後志・積丹の市町村と道の駅を巡る12時間ツアー 20160601

余市町・道の駅・スペース・ アップルよいち 地名のいわれはアイヌ語の「イヨチ」Iyoci<I-ot-i(それの多い所)であるに由来する、イとは蛇をさす。
最初の日本人宇宙飛行士毛利衛さんの故郷にできた施設です, 因みに ご実家は屋根に模型のスペースシャトルをのせた余市川温泉(銭湯)です。
c0183777_19175189.jpg
c0183777_1984069.jpgc0183777_1985797.jpgc0183777_199839.jpg
古平町・琴平神社 地名はアイヌ語の フレ・ピラ(hure-pira) 赤い崖に由来する。
c0183777_1953717.jpg
積丹町・神威岬 町名の由来 アイヌ語の「サク・コタン」(夏の村)。  曇天で積丹ブルーじゃなくグレーだったのが残念だった。映像クリックで拡大       
c0183777_2051013.jpg
c0183777_20121192.jpg
c0183777_20122128.jpg
c0183777_20123063.jpg
            エゾカンゾウ                 タカネミミナグサ(ハコベの仲間}                 カムイ番屋
c0183777_20164447.jpgc0183777_20165775.jpgc0183777_2017910.jpg
神恵内村 ・道の駅・オスコイ 地名はアイヌ語の「カムイ・ナイ」(神の川)に由来する。
c0183777_20354162.jpg
c0183777_20362756.jpgc0183777_20363747.jpgc0183777_20365537.jpg
泊村・泊原発 地名は①アイヌ語で「マスを寄せる入海」を意味する「ヘモイトマリ」が内地では単に「トマリ」と呼んでいたことに因む、②「トマリ」とはアイヌ語で「港」を意味し、この地域には「~トマリ」という地名が複数あったことに由来する.
c0183777_2041297.jpg
島牧村・道の駅・よってけ!島枚 地名は永田方正著『北海道蝦夷語地名解』によると、島牧村の語源はアイヌ語の「シュマコマキ」で「岩石の後背」の意であるという.
c0183777_20571574.jpg
風の町、寿都(すっつ)町【地名のいわれ】アイヌ語の「シュプト・ペッ」(ヨシの川)に由来。
シラス漁が終わったので釜揚げシラス(静岡などはカタクチイワシ仔魚だがここのは小女子-イカナゴ仔魚)を漁協直売店で買った。
c0183777_21204931.jpg
c0183777_21165993.jpg
c0183777_21215061.jpgc0183777_2122324.jpgc0183777_21221766.jpg
蘭越町・道の駅 シェルプラザ港=65  地名の「 らんこし」は,アイヌ語の「ランコ・ウシ」(桂の木が多いところ)から転化した。
c0183777_21313052.jpg
岩内町・道の駅 いわない=64
【地名のいわれ】アイヌ語のイワウナイ(iwaw nay 硫黄の川)とする説や、イワナイ(iwa nay 山の川)とする説などがある。
c0183777_2157166.jpg
共和町・幌似鉄道記念公園
【地名 共和のいわれ】1955年(昭和30年)4月1日:小沢村、前田村、発足村が合併して共和村に,1971:町制を施行.
【地名 幌似のいわれ】アイヌ語の「ポロ・イチャン」に由来する。イチャンとは サケやマスが卵を産む場所のことで、大きな「イチャン」があったことからポロ(大きい) イチャンと呼ばれていた。 これが省略されて漢字を当て られ、「幌似」となった。
「幌似駅」 1919年(大正8年)JR小沢駅と岩内駅を結ぶ鉄道院岩内軽便線の一駅として発足、1985年(昭和60年)7月1日、JR岩内線廃線に伴い、廃駅となった。
73年の長きにわたり地域の発展に貢献した鉄道施設を保存するために、昭和63年に旧幌似駅構内敷地に幌似鉄道公園が設置された。
国道276号線バイパス工事に伴い、平成19年に現在地に移設された。
c0183777_21383354.jpg
c0183777_21392634.jpgc0183777_21415570.jpgc0183777_2142849.jpg

by hoshigarasu2 | 2016-06-02 19:20 | スナップ


極私的写真日記帳


by hoshigarasu2

プロフィールを見る
画像一覧