カテゴリ:旅( 152 )

12/31~1/2  2016年最後の夕日と2017年の幕開け!1130kmバスツアー   ②  

2017年元旦 3時 プリンスホテルを出発 気温 ―13.4℃ 積雪22cm 
c0183777_12471375.jpg
3時54分 道の駅「厚岸グルメパーク
c0183777_1250964.jpg
5時10分 道の駅「根室」 気温 -6.6℃ 積雪19cm
c0183777_12513072.jpg
6時 気温ー-6.5℃ 西南西の風2.6nm/s 積雪19cm

納沙布岬 北緯43度23分07秒、東経145度49分01秒に位置する本土最東端の岬。
北方領土を間近に望むことができ、多くの観光客が訪れる。
岬の先端に建つ納沙布岬灯台は、明治5年に点灯された北海道最古の灯台で「納沙布岬」のシンボルである。c0183777_19542881.jpgc0183777_195441100.jpg


6時16分
c0183777_13512018.jpg
6時45分
c0183777_13514171.jpg
6時46分 海上にプツンと立つ貝殻島灯台の向こうに歯舞群島・水晶島など北方領土の島々がぼんやり見えた。
c0183777_13521592.jpg
6時49分初日の 待機した場所が悪く、初日の出の瞬間を見られなかった、残念!

6時54分
c0183777_14102274.jpg
6時58分
c0183777_14123579.jpg
8時 根室金比羅神社初詣
c0183777_14254378.jpg
c0183777_1425589.jpg
福ざんまい えぞ みくじ
なまら絶好調のとき。同性異性を問わずにんきものになれるべさ。うれしい誘いも増えるでないかい。体調に気をつければ、何も言う事ないっしょ。
したっけ不安もなぐて幸せも訪れるでないかい=大一番 大吉

根室金比羅神社のおみくじ
心をかたくもって 一時の不運にあわてさわぎ思いまようてはいけません 
本業をよくまもって静かにときの来るのを待ちなさい 開運うたがいありません=大吉 
c0183777_14261253.jpg
高田屋嘉兵衛像
c0183777_14263366.jpg
根室市内の住所表示(日本語・英語・ロシア語) 
c0183777_14322524.jpg
11時 弟子屈摩周駅前豚丼昼食
c0183777_14551658.jpg
12時10分 屈斜路湖 砂湯
c0183777_1449157.jpg
c0183777_14493072.jpg
c0183777_14494371.jpg
13時30分 摩周湖
c0183777_155497.jpg
c0183777_1552392.jpg
c0183777_1553424.jpg
15時30分 釧路着 宿泊のプリンスホテル10階の部屋から夕陽と月を撮る
c0183777_1537148.jpg
c0183777_15181228.jpg
月齢 2.8 夕月  大潮 
c0183777_15203753.jpg
c0183777_9413993.jpg
18時から 洋食  外気温-0.7℃ 
c0183777_1522094.jpg
c0183777_15411918.jpg
c0183777_1543522.jpgc0183777_15431668.jpgc0183777_15433081.jpg
c0183777_15434289.jpgc0183777_15441875.jpgc0183777_15474728.jpg
今日の走行距離 460km
by hoshigarasu2 | 2017-01-04 12:44 |

12/31~1/2   2016年最後の夕日と2017年の幕開け ! 1130kmバスツアー ③  

1月2日 6時半 
c0183777_1755416.jpg
6時58分
c0183777_1765230.jpg
7時26分
c0183777_17163768.jpg
7時53分
c0183777_17165525.jpg
8時 釧路プリンスホテル出発 気温ー12.7℃ 東北東の風 1.2m/s  積雪22cm

