カテゴリ:旅( 144 )

ツアー2日目 大沼温泉ーきじひき高原ー大沼公園ーイルカクルーズー室蘭港―地球岬ーボルタ工房 0630

大沼温泉 グリーンピア大沼
c0183777_18101655.jpg
c0183777_18103121.jpg
c0183777_18104166.jpg
c0183777_18112985.jpg
9時半のきじひき高原  北斗市村山174番地  9時半に到着、雲海が見事だった。
c0183777_927213.jpg
c0183777_181319.jpg
c0183777_18131196.jpg
c0183777_18131862.jpg
c0183777_18132956.jpg
c0183777_18171573.jpg
大沼国定公園
c0183777_18232013.jpg
c0183777_18232940.jpg
c0183777_18233714.jpg
c0183777_18234760.jpg
c0183777_18235716.jpg
森港 いか飯とホタテ焼ふるまいを頂いた。
c0183777_18262031.jpg
c0183777_18263195.jpg
c0183777_18264546.jpg
c0183777_18265842.jpg
「マンボウのとも和え」を購入し帰宅後食べたが美味しかった。
c0183777_1828931.jpgc0183777_18282917.jpg
森港ー室蘭港間約90分の「イルカウオッティングクルーズ

快晴で波も静かだったが肝腎のイルカには出会えなかったのは如何に残念だが駒ヶ岳、羊蹄山、有珠岳、昭和新山、白鳥大橋、地球岬などをクルーズ船から初めて見られたのは望外の喜びだ。
c0183777_18434394.jpg
c0183777_20401242.jpg
c0183777_18462124.jpg
c0183777_18485378.jpg
c0183777_1849664.jpg
c0183777_18491887.jpg
c0183777_18492990.jpg
c0183777_18494072.jpg
c0183777_18495187.jpg
c0183777_1850442.jpg
室蘭港 登別観光協会のお出迎え
c0183777_18583464.jpg
c0183777_18585462.jpg
c0183777_1858451.jpg
c0183777_1859452.jpg
ポルタ工房
c0183777_1923056.jpg
c0183777_1924091.jpg
イルカに出会えなかったのは残念だったが「函館公園」、「きじひき高原」、「森港ー室蘭港クルーズ」、「ポルタ工房」などを初回訪問できて良かった。
by hoshigarasu2 | 2017-07-01 18:05 |

ツアー初日 札幌駅北口―中山峠―サイロ展望台ー立待岬ー函館公園ーグリーンピア大沼 0629

道の駅・望洋中山
c0183777_17175821.jpg
c0183777_17162820.jpg
c0183777_17164121.jpg
c0183777_17165029.jpg
c0183777_1717382.jpg
洞爺湖・サイロ展望台
c0183777_17192368.jpg
c0183777_17193146.jpg
c0183777_17203112.jpg
洞爺産ジャガイモ「キタアカリ」詰め放題
c0183777_17314368.jpg
八雲丘の駅
c0183777_17511539.jpg
c0183777_1752073.jpg
c0183777_17514984.jpg
函館市内
c0183777_20593219.jpg
c0183777_20594825.jpg
c0183777_20595941.jpg
函館「立待岬」
c0183777_17344353.jpg
c0183777_17345359.jpg

c0183777_1735194.jpg
c0183777_17351387.jpg
下北半島が見えた
c0183777_17352510.jpg
函館公園
近代日本における代表的な都市公園の1つであり、2006年(平成18年)に「登録記念物」となった。また、「日本の歴史公園100選」や「北の造園遺産」にも選定されている。
c0183777_1739171.jpg
c0183777_17393124.jpg
c0183777_17443994.jpg
c0183777_17394792.jpg
c0183777_17395865.jpg
駒ヶ岳近くの大沼温泉 グリーンピア大沼
c0183777_1743445.jpg
c0183777_17433932.jpg
c0183777_17442415.jpg
c0183777_17445861.jpg
c0183777_17451436.jpg
月齢 5.7 弓張月 中潮
c0183777_1748093.jpg

