カテゴリ:旅( 139 )

太平洋フェリー[きたかみ」で行く、三春滝桜・福島市花見山公園への旅3日間 0415~0417

4月15日 苫小牧西港 太平洋フェリーきたかみ 19:00出港
c0183777_1855330.jpg
c0183777_186342.jpg
c0183777_1861592.jpg
c0183777_1862482.jpg
c0183777_1864129.jpg
c0183777_1865469.jpg
c0183777_1871596.jpg
c0183777_187615.jpg
4月16日 仙台港10:00到着
c0183777_18543656.jpg
c0183777_18545461.jpg
c0183777_185551.jpg
c0183777_18551749.jpg
三春町滝桜と福島市花見公園へ向けてツアーバスで仙台港を10:30に出発
c0183777_18141715.jpg
吾妻連峰 吾妻小富士 バス車中より
c0183777_18144246.jpg
安達太良山SAでトイレ休憩
c0183777_18142724.jpg
安達太良山 安達太良山SAより
c0183777_1817655.jpg
c0183777_18172116.jpg
ヒメオドリコソウ 安達太良山SAにて
c0183777_181884.jpg
三春滝桜

樹齢推定1000年超、日本三大桜に数えられ天然記念物に指定された名木、エドヒガン系ベニシダレザクラ。
日本三大桜に数えられる滝桜は、大正11年10月12日に、桜の木としては初めて国の天然記念物に指定された名木です。
開花期には四方に伸びた枝から、薄紅色の小さな花を無数に咲かせ、まさに流れ落ちる滝のように見えることから「滝桜」と呼ばれるようになった。

※日本三大桜:根尾谷淡墨桜(岐阜県本巣市)、山高神代桜(山梨県北杜市)と三春滝桜。
c0183777_4411231.jpg
c0183777_44128100.jpg
c0183777_547539.jpg
c0183777_442147.jpg
水仙
c0183777_6422497.jpg
芝さくら
c0183777_6433080.jpg
オオイヌフグリ
c0183777_18331059.jpg
福島花見山公園

「花見山公園」は、昭和10年ごろから初代園主・阿部伊勢次郎氏と長男の一郎氏が阿部家で所有する山の開墾を始め、出荷用の花卉(かき)生産のためにウメやサクラなどの様々な花木を植えたことから始まります。
父子二代で山を切り開いて丹精を込めて木を植え続け、やがてかつての雑木林は色とりどりの花の山に。
この美しい花々を多くの人に見てもらいたい」との思いから、花木畑に散策路を整備し、昭和34年に「花見山公園」と名づけて一般への開放を始めました。
以来、今日まで50年以上にわたり福島市民をはじめ、県外から多くの人が花を愛でるために来訪するようになりました。

現在の「花見山公園」は福島市渡利地区花木生産農家の集落による色とりどりの花木畑や清らかな小川、素朴な里の原風景で織りなされている。
約5haの花木畑には、ロウバイ、ハクバイ、コウバイ、サンシュユ、マンサク、レンギョウ、ヒガンザクラ、トウカイザクラ、ソメイヨシノ、ハナモモ、ボケ、コブシ、ユキヤナギ等々、沢山の種類の花木が栽培され、4月の最盛期には色とりどりの花々がいっせいに咲き競います。

その美しさから、写真家の故・秋山庄太郎氏が「福島に桃源郷あり」と称えて全国に紹介し、全国に誇る花の名所として知られるようになりました。
c0183777_1840085.jpg
c0183777_1840813.jpg
c0183777_18401929.jpg
c0183777_18402969.jpg
c0183777_18404029.jpg
c0183777_18405132.jpg
c0183777_18411593.jpg
c0183777_18412685.jpg
c0183777_18413832.jpg
c0183777_18415751.jpg
仙台港近くの鐘崎蒲鉾店で七夕飾展示を見た。
c0183777_1848259.jpg
c0183777_18484314.jpg
c0183777_1848529.jpg
19時40分 太平洋フェリーきたかみ出港
c0183777_1852473.jpg
c0183777_2074137.jpg
ラウンジ スターダスト
c0183777_20273679.jpg
4月17日 苫小牧西港へ11:00到着
c0183777_18575345.jpg
c0183777_1858859.jpg
                                                                               映像クリックで拡大
c0183777_2035449.jpg
c0183777_18583974.jpg
c0183777_18585134.jpg
c0183777_1913889.jpg
c0183777_1915235.jpg
c0183777_192995.jpg
c0183777_1922523.jpg
c0183777_192432.jpg