8時23分
c0183777_1719167.jpg
8時48分
c0183777_17193636.jpg
9時21分道の駅「浦幌」
c0183777_17195249.jpg
9時37分
c0183777_17273537.jpg
9時59分
c0183777_17275827.jpg
10時31分
c0183777_17281439.jpg
10時47分 音更町 柳月スイートピアガーデン
c0183777_1729282.jpg
12時 日勝ドライブイン展望レストラン とかち亭で牛トロ丼とソバセット
c0183777_1732242.jpg
c0183777_17425660.jpg
c0183777_1743599.jpg
国土交通省 北海道開発局とNEXCO東日本(東日本高速道路)北海道支社は、8月30日の台風10号の影響により交通止めとなっている国道274号日勝峠(北海道沙流郡日高町千栄~上川郡清水町清水、延長39.5km)について、2017年秋頃を目標に通行止めを解除すると発表した。
現在代替として適用されている道東自動車道 占冠IC(インターチェンジ)~十勝清水ICの無料措置は継続される。
c0183777_17423991.jpg
13時5分
c0183777_17475912.jpg
13時9分
c0183777_17482188.jpg
14時16分
c0183777_17484497.jpg
15時10分
c0183777_1749649.jpg
15時27分
c0183777_17493426.jpg
北広島IC・札幌北ICが1kmの渋滞、特に札幌北口付近の渋滞がひどく、バス下車は17時になっちゃった。
この日の走行距離は330kmほど、31日が340km、元旦が460kmと合わせた合計走行距離は1130km・朝3時からの過酷な運転もこなされた、ドライバーさんお二人のお蔭で無事帰着できた、42人の参加者とお礼の拍手をした。
by hoshigarasu2 | 2017-01-04 12:22 |

洞爺湖 イン 観楓会 1020

昨日は快晴だったが夜になり、荒れだし夜中には稲妻が走り、強風もあり、室蘭白鳥大橋見物は中止になり、喜茂別「道の駅」に寄ることになった。

洞爺湖 山水ホテル和風
c0183777_15235077.jpg
c0183777_16152650.jpg
9時出発、昭和新山脇を通過して総合公園だて歴史の杜へ
c0183777_1531217.jpg
c0183777_15313598.jpg
観光物産館 
c0183777_15315462.jpg
c0183777_1532593.jpg
黎明観 藍工房
c0183777_15384295.jpg
        1  水に浸けた布に箸を置いて廻し、絞りを作る                       2  絞りを中心部に集める
c0183777_15565338.jpg c0183777_1557857.jpg
          3 藍液に浸ける為のパックに納める                            4   3分間、藍液に浸ける c0183777_15573334.jpg
c0183777_1557444.jpg
 5 水洗い
  濃い紫色の藍液に白いバンダラ用の布を浸し、引き上げると布は濃い緑色をしている。
  繊維に付着した染料は空気中で酸化し、再び水に不溶性になる。布を水で洗うと青く発色し、独特の深い 青さが現れる。
c0183777_170157.jpg
 6 色とめ
  自宅に戻ってから,「色とめ」に水で揉み洗いし、きれいな水に1昼夜(24時間)浸け、さらに陰干して,ラップの芯などに畳まないで一枚に広げて
  巻き付け、暗いところで1週間以上保存する。
  その後、容器に「中性洗剤」を入れ揉み洗い、陰干しをして乾燥させてから使用するんだそうだ。

喜茂別道の駅では冷たい強風が吹き、喜茂別スキー場・中山峠では雪が降り出し、白くなっていた。
c0183777_17222781.jpg
c0183777_17235976.jpg

by hoshigarasu2 | 2016-10-21 14:24 |

観楓会 イン 洞爺湖 1019

8:30 NHK前出発
c0183777_12121782.jpg
c0183777_12123794.jpg
9時40分 中山峠着
c0183777_19502815.jpg
c0183777_19504044.jpg
11時 道の駅 フォーレスト276大滝で「雅弁当」を名物の「キノコの味噌汁」で賞味した、最高に美味かった.
c0183777_12364566.jpg
c0183777_12365634.jpg
c0183777_12381425.jpg
12時 大滝 ナイヤガラの滝 
c0183777_12395479.jpg
c0183777_12401143.jpg
c0183777_1326851.jpg
c0183777_12402583.jpg
14時 洞爺湖遊覧船で観光 
c0183777_13301275.jpg
c0183777_1331723.jpg
c0183777_13311940.jpg
c0183777_1333757.jpg
c0183777_1333278.jpg
c0183777_13362055.jpg
c0183777_13363743.jpg
c0183777_13365266.jpg
c0183777_13374027.jpg
c0183777_13375737.jpg
c0183777_13381778.jpg
弁天島の弁天様を祀った三重塔
c0183777_13542541.jpg

c0183777_13543525.jpg
c0183777_1434824.jpg
c0183777_14135518.jpg
c0183777_1414770.jpg

