「ほっ」と。キャンペーン

札幌上空に「幻想的な光の帯」 10月25日11時 札幌紅桜公園で撮影

c0183777_17573632.jpg
c0183777_17574863.jpg
c0183777_1757582.jpg
c0183777_1758655.jpg
c0183777_17581416.jpg
c0183777_17582186.jpg
太陽の光が上空高いところの氷の結晶に屈折して見える現象だが比較的よく見られるハロ(内かさ)の他に今回はあわせて珍しい現象も見られた。
太陽周辺の光の環は「ハロ(内かさ)」というが、その上部に接するように明るく光るラインが見えている。これは、「上端接弧(タンジェントアーク)・外接ハロ」と呼ばれるが、太陽高度によって見え方が変わるため「パリーアーク」という光も同時に現れていた可能性がある。
また、今回は内かさの少し外側に「幻日(げんじつ)」、さらに幻日と太陽を結ぶ形で「幻日環(げんじつかん)」も観察されるなど、多種多様の光学現象が見られた.
by hoshigarasu2 | 2016-10-25 19:06 | スナップ


極私的写真日記帳


by hoshigarasu2

プロフィールを見る
画像一覧