by hoshigarasu2 | 2017-04-18 18:07 |

越後 長岡への帰省①  00310

ANA1858便新千歳空港12:35発
c0183777_16145270.jpg
c0183777_1610155.jpg
c0183777_16102650.jpg
c0183777_16104452.jpg
c0183777_16105813.jpg
c0183777_1611972.jpg
c0183777_1612339.jpg
新潟空港14:00着
c0183777_16121389.jpg
隠れ酒席 雷神
c0183777_162221.jpg
c0183777_16221654.jpg
ホウボウ
c0183777_1623538.jpg
c0183777_16233230.jpg
c0183777_16234123.jpg
アートホテル新潟8Fから新潟駅
c0183777_16305643.jpg

 
by hoshigarasu2 | 2017-03-12 16:07 |

越後 長岡への帰省② 0311

墓参
c0183777_16403142.jpg
法事
c0183777_16495870.jpg
c0183777_1650297.jpg
お斎
c0183777_1701414.jpg
c0183777_170223.jpg
長岡―新潟 新幹線23分間
c0183777_1794813.jpg
c0183777_1795626.jpg
c0183777_171051.jpg
ANA1115便 新潟空港16:40発~新千歳空港18:05着 往路と同じ機種だった、
c0183777_1834726.jpg
c0183777_184088.jpg
c0183777_184870.jpg
c0183777_1841721.jpg
19時39分撮影 小望月 中潮
c0183777_1884716.jpg

by hoshigarasu2 | 2017-03-12 16:03 |

早春の伊豆半島と白銀の富士山絶景ドライブ旅3日間 ① 2月22日

右手前が支笏湖、その先の真っ白な山が蝦夷富士―羊蹄山    警備強化で手荷物検査に長々蛇の待ち行列、離陸が約1時間遅れた。
c0183777_6482247.jpg
c0183777_6485121.jpg

真ん中が木曾の御嶽山
c0183777_7303569.jpg
富士山
c0183777_7314336.jpg
c0183777_7315430.jpg
清水港で駿河湾ミニクルーズ
c0183777_7381248.jpg
c0183777_7382978.jpg
c0183777_738393.jpg
世界遺産 三保の松原

名勝「三保松原」は駿河湾に突き出た三保半島の海岸線に沿って7kmにわたり5万4千本のクロマツが茂る松原です。
雄大な富士山を臨む景観は古来から文学や芸術の題材として愛でられてきました。
『東海道名所図会』にも描 かれているように、往年は半島全体が松におおわれ、清水湊をはさんでのぞむ姿は、さながら海に浮かぶ松の島のようだったといいます。
また、謡曲「羽衣」にもこの地が謡われており、天女伝説ゆかりの「羽衣の松」があり、毎年10月には薪能も催されています。
初代の羽衣の松は宝永4年(1707年)の富士宝永山噴火の際に海中に没したと伝わっていますが、二代目の羽衣の松も樹齢650年を越えて衰弱が激しく、現在は三代目の元気な松に世代交代をしました。
c0183777_7402517.jpg
c0183777_18252157.jpg
c0183777_7411223.jpg
三島大社

御創建の時期は不明ですが、古くより三島の地に御鎮座し、奈良・平安時代の古書にも記録が残ります。三嶋神は東海随一の神格と考えられ、平安時代中期「延喜の制」では、「名神大」に列格されました。社名・神名の「三嶋」は、地名ともなりました。

中世以降、武士の崇敬、殊に伊豆に流された源頼朝は深く崇敬し、源氏再興を祈願しました。神助を得てこれが成功するや、社領神宝を寄せ益々崇敬することとなりました。この神宝の中でも、頼朝の妻、北条政子の奉納と伝えられる 国宝「梅蒔絵手箱 及び 内容品 一具」は、当時の最高技術を結集させたものとして知られています。

頼朝旗揚げ成功以来、武門武将の崇敬篤く、又、東海道に面し、伊豆地方の玄関口として下田街道の起点に位置し、伊豆国 一宮として三嶋大明神の称は広く天下に広まっていきました。

