忍路神社(小樽市忍路1丁目416番地 ) 0630

c0183777_109160.jpg
c0183777_1091096.jpg
c0183777_109198.jpg
江差追分に、忍路高島およびもないが せめて歌棄磯谷まで(女人禁制の神威岬の先にある忍路や高島の漁場には行けないにしても、せめて積丹半島手前の歌棄や磯谷のあたりまでは一緒に行きたいものだ)と唄われた忍路の神社

延宝2年(1674)忍路場所請負人西川伝右衛門が勧請し、元禄2年(1689)に社殿が創建された。明治8年(1875)郷社となり、同17年に蝦夷大国主神社から忍路神社へ改称と併せて市杵島姫神を合祀する。同23年社殿焼失、同29年再建、大正元年には忍路村稲荷神社を合祀、同9年11月10日現在地に本殿を移転すると共に拝殿を再建した。同10年2月神饌幣帛料供進神社に指定された。大国主命を祀る神社としては本道で最も古いとされ「蝦夷大国主一の宮」ともいわれてきた。拝殿のわきには西川氏の邸内社であった稲荷社があり、嘉永3年(1850)秋田の中島作次郎が建築したといわれ、クギを使わず組み立て式で造られた建物。奉納されたものには弁財船に乗つてきた人が奉納した寛保元年からの絵馬が10数枚ある。昭和61年6月建てて百年近くになる本殿を原形のままで再建し、往年の姿を残している。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
稲荷神社 倉稲魂命 創祀不明 大正元年11月1日合祀

例祭日】 7月5日
by hoshigarasu2 | 2016-07-01 10:09 | スナップ


極私的写真日記帳


by hoshigarasu2

プロフィールを見る
画像一覧