カテゴリ:日と月の出入り( 113 )

下弦 月齢22.6 有明月 小潮  0519

c0183777_8595465.jpg

by hoshigarasu2 | 2017-05-19 09:00 | 日と月の出入り

月齢15 十六夜 大潮 20170412 PM20:04

c0183777_2030178.jpg

by hoshigarasu2 | 2017-04-12 20:20 | 日と月の出入り

月齢13 小望月 中潮 20170410PM20:45

c0183777_20592394.jpg

by hoshigarasu2 | 2017-04-10 20:59 | 日と月の出入り

十六夜月 大潮  0313 19:36

c0183777_2051548.jpg

by hoshigarasu2 | 2017-03-13 20:05 | 日と月の出入り

満月 中潮  0312 18時34分撮影  

c0183777_736539.jpg

by hoshigarasu2 | 2017-03-13 07:36 | 日と月の出入り

月齢 25.1 二十六夜 暁月 有明月 長潮  0222  AM5時

5時の気温―4.5℃ 西の風2.2m/s 積雪深75cm
c0183777_5291796.jpg
二十六夜の月は新月まであと三日の、旧暦26日の月で、午前1時~3時頃にようやく出てくる三日月が反転した細長い月です.

この月の出を待つ「月待ち」の慣習がありました。
この月の尖った先端が姿を現わす瞬間に光が三本の筋に分かれ、その光の中に浮かぶ阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩の姿を拝むと幸運が訪れるというのが二十六夜待ち信仰です。
月の出は遅く、深夜の三時頃になるため、それまでずっと念仏を唱えながら月が昇るのを待ちました。集団で闇の中、一心不乱に念仏を唱えて月の出を待つのです。

二十六夜待ちの賑わいを描いた歌川広重の「東都名所高輪廿六夜待遊興之図」という浮世絵があります。
また清少納言(966年頃〜1025年頃)の『枕草子』第253段に「月は有明の、東の山ぎわにほそくて出づるほど、いとあわれなり」があります。
by hoshigarasu2 | 2017-02-22 05:29 | 日と月の出入り

下弦 月齢 22.1 二十三夜 弓張月 小潮   0219 AM07:26

c0183777_83763.jpg
二十三夜の月、つまり下弦の月というのは、夜中に東の空からのぼってきます。
人々は「講」という集団を作り、その仲間で飲食をしながら月の出を待ち、月が現れると、それを見て拝んだといいます。
ともに飲み、語らいながら、無病息災ならず安産祈願を行い、皆で月の出を待つ時間は、仲間の和を確認する大切なひとときでもあったのでしょう。(www.tenki.jp/suppl/m_nakamura/2016/01/01/8561.html )

二十三夜の月は、勢至菩薩(せいしぼさつ)の化身と考えられます。勢至菩薩は阿弥陀如来の脇侍を勤める菩薩様で知恵を司る仏様です。
 二十三夜に勢至菩薩を念ずれば万劫の罪が滅するという俗信があり、二十三夜待ちはこの二十三夜の月の出を待ち勢至菩薩を祭る行事でした。(二十三夜待ち - こよみのページ)
by hoshigarasu2 | 2017-02-19 08:29 | 日と月の出入り

月齢 14.8 十六夜月 大潮  0113

20時の気温 -8.7℃ 南西の風 0.8m/s 積雪深72cm
c0183777_20101610.jpg
昨夜9時の満月十五夜を積雪で見られなかったリベンジをはたせた。
by hoshigarasu2 | 2017-01-13 20:11 | 日と月の出入り

月齢 19.6 宵月  中潮  6時14分撮影 1219

c0183777_1430586.jpg
月は徐々に細くなり、下弦 月齢 21.6 二十三夜 (中潮)は21日、新月は29日です。
by hoshigarasu2 | 2016-12-19 14:34 | 日と月の出入り

上弦 九夜月 小潮  1207(大雪) 18:40

c0183777_365763.jpg
最低気温 -6.9(℃)  02:21   最高気温 -2.5(℃)  12:20   最大瞬間風速14.8(m/s) 風向 西北西 05:13   最大積雪深13cm
by hoshigarasu2 | 2016-12-07 19:07 | 日と月の出入り


極私的写真日記帳


by hoshigarasu2

プロフィールを見る
画像一覧