by hoshigarasu2 | 2017-07-01 17:17 |

札幌駅・ニッカ・神威岬・食堂うしお・島武意海岸・美国を巡る 曇天・夏至(6月21日)のバスツアー

7時40分札幌駅北口発
c0183777_18204615.jpg
c0183777_18205787.jpg
9時から10時まで余市ニッカ蒸留所で見学・試飲
c0183777_1932642.jpg
c0183777_1935175.jpg
c0183777_84253.jpg
c0183777_194154.jpg
c0183777_1942014.jpg
11時~11時45分 神威岬・神威岬灯台・神威岩
c0183777_1995322.jpg
c0183777_19112510.jpg
c0183777_9553143.jpg
c0183777_955505.jpg
c0183777_956395.jpg
エゾカンゾウ(ユリ科ワスレナグサ属)は多年草で6月中旬~8月上旬に草丈50~70㎝の茎花を伸ばし先が反り返った直径7~8㎝のユリ形の花を3~10個咲かせます。
名前の由来:エゾカンゾウの花は午前中に咲いて夕方に閉じる一日花で、属名のHemerocallisはラテン語のhemelos(日)とkallos(美しい)からなり、「一日の美しさ」を意味おり、花が一日でしぼんでしまうことに由来しています
c0183777_84879.jpg
c0183777_1024463.jpg
12時~12時45分 余別町「郷土料理うしお・ご飯が見えないウニ丼」  6/13解禁になったウニで今獲れている「エゾムラサキウニ」
c0183777_19205168.jpg
c0183777_19503812.jpg
13時~13時45分 積丹町 島武意海岸
c0183777_19253588.jpg
c0183777_19544894.jpg
以前はヤマカギ斎藤家と言うニシン番屋の残骸があったが今は『紀念齊藤丈雄』と彫られた石垣だけが残こされている。
c0183777_19254898.jpg
c0183777_1926066.jpg
元々は1895年に魚運搬用に手彫りで掘られた30mほどの長さのトンネルで、現在は観光用に改装された島武意海岸トンネル
c0183777_19263370.jpg
例年に比べ少ない残雪の積丹岬最高峰「積丹岳」(標高1255.2m)
c0183777_19265032.jpg
14時10分~14時50分 積丹町美国水中展望船に乗船
c0183777_1935864.jpg
曇りで見づらいが石についた黒い点はエゾムラサキウニの子供です。
c0183777_19354743.jpg
c0183777_1936283.jpg
c0183777_19361830.jpg
c0183777_193631100.jpg
c0183777_19364580.jpg
18時に札幌駅に無事帰着できた。
by hoshigarasu2 | 2017-06-22 18:21 |

写真サークル「フォーカス」撮影バスツアー  0511

中山峠
c0183777_13534570.jpg
c0183777_1354157.jpg
c0183777_1637611.jpg
洞爺湖 「夕陽が見える渚公園」  湖水を泳いで渡ったエゾシカが住む洞爺湖中島  残念ながら羊蹄山は雲の中で見えず
c0183777_13594249.jpg
c0183777_1404636.jpg
c0183777_13595071.jpg
壮瞥公園 今年は遅くて壮瞥町による開花指数40%の梅と洞爺湖・昭和新山                                  

梅 洞爺湖中島を背景に
c0183777_15312232.jpg
梅 今も噴気を吹く昭和新山(標高398m、三松家の私有地)を背景に
c0183777_15345888.jpg
c0183777_502745.jpg
c0183777_16273889.jpg
c0183777_15352444.jpg
                                                                               映像クリックで拡大 
            イヌノフグリ                         ハコベ                        タチツボスミレ        
c0183777_15394266.jpgc0183777_15395455.jpgc0183777_154055.jpg
有珠の善光寺
c0183777_15494918.jpg
c0183777_15506100.jpg
石割桜
c0183777_1550549.jpg
老木
c0183777_15534594.jpg
                                                                               映像クリックで拡大
                                       わ ら べ 地 蔵 尊
c0183777_4501526.jpgc0183777_4502819.jpgc0183777_4504155.jpg
           八重紅しだれ桜                       本堂の生け花                      オドリコソウc0183777_16184891.jpgc0183777_1620043.jpgc0183777_16192079.jpg