by hoshigarasu2 | 2016-10-21 12:16 |

SSNホームページkクラブバスツアー 1014

08:30 NHK前出発
c0183777_9154150.jpg
10:30~11:10 旭川へ向かう国道12号線から旧神居古潭駅に向かう
c0183777_9165263.jpg
c0183777_91721.jpg
c0183777_9171258.jpg
昭和44年9月30日 廃駅となった函館本線 神居古潭駅 旧ホーム
c0183777_9183852.jpg
c0183777_924163.jpg
左に旧駅舎、ここにかっては上り下りの線路が敷かれていた
c0183777_9322216.jpg
c0183777_9334498.jpg
c0183777_9245488.jpg
c0183777_9482858.jpg
c0183777_949555.jpgc0183777_9493173.jpg
11:20~12:20  三浦綾子記念館 
c0183777_14483645.jpg
三浦綾子さんの口述をご主人の三浦光世さんが筆記し、作品を制作していた。
c0183777_1450556.jpg
c0183777_14514399.jpgc0183777_14515997.jpg
c0183777_14593735.jpgc0183777_150575.jpg
12:30~13:30 旭川駅前広場  3条本通りの[老舗白梅]でめんこいクラブ仲間と天丼を食べた
c0183777_1523173.jpg
13:55~14:55 男山酒造り資料館見学と試飲 2階から大雪山方向の冠雪を撮る
c0183777_15102825.jpg
c0183777_15151287.jpg
1636 札幌IC近くの道央高速道から夕焼けを撮る
c0183777_15112742.jpg

by hoshigarasu2 | 2016-10-16 09:17 |

川湯温泉・神の子池・裏摩周展望台・網走・能取湖サンゴ草・端野・白滝 0919

6時15分から 川湯大鵬相撲記念館                                                         映像クリックで拡大
c0183777_115158.jpg
c0183777_119471.jpgc0183777_1192012.jpg
c0183777_1193867.jpgc0183777_1194863.jpg
c0183777_1110660.jpgc0183777_11102360.jpg
c0183777_111058100.jpg
c0183777_1111101.jpg
8時35分から 神の子池(神秘の湖水)
c0183777_11274426.jpg
c0183777_1128335.jpg
c0183777_11281176.jpg
c0183777_11281876.jpg
c0183777_11282636.jpg
c0183777_11283514.jpg
9時12分 裏摩周展望台                                                              映像クリックで拡大c0183777_11355739.jpgc0183777_11411846.jpg
c0183777_11412863.jpgc0183777_11414242.jpg
11時半  網走
c0183777_12493967.jpg
                                                            
c0183777_11501053.jpg
c0183777_11502220.jpg
c0183777_11505239.jpgc0183777_1151112.jpg
13時 能取湖畔 卯原内サンゴ草
c0183777_1212689.jpg
c0183777_12122683.jpg
c0183777_12124538.jpg
c0183777_12125837.jpg
c0183777_12131743.jpg
c0183777_12141084.jpg
14時 北見市端野町玉ねぎ収獲風景
c0183777_12162847.jpg
c0183777_12163763.jpg
c0183777_12164731.jpg
16時10分 道の駅 しらたき                                                             映像クリックで拡大
c0183777_12262459.jpgc0183777_1226427.jpg
c0183777_12265578.jpgc0183777_1227539.jpg
高速道路の動物警戒標識   キツネと狸    道央自動車道の滝川IC-旭川鷹栖IC間に上下線各2枚ずつしかない
c0183777_12351468.jpgc0183777_12353379.jpg
17:10~17:26 道央自動車道  
c0183777_1326595.jpg
c0183777_13271141.jpg
c0183777_13272317.jpg

by hoshigarasu2 | 2016-09-21 11:06 |

層雲峡・遠軽太陽の丘・美幌峠・川湯温泉 0918

8時 札幌駅北口出発ー9時20分 道央自動車道砂川SA経由-11時半 層雲峡着                            映像クリックで拡大
c0183777_613885.jpgc0183777_6132877.jpg
c0183777_6152078.jpgc0183777_6153624.jpg
c0183777_6162364.jpgc0183777_6163634.jpg
c0183777_6165133.jpgc0183777_617569.jpg
c0183777_6172359.jpgc0183777_6173629.jpg
c0183777_6195317.jpg
c0183777_620173.jpg

