15時半に北大第一農場で見えた虹 0911

c0183777_17291224.jpg
強い寒気の影響で大気の状態が非常に不安定となり、札幌市南区常盤では国土交通省の雨量計で11日午前0時から9時までの降水量が253ミリに達するなど、道央を中心に猛烈な雨が降った。

札幌管区気象台などは札幌市をはじめ石狩、空知、胆振管内の計35市町村に、数十年に1度の大雨が予想される「大雨特別警報」を道内で初めて発表した。

1時現在で人的被害の報告はないが、石狩、空知、胆振では住宅の浸水や落雷による出火などの被害が相次いだ。

札幌市は午後5時12分に中央区、南区、豊平区、清田区、厚別区、それに白石区の合わせておよそ39万2100世帯78万1000人に出していた避難勧告を解除しました。

北海道内では、今回の大雨で土砂災害や洪水のおそれがあるとして、12の市と町のおよそ45万1000世帯90万4000人余りに避難勧告が出されましたが、これですべて解除されました.
by hoshigarasu2 | 2014-09-11 17:27 | スナップ


極私的写真日記帳


by hoshigarasu2

プロフィールを見る
画像一覧