安ニ世古酒造の周りの風景 0618

ニ世古酒造から倶知安駅方面への道路
c0183777_745466.jpg
紅輪タンポポ
c0183777_754394.jpg
腕白公園からの羊蹄山
c0183777_764815.jpg
振り返ってニセコ連峰の主峰「ニセコアンヌプリ」山頂
c0183777_783231.jpg

by hoshigarasu2 | 2015-06-19 07:03 |

新緑の層雲峡駆け足旅行①  0528

9時42分特急オホーツク3号で滝川付近を走行中 田植えの済んだ田圃・菜の花・残雪の暑寒別岳が見える
c0183777_16514752.jpg
12時01分上川駅到着、12時5分発の乗り合いバスに乗り、12時35分層雲峡バスターミナル着、層雲峡黒岳ロープウエイで5合目へ13時到着
c0183777_16573655.jpg
標高1300mの五合目「黒岳駅舎」から、ロープウエイで昇ってきた層雲峡方向を眺める
左遠方は天塩岳方向、近くの残雪の山々はニセイカウシュッペ、朝陽山、平山、丸山、屏風岳、流星の滝と銀河の滝は屏風岳手前の下にあるとか。
c0183777_147063.jpg
5月30日より下記アウトドア体験ツアーが開始になります!
おはようロープウェイ~雲海ウォッチングとお花畑散歩~ 一番人気! 早朝6時出発のロープウェイでガイドと一緒に雲海&高山植物観賞します,雲海は早朝に発生する確率が高いそうです。
c0183777_1659269.jpg
5合目「黒岳駅」から高松台見晴台と黒岳方向のパノラマ景観
左から駒草平、赤岳、烏帽子岳、中心に黒岳、右方向に啓月岳、凌雲岳、上川岳などが見える
c0183777_7271540.jpg
黒岳山頂付近
c0183777_1733497.jpg
5合目「高松台見晴台」の残雪
c0183777_17101489.jpg
            エゾムラサキツツジ                  キバナシャクナゲ                チシマサクラ   クリックで拡大c0183777_1782645.jpgc0183777_1784212.jpgc0183777_179642.jpg
ロープウエイから降りて、黒岳方向を振り返る
c0183777_17321648.jpg
ホテルへの途中で出会った
c0183777_1732364.jpg
ホテル内から石狩川を見下ろす
c0183777_174016100.jpg
c0183777_17363090.jpg
宿泊ホテル7階大浴場通路から黒岳方向を望む
c0183777_17421546.jpg

by hoshigarasu2 | 2015-05-30 16:46 |


極私的写真日記帳


by hoshigarasu2

プロフィールを見る
画像一覧