八丈島、2泊3日のゆったりツアー② 0305

朝のホテル                                                                       映像クリックで拡大
c0183777_19475961.jpgc0183777_19481267.jpg
大坂トンネル展望台   手前は八丈富士、奥は八丈小島
c0183777_7174952.jpg
c0183777_755274.jpg
服部屋敷跡  徳川幕府献上絹(黄八丈)御用船の船預かり船奉行であった服部家の屋敷跡であり、庭園にそそり立つ八百年の大蘇鉄は、その昔、遠く南国より流人の仕役として移植せしもの、屋敷にめぐる玉石垣は、流人近藤富蔵が設計し、海岸より流人が1ヶづつ背負い上げて築いたものといはれ、往年の服部家の繁栄の程を偲ばせ、八丈唯一の流人史跡として有名です。
c0183777_7214391.jpgc0183777_722046.jpg
樫立(かしたて)の手踊り  東京都無形民族文化財 江戸時代の流人や漂流者たちにより伝えられたと言われる各地の盆踊りを綴り合わせて一¬連のものとしたもので各地の民謡を次々唄い踊ります
c0183777_7374983.jpg
流人のやるせない 心情を太鼓の音に託した八丈太鼓
c0183777_8561897.jpgc0183777_8563571.jpg
裏見ケ滝
c0183777_7395827.jpg
c0183777_7435251.jpgc0183777_7441157.jpg
黄八丈
八丈島に伝わる草木染めの絹織物。 島に自生する植物の煮汁で黄色、鳶色、黒に染められた糸を平織りまたは綾織りに織り、縞模様や格子模様を作ったもの。
c0183777_8302740.jpg
名物の島寿司  八丈島の郷土料理で、握りずしの一種である。
寿司種を醤油主体のたれに漬けてヅケにし、砂糖でやや甘味を強くした酢飯で握りに作る。この際、ワサビの代わりに「練りがらし」(粉がらしを練ったもの)を使うのが特徴である。醤油に漬けた刺身の色から「べっこうずし」とも呼ばれる。
島に水揚げされる白身の魚を中心に、鯛(メダイ、オナガダイ、アオゼ、キンメダイ等)、マグロ、カツオ、カジキ、シイラ、トビウオ、イサキ、カンパチ等を醤油漬にして使う。
c0183777_8395350.jpgc0183777_20173449.jpg
名古展望台
c0183777_901742.jpg
登龍峠(のぼりゅう)展望台
c0183777_918380.jpg
c0183777_9102645.jpg
夕食
c0183777_9191113.jpgc0183777_9185814.jpg
降水量 0mm、 最高気温12時 19℃
by hoshigarasu2 | 2016-03-10 12:23 |


極私的写真日記帳


by hoshigarasu2

プロフィールを見る
画像一覧