 
by hoshigarasu2 | 2017-05-12 13:54 |

美瑛・上富良野・中富良野・富良野山部を巡るバスツアー 0506 08:20~19:00

12:57~ 美瑛 青い池
c0183777_1123724.jpg
c0183777_11231545.jpg
c0183777_11232470.jpg
c0183777_11233261.jpg
c0183777_11234132.jpg
c0183777_202393.jpg
13:38 美瑛  残雪の十勝岳連峰を背景にした畑 バス車窓より 
c0183777_11243778.jpg
                                   13:57 美瑛 ジェットコースターの路 
c0183777_11252756.jpg
14:09~ 上富良野町 深山峠 
c0183777_11283062.jpg
c0183777_11284138.jpg
c0183777_11285239.jpg
c0183777_1129168.jpg
15:13~ 中富良野町 富田ファーム  花人の畑 
c0183777_1135411.jpg
c0183777_11385258.jpg
彩の畑と森の彩の畑
c0183777_1537423.jpg
c0183777_11375242.jpg
c0183777_11394149.jpg
c0183777_11404020.jpg
c0183777_1138416.jpg
参考 2014 07 26 ブログ投稿映像
c0183777_10394158.jpg
c0183777_10394910.jpg
c0183777_10395786.jpg
c0183777_1042040.jpg
c0183777_5324966.jpg
c0183777_5331581.jpg
c0183777_5332485.jpg
グリーンハウス
c0183777_11402215.jpg
                 濃紫早咲ラベンダー                                デンタータラベンダー    映像クリックで拡大c0183777_11471053.jpgc0183777_11472242.jpg
16:26~ 富良野山部 東大樹木園桜並木   背景にそびえる残雪の芦別岳がボケてきて、ジンクス通り、危うんでいた雨が降り出した。
c0183777_11595857.jpg
c0183777_120445.jpg
c0183777_121043.jpg
                                                                               映像クリックで拡大c0183777_1215985.jpgc0183777_1221519.jpgc0183777_1223137.jpg
17:51  桂沢湖から三笠市内に向け、走行中に日差しが戻った。
c0183777_1217271.jpg
18:12  岩見沢IC
c0183777_12185360.jpg
c0183777_1219553.jpg
18:36  札幌を目指して走行中のバス車窓からの落日 
c0183777_12243886.jpg

by hoshigarasu2 | 2017-05-06 20:16 |

太平洋フェリー[きたかみ」で行く、三春滝桜・福島市花見山公園への旅3日間 0415~0417

4月15日 苫小牧西港 太平洋フェリーきたかみ 19:00出港
c0183777_1855330.jpg
c0183777_186342.jpg
c0183777_1861592.jpg
c0183777_1862482.jpg
c0183777_1864129.jpg
c0183777_1865469.jpg
c0183777_1871596.jpg
c0183777_187615.jpg
4月16日 仙台港10:00到着
c0183777_18543656.jpg
c0183777_18545461.jpg
c0183777_185551.jpg
c0183777_18551749.jpg
三春町滝桜と福島市花見公園へ向けてツアーバスで仙台港を10:30に出発
c0183777_18141715.jpg
吾妻連峰 吾妻小富士 バス車中より
c0183777_18144246.jpg
安達太良山SAでトイレ休憩
c0183777_18142724.jpg
安達太良山 安達太良山SAより
c0183777_1817655.jpg
c0183777_18172116.jpg
ヒメオドリコソウ 安達太良山SAにて
c0183777_181884.jpg
三春滝桜

樹齢推定1000年超、日本三大桜に数えられ天然記念物に指定された名木、エドヒガン系ベニシダレザクラ。
日本三大桜に数えられる滝桜は、大正11年10月12日に、桜の木としては初めて国の天然記念物に指定された名木です。
開花期には四方に伸びた枝から、薄紅色の小さな花を無数に咲かせ、まさに流れ落ちる滝のように見えることから「滝桜」と呼ばれるようになった。

※日本三大桜:根尾谷淡墨桜(岐阜県本巣市)、山高神代桜(山梨県北杜市)と三春滝桜。
c0183777_4411231.jpg
c0183777_44128100.jpg
c0183777_547539.jpg
c0183777_442147.jpg
水仙
c0183777_6422497.jpg
芝さくら
c0183777_6433080.jpg
オオイヌフグリ
c0183777_18331059.jpg
福島花見山公園

「花見山公園」は、昭和10年ごろから初代園主・阿部伊勢次郎氏と長男の一郎氏が阿部家で所有する山の開墾を始め、出荷用の花卉(かき)生産のためにウメやサクラなどの様々な花木を植えたことから始まります。
父子二代で山を切り開いて丹精を込めて木を植え続け、やがてかつての雑木林は色とりどりの花の山に。
この美しい花々を多くの人に見てもらいたい」との思いから、花木畑に散策路を整備し、昭和34年に「花見山公園」と名づけて一般への開放を始めました。
以来、今日まで50年以上にわたり福島市民をはじめ、県外から多くの人が花を愛でるために来訪するようになりました。