その後、明治4年の近代の社格制度では、官幣大社に列せられています。又、平成12年には、御本殿が重要文化財に指定され、当社の文化的価値の高さも再認識されています。
c0183777_7493245.jpg
c0183777_750068.jpgc0183777_750121.jpg
c0183777_7503069.jpg
c0183777_7563874.jpgc0183777_7564919.jpg
c0183777_7565870.jpg
三島ウナギ「御殿川」
店名である三島の湧き水“御殿川”の源流は富士山の雪解け水です。この名水で仕込んだ古式手作り醤油を使った秘伝のうなぎのタレで、香ばしくふっくら焼いた三島名物鰻料理を始め、地元駿河湾の生しらすや生桜えび料理、地魚を使った刺身や天ぷらなど、伊豆の名物料理が自慢です。
薄味で美味しかった
c0183777_8225338.jpg

by hoshigarasu2 | 2017-02-27 09:28 |

早春の伊豆半島と白銀の富士山絶景ドライブ旅3日間 ② 2月23日

韮山反射炉
c0183777_903846.jpg
c0183777_914968.jpg
c0183777_92563.jpg
韮山  吊り雛展示販売場
c0183777_913151.jpg
c0183777_9141939.jpg
c0183777_9142742.jpg
修善寺梅林  雨風がひどく、早々に引き揚げた。
c0183777_9181775.jpg
c0183777_9182636.jpg
c0183777_9195465.jpg
浄蓮の滝  傘が飛ばされるほどの大荒れなので滝壺へ行くのをあきらめ、上からちょこっと覗くだけにした。
c0183777_9333868.jpg
c0183777_9334999.jpg
c0183777_933595.jpg
河津町河津さくらまつり
c0183777_9362485.jpg
c0183777_938553.jpg
c0183777_964914.jpg
c0183777_9392091.jpg
c0183777_940511.jpg
南伊豆町みなみの桜(早咲きで知られるカワヅザクラ)と菜の花
c0183777_9493859.jpg
c0183777_9495214.jpg
c0183777_950453.jpg
c0183777_9521987.jpg
c0183777_9514470.jpg
c0183777_95262.jpg
南伊豆町 おか田 金目の煮付け夕食
c0183777_9554935.jpg
c0183777_9561326.jpg
午前中の修善寺梅園と浄蓮の滝見物時は傘が飛ばされそうな強風・降雨で大幅な手抜きをしたが雨が止んだ午後からはあちこち歩いて撮りまくった、歩行歩数は17000歩だった。
by hoshigarasu2 | 2017-02-27 09:20 |

早春の伊豆半島と白銀の富士山絶景ドライブ3日間 ③ 2月24日

05:48 月齢27.1 有明月 中潮 沼津駅近くの駐車場4階屋上からようやく撮れたがうす雲に邪魔され、ぼんやり月しか撮れなかった。
c0183777_1055224.jpg
三島フルーツパークでイチゴ狩り食べ放題を楽しんだ。
c0183777_20153469.jpg
c0183777_20155771.jpg
イチゴの花」
c0183777_20161180.jpg
c0183777_20163642.jpg
忍野八海  静岡県側では見えなかった富士山が山梨県側に回ってようやく見えた
c0183777_10122292.jpg
c0183777_101231100.jpg
c0183777_10123985.jpg
c0183777_10124934.jpg
c0183777_10174823.jpg
河口湖大石公園
c0183777_10222683.jpg
c0183777_10193067.jpg
c0183777_10193912.jpg
富士山静岡空港から新千歳空港へ
c0183777_10254594.jpg
c0183777_10255429.jpg
c0183777_1026358.jpg
17:20 木曾御嶽山
c0183777_10334591.jpg
17:40 落日
c0183777_10335456.jpg

