片道195km、「とれたて・ひきたて・打ちたて・ゆでたて」新得町4たて、新そばを並んで食べた 0924

                                                                              映像クリックで拡大c0183777_838485.jpgc0183777_8381740.jpg
朝7時に札幌駅北口を出て、道東道で195km、新得町役場前駐車場に10時前に着いたがすでに、殆どの蕎麦屋には長蛇の列ができていた。
c0183777_1550730.jpg
c0183777_15503558.jpg
c0183777_1550462.jpg
そば処 みなとや 2017年ミシュランのビッグルマン(星の評価からは外れるものの、調査員たちがお奨めしたい店)の評価を得た。
何と並んで並んで1時間20分、ようやく「とろろぶっけ」300円をゲットできた,中太の田舎蕎麦だった。c0183777_1634860.jpgc0183777_164142.jpg
c0183777_1642810.jpgc0183777_1643638.jpg
「みなとや」の待ち行列前後の方のご好意で中抜けして、昔から気になっていた「屈足手打ちそば」300円」を20分待ちで食べた、汁も美味かった。
c0183777_16131892.jpgc0183777_16133692.jpg
自衛隊の給湯サービス
c0183777_16533575.jpg
今日のそば粉は新得町産「キタノマシュウ蕎麦粉」
c0183777_1657567.jpgc0183777_16575438.jpg
狩勝高原太鼓
c0183777_1703985.jpgc0183777_1705329.jpg
30分待ちで「新得手打ち愛好会の十割蕎麦」300円切れた蕎麦で、期待外れだった。c0183777_1755086.jpgc0183777_176726.jpg
わんこそば大会
c0183777_17212944.jpgc0183777_17215418.jpg
c0183777_17221253.jpg
足湯
c0183777_17273782.jpgc0183777_17281423.jpg
c0183777_17424453.jpg
c0183777_17431060.jpg
頂いたお土産
c0183777_5582080.jpg
往路バス車中からの景観
c0183777_63231.jpgc0183777_632185.jpgc0183777_63348.jpg
帰路バスからの景観
c0183777_67142.jpgc0183777_672597.jpgc0183777_673720.jpg
昨年の「第15回しんとく新そば祭り併催第22回日本そば博覧会in十勝新得町」は大雨・水害で中止になった(平成28年新得町蕎麦収穫量162t,前年比50.8%、道内18位 前年は319t、道内11位)).
今年、「第16回しんとく新そば祭り」は幸い天候にも恵まれ、前年と同じ狭いスペースでも、入込数は2万人、蕎麦食数は16~17000杯と若干増加した。9月25日に新得町観光協会の本田さんにお聞きした。
狩勝峠から新得への道路脇には多くの補修工事現場があり、あちこちに流木が放置されていた。
前の訪問から5年ほど経過したが入込数は比較にならないほど増えている,以前はゆったりと食べられた。

幌加内新そば祭りとの違いは①出店は新得町の蕎麦屋さんだけ、②1食を110gとし器も統一、③メニュ―数が多い,④待ち時間が全店とも多い。
幌加内では幌加内高校が例外的に1時間待ちだが、新得では「みなとや」の待ち時間1時間20分を最高に全部の店に長蛇の待ち列ができていた。
地元の人は仲間が手分けして並び、仲間の分も購入して、並びながら食べていた。

幌加内ではほとんどの店のメニューは1~2種なのに、ここ新得では4~8種類も提供している、これが待ち時間を産んでいるように思う。
by hoshigarasu2 | 2017-09-26 08:25 | ソバ


極私的写真日記帳


by hoshigarasu2

プロフィールを見る
画像一覧