現在の「花見山公園」は福島市渡利地区花木生産農家の集落による色とりどりの花木畑や清らかな小川、素朴な里の原風景で織りなされている。
約5haの花木畑には、ロウバイ、ハクバイ、コウバイ、サンシュユ、マンサク、レンギョウ、ヒガンザクラ、トウカイザクラ、ソメイヨシノ、ハナモモ、ボケ、コブシ、ユキヤナギ等々、沢山の種類の花木が栽培され、4月の最盛期には色とりどりの花々がいっせいに咲き競います。

その美しさから、写真家の故・秋山庄太郎氏が「福島に桃源郷あり」と称えて全国に紹介し、全国に誇る花の名所として知られるようになりました。
c0183777_1840085.jpg
c0183777_1840813.jpg
c0183777_18401929.jpg
c0183777_18402969.jpg
c0183777_18404029.jpg
c0183777_18405132.jpg
c0183777_18411593.jpg
c0183777_18412685.jpg
c0183777_18413832.jpg
c0183777_18415751.jpg
仙台港近くの鐘崎蒲鉾店で七夕飾展示を見た。
c0183777_1848259.jpg
c0183777_18484314.jpg
c0183777_1848529.jpg
19時40分 太平洋フェリーきたかみ出港
c0183777_1852473.jpg
c0183777_2074137.jpg
ラウンジ スターダスト
c0183777_20273679.jpg
4月17日 苫小牧西港へ11:00到着
c0183777_18575345.jpg
c0183777_1858859.jpg
                                                                               映像クリックで拡大
c0183777_2035449.jpg
c0183777_18583974.jpg
c0183777_18585134.jpg
c0183777_1913889.jpg
c0183777_1915235.jpg
c0183777_192995.jpg
c0183777_1922523.jpg
c0183777_192432.jpg

by hoshigarasu2 | 2017-04-18 18:07 |

越後 長岡への帰省①  00310

ANA1858便新千歳空港12:35発
c0183777_16145270.jpg
c0183777_1610155.jpg
c0183777_16102650.jpg
c0183777_16104452.jpg
c0183777_16105813.jpg
c0183777_1611972.jpg
c0183777_1612339.jpg
新潟空港14:00着
c0183777_16121389.jpg
隠れ酒席 雷神
c0183777_162221.jpg
c0183777_16221654.jpg
ホウボウ
c0183777_1623538.jpg
c0183777_16233230.jpg
c0183777_16234123.jpg
アートホテル新潟8Fから新潟駅
c0183777_16305643.jpg

 
by hoshigarasu2 | 2017-03-12 16:07 |

越後 長岡への帰省② 0311

墓参
c0183777_16403142.jpg
法事
c0183777_16495870.jpg
c0183777_1650297.jpg
お斎
c0183777_1701414.jpg
c0183777_170223.jpg
長岡―新潟 新幹線23分間
c0183777_1794813.jpg
c0183777_1795626.jpg
c0183777_171051.jpg
ANA1115便 新潟空港16:40発~新千歳空港18:05着 往路と同じ機種だった、
c0183777_1834726.jpg
c0183777_184088.jpg
c0183777_184870.jpg
c0183777_1841721.jpg
19時39分撮影 小望月 中潮
c0183777_1884716.jpg

by hoshigarasu2 | 2017-03-12 16:03 |

早春の伊豆半島と白銀の富士山絶景ドライブ旅3日間 ① 2月22日

右手前が支笏湖、その先の真っ白な山が蝦夷富士―羊蹄山    警備強化で手荷物検査に長々蛇の待ち行列、離陸が約1時間遅れた。
c0183777_6482247.jpg
c0183777_6485121.jpg

真ん中が木曾の御嶽山
c0183777_7303569.jpg
富士山
c0183777_7314336.jpg
c0183777_7315430.jpg
清水港で駿河湾ミニクルーズ
c0183777_7381248.jpg
c0183777_7382978.jpg
c0183777_738393.jpg
世界遺産 三保の松原