c0183777_6203070.jpgc0183777_6205037.jpg
c0183777_6211061.jpgc0183777_6213943.jpg
銀河の滝
c0183777_6232959.jpgc0183777_624235.jpg
流星の滝
c0183777_6251839.jpgc0183777_6253660.jpg
c0183777_6255922.jpg
14時 太陽の丘えんがる着 過日の台風で「約1000万本?のコスモス」は傷んでしまった。
c0183777_6121226.jpgc0183777_6123027.jpg
c0183777_6124394.jpgc0183777_6125790.jpg
c0183777_6131044.jpg
c0183777_6141494.jpgc0183777_6144936.jpgc0183777_615179.jpg
c0183777_6153299.jpgc0183777_6154673.jpgc0183777_6155779.jpg
16時30分 雨と霧、何十年ぶりの何も見えない美幌峠
c0183777_6321717.jpgc0183777_633487.jpg
c0183777_6595597.jpgc0183777_70653.jpg
17時40分  川湯温泉・名湯の森 きたふくろう
c0183777_7601.jpg
c0183777_771171.jpgc0183777_772430.jpg

                  
by hoshigarasu2 | 2016-09-18 06:54 |

早朝の美国 漁港と黄金岬展望台からの眺め  0706

宝島と黄金岬
c0183777_16581167.jpg
黄金岬展望台からの景観
c0183777_16593127.jpg
c0183777_17192.jpg
美国漁港  美国神社例大祭の神輿海上渡御に参加した漁船の一艘
c0183777_1714149.jpg
c0183777_1715066.jpg
ツバメの親子
c0183777_172862.jpg

by hoshigarasu2 | 2016-07-07 16:58 |

中山峠・豊浦・小幌・真狩周遊バスツアー 0605

羊蹄山巡り① 中山峠~豊浦
c0183777_1152220.jpg
c0183777_452091.jpg
c0183777_11503897.jpg
c0183777_11522641.jpg
羊蹄山巡り② 真狩~中山峠
c0183777_1322568.jpg
c0183777_13241733.jpg
c0183777_6125143.jpg
c0183777_13243594.jpg
c0183777_13245044.jpg
豊浦 いちご・豚肉祭り 箱売りのイチゴは途中で売り切れた、レンタルコンロでブタ肉・魚貝を焼いて食べたり、海辺でくつろぐ親子も目立った。
c0183777_11553791.jpg
c0183777_11554728.jpg
c0183777_11555676.jpg
c0183777_13335951.jpg
日本一の秘境駅 「小幌」 駅番号H45

小幌駅はJR北海道室蘭本線(長万部~岩見沢、室蘭~東室)の駅で、北海道虻田郡豊浦町字礼文華にある。(Googleマップで見ることができる)
礼文華トンネルと新辺加牛トンネルの間に挟まれた四方のうち三方が急傾斜地、一方は海(内浦湾)に接しており、鉄道と船舶以外は接近が難しく、現在は近隣に民家がなく、駅から伸びている小道すらもない。

1943年(昭和18年)列車交換のための小幌信号場として開設され、旅客も取扱っていた、1987年(昭和62年)に小幌駅となったが定期的に乗降するのはJR保線要員だけだった、経営難のJRでは維持が難しく、2016年(平成28年)4月1日をもって小幌駅の管理運営は観光客維持増加を狙う豊浦町に引き継がれた。

全国から秘境駅ファンが訪れる豊浦町管理の無人駅「小幌駅」には駅舎や待合室はないが保線区詰所・倉庫、トイレ、列車の接近通過を伝える警報音と音声アナウンスが設置されている。

JR北海道の基幹線の一つ、室蘭本線小幌駅を通過する貨物列車は早朝深夜を含め一日中ある。
お客が乗降できる普通列車は現在6本だけである、上り(長万部方向) 08:38, 15:13, 17:39, 20:04 下り(東室蘭方向) 15:44, 19:46。

