シラネアオイへ大接近  滝野すずらん公園 0519

c0183777_8544319.jpg
c0183777_8545377.jpg
c0183777_8552993.jpgc0183777_954823.jpg
シラネアオイ(白根葵、学名:Glaucidium palmatum Siebold et Zucc.)は、キンポウゲ科(シラネアオイ科として分けることも多い)シラネアオイ属の多年草の1種、花が咲くまで5~6年かかる。

日本固有種の1属1種で本州の中・北部の日本海側~北海道に分布します。
シラネアオイは漢字で書くと『白根葵』で、日光の白根山に多く見られ、花姿がタチアオイ(ホリホック)に似ているということで、この名前があります.

中心部の塊りが雌しべ、その周りが雄蕊です、花は淡紫色~白色、菱型のがく片4枚、雄しべ多数、雌しべ2個が多い。
花後、2個の雌しべがついた翼のような種子になる。

<咲き始めたチュウリップ>
c0183777_2057355.jpg

北海道山草会 第91回春の展示会のお知らせ。
平成28年5月27日(金)~29日(日)午前9時から午後5時まで、但し、29日は午後4時まで。
札幌市豊平区豊平5条13丁目豊平公園 緑のセンター別館 入場料無料・無料駐車場有
地下鉄 東豊線 豊平公園駅下車
会員が育てた山野草の販売は9時30分から行われます。
by hoshigarasu2 | 2016-05-19 08:54 |


極私的写真日記帳


by hoshigarasu2

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31