名勝「三保松原」は駿河湾に突き出た三保半島の海岸線に沿って7kmにわたり5万4千本のクロマツが茂る松原です。
雄大な富士山を臨む景観は古来から文学や芸術の題材として愛でられてきました。
『東海道名所図会』にも描 かれているように、往年は半島全体が松におおわれ、清水湊をはさんでのぞむ姿は、さながら海に浮かぶ松の島のようだったといいます。
また、謡曲「羽衣」にもこの地が謡われており、天女伝説ゆかりの「羽衣の松」があり、毎年10月には薪能も催されています。
初代の羽衣の松は宝永4年(1707年)の富士宝永山噴火の際に海中に没したと伝わっていますが、二代目の羽衣の松も樹齢650年を越えて衰弱が激しく、現在は三代目の元気な松に世代交代をしました。
c0183777_7402517.jpg
c0183777_18252157.jpg
c0183777_7411223.jpg
三島大社

御創建の時期は不明ですが、古くより三島の地に御鎮座し、奈良・平安時代の古書にも記録が残ります。三嶋神は東海随一の神格と考えられ、平安時代中期「延喜の制」では、「名神大」に列格されました。社名・神名の「三嶋」は、地名ともなりました。

中世以降、武士の崇敬、殊に伊豆に流された源頼朝は深く崇敬し、源氏再興を祈願しました。神助を得てこれが成功するや、社領神宝を寄せ益々崇敬することとなりました。この神宝の中でも、頼朝の妻、北条政子の奉納と伝えられる 国宝「梅蒔絵手箱 及び 内容品 一具」は、当時の最高技術を結集させたものとして知られています。

頼朝旗揚げ成功以来、武門武将の崇敬篤く、又、東海道に面し、伊豆地方の玄関口として下田街道の起点に位置し、伊豆国 一宮として三嶋大明神の称は広く天下に広まっていきました。

その後、明治4年の近代の社格制度では、官幣大社に列せられています。又、平成12年には、御本殿が重要文化財に指定され、当社の文化的価値の高さも再認識されています。
c0183777_7493245.jpg
c0183777_750068.jpgc0183777_750121.jpg
c0183777_7503069.jpg
c0183777_7563874.jpgc0183777_7564919.jpg
c0183777_7565870.jpg
三島ウナギ「御殿川」
店名である三島の湧き水“御殿川”の源流は富士山の雪解け水です。この名水で仕込んだ古式手作り醤油を使った秘伝のうなぎのタレで、香ばしくふっくら焼いた三島名物鰻料理を始め、地元駿河湾の生しらすや生桜えび料理、地魚を使った刺身や天ぷらなど、伊豆の名物料理が自慢です。
薄味で美味しかった
c0183777_8225338.jpg

by hoshigarasu2 | 2017-02-27 09:28 |

早春の伊豆半島と白銀の富士山絶景ドライブ旅3日間 ② 2月23日

韮山反射炉
c0183777_903846.jpg
c0183777_914968.jpg
c0183777_92563.jpg
韮山  吊り雛展示販売場
c0183777_913151.jpg
c0183777_9141939.jpg
c0183777_9142742.jpg
修善寺梅林  雨風がひどく、早々に引き揚げた。
c0183777_9181775.jpg
c0183777_9182636.jpg
c0183777_9195465.jpg
浄蓮の滝  傘が飛ばされるほどの大荒れなので滝壺へ行くのをあきらめ、上からちょこっと覗くだけにした。
c0183777_9333868.jpg
c0183777_9334999.jpg
c0183777_933595.jpg
河津町河津さくらまつり
c0183777_9362485.jpg
c0183777_938553.jpg
c0183777_964914.jpg
c0183777_9392091.jpg
c0183777_940511.jpg
南伊豆町みなみの桜(早咲きで知られるカワヅザクラ)と菜の花
c0183777_9493859.jpg
c0183777_9495214.jpg
c0183777_950453.jpg
c0183777_9521987.jpg
c0183777_9514470.jpg
c0183777_95262.jpg
南伊豆町 おか田 金目の煮付け夕食
c0183777_9554935.jpg
c0183777_9561326.jpg
午前中の修善寺梅園と浄蓮の滝見物時は傘が飛ばされそうな強風・降雨で大幅な手抜きをしたが雨が止んだ午後からはあちこち歩いて撮りまくった、歩行歩数は17000歩だった。
by hoshigarasu2 | 2017-02-27 09:20 |


極私的写真日記帳


by hoshigarasu2

プロフィールを見る
画像一覧