中山峠・豊浦・小幌・真狩周遊バスツアー 0605

羊蹄山巡り① 中山峠~豊浦
c0183777_1152220.jpg
c0183777_452091.jpg
c0183777_11503897.jpg
c0183777_11522641.jpg
羊蹄山巡り② 真狩~中山峠
c0183777_1322568.jpg
c0183777_13241733.jpg
c0183777_6125143.jpg
c0183777_13243594.jpg
c0183777_13245044.jpg
豊浦 いちご・豚肉祭り 箱売りのイチゴは途中で売り切れた、レンタルコンロでブタ肉・魚貝を焼いて食べたり、海辺でくつろぐ親子も目立った。
c0183777_11553791.jpg
c0183777_11554728.jpg
c0183777_11555676.jpg
c0183777_13335951.jpg
日本一の秘境駅 「小幌」 駅番号H45

小幌駅はJR北海道室蘭本線(長万部~岩見沢、室蘭~東室)の駅で、北海道虻田郡豊浦町字礼文華にある。(Googleマップで見ることができる)
礼文華トンネルと新辺加牛トンネルの間に挟まれた四方のうち三方が急傾斜地、一方は海(内浦湾)に接しており、鉄道と船舶以外は接近が難しく、現在は近隣に民家がなく、駅から伸びている小道すらもない。

1943年(昭和18年)列車交換のための小幌信号場として開設され、旅客も取扱っていた、1987年(昭和62年)に小幌駅となったが定期的に乗降するのはJR保線要員だけだった、経営難のJRでは維持が難しく、2016年(平成28年)4月1日をもって小幌駅の管理運営は観光客維持増加を狙う豊浦町に引き継がれた。

全国から秘境駅ファンが訪れる豊浦町管理の無人駅「小幌駅」には駅舎や待合室はないが保線区詰所・倉庫、トイレ、列車の接近通過を伝える警報音と音声アナウンスが設置されている。

JR北海道の基幹線の一つ、室蘭本線小幌駅を通過する貨物列車は早朝深夜を含め一日中ある。
お客が乗降できる普通列車は現在6本だけである、上り(長万部方向) 08:38, 15:13, 17:39, 20:04 下り(東室蘭方向) 15:44, 19:46。

14:59JR大岸駅から乗車 15:13JR小幌駅到着 秘境駅JR「小幌」 滞在31分 15:44JR小幌駅から乗車 15:55JR大岸駅で下車
c0183777_1293897.jpg
15:09  JR小幌駅手前で、我々が乗ったワンマンジーゼルを撮る「撮り鉄さん2人」
c0183777_1292462.jpg
15:13  我々も大岸駅で乗車した長万部方向行上りワンマンカーは小幌駅から静狩駅に向け発車
c0183777_1231519.jpg
c0183777_12473232.jpg
c0183777_1248674.jpg
c0183777_1247496.jpg
c0183777_12594180.jpg
15:30 ここから危険なけもの道を20分ほど下った海岸にその昔「円空」がここで彫ったという「岩屋観音」が祀られている「小幌洞窟」があるそうだ。
c0183777_12332776.jpg
15:40  函館行き特急スーパー北斗14号通過
c0183777_1333068.jpg
15時44分 我々が乗車する普通列車が隣の静狩駅から小幌駅に到着
c0183777_1321125.jpg

by hoshigarasu2 | 2016-06-06 11:51 |


極私的写真日記帳


by hoshigarasu2

プロフィールを見る
画像一覧