14:59JR大岸駅から乗車 15:13JR小幌駅到着 秘境駅JR「小幌」 滞在31分 15:44JR小幌駅から乗車 15:55JR大岸駅で下車
c0183777_1293897.jpg
15:09  JR小幌駅手前で、我々が乗ったワンマンジーゼルを撮る「撮り鉄さん2人」
c0183777_1292462.jpg
15:13  我々も大岸駅で乗車した長万部方向行上りワンマンカーは小幌駅から静狩駅に向け発車
c0183777_1231519.jpg
c0183777_12473232.jpg
c0183777_1248674.jpg
c0183777_1247496.jpg
c0183777_12594180.jpg
15:30 ここから危険なけもの道を20分ほど下った海岸にその昔「円空」がここで彫ったという「岩屋観音」が祀られている「小幌洞窟」があるそうだ。
c0183777_12332776.jpg
15:40  函館行き特急スーパー北斗14号通過
c0183777_1333068.jpg
15時44分 我々が乗車する普通列車が隣の静狩駅から小幌駅に到着
c0183777_1321125.jpg

by hoshigarasu2 | 2016-06-06 11:51 |

2010年7月25日オタモイ訪問記  再録 20160519

オタモイ海岸は小樽市の北西部にあり、高島岬から塩谷湾までの約10kmに及ぶ海岸線の一部で、付近には赤岩山(371m)など標高200m前後の急峻な崖と奇岩が連なっている.
一帯は昭和38年ニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定され、祝津・赤岩海岸とともに雄大な景観を誇り、訪れる人々を魅了している。

ところでこの景勝地に大リゾート基地が存在したことはあまり知られていない。

昭和初期、隆盛を誇った割烹「蛇の目」(小樽花園1)の店主加藤秋太郎は小樽には見所がないという知人の言葉に奮起し、名所探勝の日々にあけくれる。
そして、ついに、古来白蛇の谷と呼ばれたこの地を探し当て、昭和11年「夢の里オタモイ遊園地を」完成させた。
その規模は当代一を誇り、ブランコ,すべり台、相撲場等の遊園施設のほか、竜宮閣や弁天食堂といった宴会場や食堂を設けた。
特に京都の清水寺を凌ぐといわれた竜宮閣は切り立った岩と紺碧の海に囲まれ、まるで竜宮城のお伽の世界のようだったという。
最盛期には一日数千人の人々で賑わったこの施設も戦争が始まると贅沢とみなされ客足が遠のき、戦後、これからという昭和27年5月営業再開を目前に控えながら火災で消失した。

現在、遊園地の跡を偲ばせるものは断崖の上に残った竜宮閣の礎石と遊歩道トンネルの部分だけである。
また、オタモイには神威岬(積丹半島)が女人禁制の頃の悲恋にまつわる子授け地蔵尊の伝説があり、今でも多くの人々に信仰されている。
(小樽市 観光案内より)

①陸上からの眺め
駐車場へ降りる九十九折の急坂車道は思ったより道が良く、10時前なのに車の台数が多いのに驚いた。
駐車場から急坂を降りて竜宮閣の礎石跡に辿り着き、おっかなびっくり足元そして遥か遠方の古平方面を望む。
竜宮閣の礎石跡から細い遊歩道を下ってオタモイ地蔵を祭る場所に到着した。
お地蔵さんのお掃除に来ていた感心な孫・親・祖母の3世代家族の後について海岸まで降りる。
足元が定まらぬゴロ石上を岩に掴まりながら移動して、窓岩方向がが見える場所まで往復した。
浪シブキを避けながらのおっかなびっくりの歩行、安寿姫と厨子王みたいだった。
c0183777_196599.jpg
c0183777_1973228.jpg
c0183777_19112231.jpg
c0183777_2031711.jpg
c0183777_2033785.jpg
c0183777_20352100.jpg
c0183777_2041567.jpg
c0183777_2043328.jpg
②観光船から
小樽潮まつり最終日・快晴が重なったせいか、観光船は満員だった。
相変わらず船にまとわり付くカモメが多いが岩でハネを乾かすウミウの姿も目立っていた。
c0183777_2016713.jpg
c0183777_20162554.jpg
c0183777_10134660.jpg
c0183777_20165535.jpg
c0183777_10182677.jpg
久しい懸案の一つを解消できて嬉しい、総歩行数は6700歩だった。
by hoshigarasu2 | 2016-05-21 08:00 |


極私的写真日記帳


by hoshigarasu2

プロフィールを見る
画像一覧