by hoshigarasu2 | 2017-02-27 06:08 |

12/31~1/2 2016年最後の夕日と2017年の幕開け! 1130kmバスツアー ① 

12月31日 08:30札幌駅北口
c0183777_11162168.jpg
10時30分 由仁PA
c0183777_11172498.jpg
12時10分 長流枝PA
c0183777_1118846.jpg
13時20分 道の駅「阿寒丹頂の里」
c0183777_11184947.jpg
14:00 鶴見台
c0183777_11301862.jpg
c0183777_11302633.jpg
c0183777_11303629.jpg
c0183777_11304411.jpg
c0183777_11305612.jpg
c0183777_11311649.jpg
15時10分 釧路フィッシャマンズワーフMOO
c0183777_1134512.jpg
c0183777_11341721.jpg
c0183777_11342981.jpg
c0183777_11344562.jpg
16時20分 幣舞橋からの今年最後の夕日
c0183777_11372645.jpg
c0183777_11374176.jpg
c0183777_11374952.jpg
18時 今年最後の夕食 プリンスホテル17階でバイキング
c0183777_12153785.jpgc0183777_12155938.jpg
c0183777_12161878.jpgc0183777_12164168.jpg
 今年最後の月  月齢 1.8   三日月  大潮
c0183777_12175844.jpg
c0183777_1141764.jpg
釧路の最低気温ー11.2℃ 最高気温ー0.7℃ 快晴  積雪深23cm

本日のバス走行距離 340km
                            
by hoshigarasu2 | 2017-01-04 17:19 |

12/31~1/2  2016年最後の夕日と2017年の幕開け!1130kmバスツアー   ②  

2017年元旦 3時 プリンスホテルを出発 気温 ―13.4℃ 積雪22cm 
c0183777_12471375.jpg
3時54分 道の駅「厚岸グルメパーク
c0183777_1250964.jpg
5時10分 道の駅「根室」 気温 -6.6℃ 積雪19cm
c0183777_12513072.jpg
6時 気温ー-6.5℃ 西南西の風2.6nm/s 積雪19cm

納沙布岬 北緯43度23分07秒、東経145度49分01秒に位置する本土最東端の岬。
北方領土を間近に望むことができ、多くの観光客が訪れる。
岬の先端に建つ納沙布岬灯台は、明治5年に点灯された北海道最古の灯台で「納沙布岬」のシンボルである。c0183777_19542881.jpgc0183777_195441100.jpg


6時16分
c0183777_13512018.jpg
6時45分
c0183777_13514171.jpg
6時46分 海上にプツンと立つ貝殻島灯台の向こうに歯舞群島・水晶島など北方領土の島々がぼんやり見えた。
c0183777_13521592.jpg
6時49分初日の 待機した場所が悪く、初日の出の瞬間を見られなかった、残念!

6時54分
c0183777_14102274.jpg
6時58分
c0183777_14123579.jpg
8時 根室金比羅神社初詣
c0183777_14254378.jpg
c0183777_1425589.jpg
福ざんまい えぞ みくじ
なまら絶好調のとき。同性異性を問わずにんきものになれるべさ。うれしい誘いも増えるでないかい。体調に気をつければ、何も言う事ないっしょ。
したっけ不安もなぐて幸せも訪れるでないかい=大一番 大吉

根室金比羅神社のおみくじ
心をかたくもって 一時の不運にあわてさわぎ思いまようてはいけません 
本業をよくまもって静かにときの来るのを待ちなさい 開運うたがいありません=大吉 
c0183777_14261253.jpg
高田屋嘉兵衛像
c0183777_14263366.jpg
根室市内の住所表示(日本語・英語・ロシア語) 
c0183777_14322524.jpg
11時 弟子屈摩周駅前豚丼昼食
c0183777_14551658.jpg
12時10分 屈斜路湖 砂湯
c0183777_1449157.jpg
c0183777_14493072.jpg
c0183777_14494371.jpg
13時30分 摩周湖
c0183777_155497.jpg
c0183777_1552392.jpg
c0183777_1553424.jpg
15時30分 釧路着 宿泊のプリンスホテル10階の部屋から夕陽と月を撮る
c0183777_1537148.jpg
c0183777_15181228.jpg
月齢 2.8 夕月  大潮 
c0183777_15203753.jpg
c0183777_9413993.jpg
18時から 洋食  外気温-0.7℃ 
c0183777_1522094.jpg
c0183777_15411918.jpg
c0183777_1543522.jpgc0183777_15431668.jpgc0183777_15433081.jpg
c0183777_15434289.jpgc0183777_15441875.jpgc0183777_15474728.jpg
今日の走行距離 460km
by hoshigarasu2 | 2017-01-04 12:44 |

