北海道遺産 ”江差・姥神大神宮渡御祭” 本祭 下町巡行 0810

360年有余年の伝統を持つ道内最古の祭り。

その年のニシン漁を終えに賑わう夏の江差で、豊漁に感謝をこめて行われたのがその始まりです。
渡御は猿田彦の行列が先導して、3基の神輿と鳳輦(ほうれん)が続き、その後に華やかな町内13台の山車(ヤマ)がにぎやかに従います。
山車には豪華な武者人形、能楽人形、文楽人形、歌舞伎人形などが配され、祗園囃子の調べにのって町内を練り歩き、はるか遠い江差のニシン景気を現代に伝える夏の大祭りです。
c0183777_15322014.jpg
c0183777_15434856.jpg
月齢 7.3  宵月 (小潮)が輝いている
c0183777_15332610.jpg
c0183777_15383821.jpg
c0183777_15392729.jpg
c0183777_19392586.jpg
c0183777_15335230.jpg
c0183777_15445950.jpg
c0183777_15454687.jpg
c0183777_15461924.jpg
c0183777_15462960.jpg
c0183777_15464175.jpg
c0183777_15465456.jpg
c0183777_1547486.jpg
c0183777_15471358.jpg
c0183777_1548277.jpg
c0183777_15481576.jpg
c0183777_15482588.jpg
c0183777_15483996.jpg
c0183777_15484932.jpg
c0183777_1549684.jpg
c0183777_15491728.jpg
c0183777_169345.jpg
22時に無事神輿の宿入れの儀が済んだ。
12時40分に札幌駅北口出発、18時10分に江差に到着、宿入りの儀まで見て22時50分に江差を出発して、24時半に函館の宿に無事到着した。
さすがに草臥れた。
by hoshigarasu2 | 2016-08-12 15:42 | イベント


極私的写真日記帳


by hoshigarasu2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31