12/31~1/2   2016年最後の夕日と2017年の幕開け ! 1130kmバスツアー ③  

1月2日 6時半 
c0183777_1755416.jpg
6時58分
c0183777_1765230.jpg
7時26分
c0183777_17163768.jpg
7時53分
c0183777_17165525.jpg
8時 釧路プリンスホテル出発 気温ー12.7℃ 東北東の風 1.2m/s  積雪22cm

8時23分
c0183777_1719167.jpg
8時48分
c0183777_17193636.jpg
9時21分道の駅「浦幌」
c0183777_17195249.jpg
9時37分
c0183777_17273537.jpg
9時59分
c0183777_17275827.jpg
10時31分
c0183777_17281439.jpg
10時47分 音更町 柳月スイートピアガーデン
c0183777_1729282.jpg
12時 日勝ドライブイン展望レストラン とかち亭で牛トロ丼とソバセット
c0183777_1732242.jpg
c0183777_17425660.jpg
c0183777_1743599.jpg
国土交通省 北海道開発局とNEXCO東日本(東日本高速道路)北海道支社は、8月30日の台風10号の影響により交通止めとなっている国道274号日勝峠(北海道沙流郡日高町千栄~上川郡清水町清水、延長39.5km)について、2017年秋頃を目標に通行止めを解除すると発表した。
現在代替として適用されている道東自動車道 占冠IC(インターチェンジ)~十勝清水ICの無料措置は継続される。
c0183777_17423991.jpg
13時5分
c0183777_17475912.jpg
13時9分
c0183777_17482188.jpg
14時16分
c0183777_17484497.jpg
15時10分
c0183777_1749649.jpg
15時27分
c0183777_17493426.jpg
北広島IC・札幌北ICが1kmの渋滞、特に札幌北口付近の渋滞がひどく、バス下車は17時になっちゃった。
この日の走行距離は330kmほど、31日が340km、元旦が460kmと合わせた合計走行距離は1130km・朝3時からの過酷な運転もこなされた、ドライバーさんお二人のお蔭で無事帰着できた、42人の参加者とお礼の拍手をした。
by hoshigarasu2 | 2017-01-04 12:22 |

洞爺湖 イン 観楓会 1020

昨日は快晴だったが夜になり、荒れだし夜中には稲妻が走り、強風もあり、室蘭白鳥大橋見物は中止になり、喜茂別「道の駅」に寄ることになった。

洞爺湖 山水ホテル和風
c0183777_15235077.jpg
c0183777_16152650.jpg
9時出発、昭和新山脇を通過して総合公園だて歴史の杜へ
c0183777_1531217.jpg
c0183777_15313598.jpg
観光物産館 
c0183777_15315462.jpg
c0183777_1532593.jpg
黎明観 藍工房
c0183777_15384295.jpg
        1  水に浸けた布に箸を置いて廻し、絞りを作る                       2  絞りを中心部に集める
c0183777_15565338.jpg c0183777_1557857.jpg
          3 藍液に浸ける為のパックに納める                            4   3分間、藍液に浸ける c0183777_15573334.jpg
c0183777_1557444.jpg
 5 水洗い
  濃い紫色の藍液に白いバンダラ用の布を浸し、引き上げると布は濃い緑色をしている。
  繊維に付着した染料は空気中で酸化し、再び水に不溶性になる。布を水で洗うと青く発色し、独特の深い 青さが現れる。
c0183777_170157.jpg
 6 色とめ
  自宅に戻ってから,「色とめ」に水で揉み洗いし、きれいな水に1昼夜(24時間)浸け、さらに陰干して,ラップの芯などに畳まないで一枚に広げて
  巻き付け、暗いところで1週間以上保存する。
  その後、容器に「中性洗剤」を入れ揉み洗い、陰干しをして乾燥させてから使用するんだそうだ。

喜茂別道の駅では冷たい強風が吹き、喜茂別スキー場・中山峠では雪が降り出し、白くなっていた。
c0183777_17222781.jpg
c0183777_17235976.jpg

by hoshigarasu2 | 2016-10-21 14:24 |


極私的写真日記帳


by hoshigarasu2

プロフィールを見る
画像一覧